オーストラリアで親子留学。海外で親子が抱える問題をクリアー。安心の万全のサポート。

親子留学

プランが選べる安心の親子留学!

最新版のFlash Playerをインストールしてください。Flash Playerをインストールしていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。このコンテンツをご覧になるには、Flash Player8.0以上が必要です。
  • Get ADOBE FLASH PLAYER
その他のコンテンツ

親子留学とは

POINT!
・お子さんと一緒に留学ができる
・安心して任せられる滞在先
・親の参加できるプログラムが多種多様
人気Best3!
No.1 語学学校+チャイルドケアーセンター
No.2 幼稚園ボランティア+チャイルドケアセンター
No.3 児童英語教師+チャイルドケアセンター

滞在先が確保されているから安心!BBIの親子留学

親子留学をしたいと考える方が増えています! 期間は短期間であったり長期間であったり様々ですが、ご自身(親)が語学学校等に行っている間にお子様もチャイルドケアーセンターに預かってもらうなどを希望される方が多いです。ご自身(親)が行かれたい留学先は、語学学校など英語ブラッシュアップのためや児童英語教師の資格取得コース、日本語アシスタント教師や幼稚園ボランティアなど現地に溶け込みながら何か活動をされたいなど、希望される内容は様々です。

またお子さんに対してもチャイルドセンターで預かってほしい、ホームステイ先で預かってほしい、ご自身が行かれるボランティア先で見てほしいなど様々ご要望もあります。

1日のスケジュール例
6時45分 起床
7時15分 朝食 トースト、シリアルなど
8時00分 語学学校に向けて出発。
子供も一緒に出発(そのまま滞在先でケアーすることも可能)
8時45分 チャイルドケアーセンターに到着、子供を預ける
その後、語学学校へ移動
9時00分 語学学校で授業開始(1日3時間のパートタイムで参加)
12時00分 語学学校の授業終了
12時30分 昼食 BBIオフィス訪問(インターネットチェック)
14時00分 チャイルドケアーセンターへ子供のお迎え
15時00分 滞在先の近くのスーパーで買い物
16時30分 滞在先に帰宅
17時00分 子供と遊んだり、ホストとおしゃべり&TV
19時00分 夕食 パスタ
21時00分 お風呂のあと子供が就寝
宿題や団らん
22時30分 就寝

実は、この親子留学というのは、参加される親子のご希望と現地での現実的なアレンジにおいてギャップが生じることが多いです。親子を受け入れてくれる滞在先の確保、できるだけリーズナブルな滞在費、ご自身(親)が語学学校に通っている間のチャイルドケアーセンターの手配及びできるだけリーズナブルな費用での手配、英語の問題、生活自身の問題など、いろいろな問題があり、スムーズにでき切れないことが多いです。結局、何かを我慢したり、手配ができても高額であったり、親子側も理解を頂きながら対応せざるを得ない環境が多いです。また、根本的に、果たして本当に親子で海外生活ができ切れるのかの不安などもあり、この親子留学で抱える問題は、若者がワーキングホリデービザで単独で海外に行くのとは違い、簡単な気持ちで『エイヤー!』っていけるものでもありません。この親子留学にはきちんとした準備、きちんとした手配、納得した費用、そして、プログラム自身への満足度と海外生活における安心感がとても重要になってきます。

BBIが親子留学を始めたのもそこに理由があります。BBIの親子留学はそのすべてを解決できるサポートができると判断しました。これまでの親子留学にはない、安心感と割安感。

BBIは、まずは本社のあるオーストラリアからこのプログラムをスタートします!これまで培った現地での生活サポート体制、プログラム内容、そして一番大事な生活の基盤となる親子を受け入れてくれる滞在先の確保。これらが安心してそして安心の価格で提供することができます。

もちろんご自身(親)は、いろいろなプランを実行することができます。語学学校に行きたい、資格を取りたい、幼稚園や学校等でボランティアしたいなどなど。そして、その間にお子様のケアーも万全にします。滞在先で面倒を看るベーシックなタイプから、必要に応じてチャイルドケアーセンターの手配まで対応します。オフィスはシドニー中心部にあるので、学校に行くにもチャイルドケアーセンターに行くのも大変便利な立地です。また、日本人スタッフが日本語で対応でき、無料日本語環境インターネットの使用も可能。

これまで親子留学に行きたかったけど、結局、現実的に大変な点が多かったプログラムですが、上記のように、いずれのケースでもできるだけ皆さんのご要望に応じたアレンジが可能です。是非、親子留学でBBIのサポートを受けてみて下さい。

親子留学プログラムの特長

プログラムの特長

プログラムの特長

  • 1週間の短期間から参加可能
  • リーズナブルな参加費用!
  • 滞在先で日中お子さんを預かるベーシックプラン
  • ご希望によりチャイルドケアーセンター手配可能
  • 親の活動先は、語学学校・資格取得コース・ボランティアなど多種多様
  • 現地オフィス利用可能(無料インターネット、私書箱、銀行口座開設、携帯電話手配など)
  • 夏休みや春休みのプチ留学にも最適!
  • 英語の環境で生活やボランティアが可能
  • 日本人による滞在中の安心サポート
  • 必要に応じて滞在先、チャイルドケアセンター等とコンタクトをとるので英語に不安でも安心

こんな方にお薦め

  • 親子で留学したい
  • 親子で海外で生活したい
  • 子供に英語の環境で生活させたい
  • 自分自身(親)が、英語をブラッシュアップしたい
  • 自分自身(親)が、将来の子供のために英語を教える資格を取りたい

ワンポイントアドバイス!

期間:
1週間から参加できるので、お子さんの夏休みや春休みに参加可能
滞在先確保のベーシックプラン:
滞在先は、BBIが見学しているホームステイを基本としています。このホームステイは、親子が滞在でき、尚且つ、日中、親が語学学校等で外出中の際にもお子さんを面倒見てくれる家庭です。従って、希望されなければ、お子様のためにチャイルドケアーセンター等を手配される必要はありません。オーストラリア含めて海外のチャイルドケアーセンターの費用は80ドル/日程度以上必要です。毎日預けると結構な費用がかさみますが、そのまま滞在先で面倒を見てもらえることでそのコストを抑えることができます。BBIではそれをベーシックプランとして対応しています。もちろん、チャイルドケアーセンターに通わせたいなどのご希望もかなえること可能です。毎日でもいいですし、週のうち数日を手配することも可能です。
滞在先はどんなところ:
自宅で長年、現地の子供たちや障害者の方々をお世話している家庭です。従って子供たちの面倒にも慣れており、現地の方々と触れ合うこともできます。一方で、長年ホームステイも行っており、多くの学生がこのホームステイ先を利用しています。根っからの面倒見がいいホストなので、ホームステイを出た後も多くの学生が訪ねてくる家庭です。
現地オフィスは便利な立地:
現地シドニーオフィスは、シティーの中心部にあります。ほとんどの語学学校等がシティーにあったり、シティーからアクセスのいい場所にあるので、ご自身(親)の通学中や活動中に何かあった時に、すぐにサポートできる立地にあります。また、お子さんをチャイルドケアーセンターに預ける場合でもご自身が送迎しやすいようにシティー内のチャイルドケアセンターがお薦めですが、オフィス近くにもいくつかチャイルドケアーセンターがあるので、何かあった場合も安心です。尚、オフィス内には、無料の日本語環境インターネット、私書箱、FAX・印刷、荷物預かりなどのサポートもしていますので、お気軽にご利用下さい。また、到着後すぐにオリエンテーションも行いますが、銀行口座の開設、携帯電話の手配など生活にかかわることのサポートもその際に対応しています。
いろいろ選べるプログラム:
ご自身(親)は、お子さんを日中預けている間に、ご希望のプランを進めることができます。英語ブラッシュアップのために、語学学校通学、将来のために資格取得(児童英語教師や日本語教師など)、英語の環境での活動(幼稚園ボランティアや日本語アシスタント教師など)、いろいろなプランをすることも可能です。もちろん最初の4週間を語学学校、そしてその後を幼稚園でのボランティア活動など組合せることも可能です。語学学校も一般英語からカランメソッド、実生活英会話、フルタイム、パートタイムなどいろいろと選択もできます。どうぞこれを機にされたい事をどんどんご相談下さい。これまでBBIで培ってきた内容を基に、良いプランを紹介させて頂ければと思います。
生の英語に触れる:
親子留学で一番の目的が、親子ともども英語の触れるという事が多いようです。BBIの親子留学は親子ともども活動も生活も、生の英語にたくさん触れます。また、その環境を提示していますので、大いにその環境を利用して将来に向けていい経験を積んで下さい。

親子留学 お薦めプラン

BBIの親子留学は、滞在先と現地サポートが付いているベーシックプランとなります。このプランに、ご自身(親)が、されたいプラン(語学学校、資格取得、幼稚園ボランティア活動など)を組合せることで、ご希望のプランを進めることができます。またこれとは別にお子さんを現地のチャイルドケアーセンターに預かってほしい場合等も対応できます。以下には、まずご自身(親)がされたいお薦めのプランを紹介させて頂きます。ご自身の目的に沿って最適なプランを選択下さい。尚、この組合せにより、BBI組合せ割引がご利用頂けます。

児童英語教師の資格取得プログラムと組合せ
将来、児童英語教師になりたい方や将来お子さんに英語を教えてみたいとお考えの方に最適なプラン。ゼロからスタートでも、このプランを通じれば、研修修了後、一講師としてスタートすることも夢ではありません。児童英語教師とは、12歳までの幼児や児童に対して英語を教えることができる日本で通用する資格です。この資格取得はオーストラリアでも受講することができ、その資格取得の前後で幼稚園ボランティアを組合わせることもできます。

従って、児童英語教師の中で、特に幼児に対して英語を指導してみたいとお考えの方に最適なプランです。幼稚園ボランティアのプログラムはローカルの幼稚園で活動するため、基本的に英語でコミュニケーションをとりながら児童を指導していきます。また日本の幼稚園とはやり方も子供たちへの接し方も異なるため、将来その方面を希望する方にはとてもいい勉強や実習がこなせます。『資格取得+実践』大変お薦めのプランです。
語学学校との組合せ
親子留学で一番人気のあるパターンがこの語学学校への通学。この機会に英語にたくさん触れたい方、英語をブラッシュアップしたい方、英語の環境に慣れたい方、将来は英語を使って仕事をしてみたいと考えている方に、お薦めのプランです。普通に一般英語(ジェネラルイングリッシュ)からスタートしても、会話力重視のコース(カランメソッドや実生活英会話)、その他TOEICや家IELTSなど英語の資格取得コースなど様々あります。また、コースも1日5時間のフルタイムから1日3時間のパートタイムまで、お子さんとの生活パターンを考慮して時間も選択できます。語学学校も多種多様あり、それぞれ例えば同じ一般英語コースでもカラーが異なります。BBIでは一軒一軒、見学したお薦めの語学学校があります。ご要望をお伺いしながら、お薦めの語学学校を紹介します。
 
日本語教師養成講座との組合わせ
将来、本格的に日本で海外で日本語教師になりたい方に最適なプランです。まずは、世界のどの国へ行っても教えられる資格、日本語教師養成講座420時間を取得しましょう。この資格は、シドニー、ゴールドコーストで通学で受講するパターンと、通信で受講するパターンがありどちらでも構いません。ただ実践力をつけたいならシドニーの通学講座を、間接法も学習したいなら通信の講座(通信で通学コースもあり)をお薦めします。受講後は(通信においては活動と並行して受講も可能)、日本語教師派遣プログラムを通じて現場で経験を積んでください。派遣先もご希望であれば、直接法(日本語を使って指導する)の割合の高い派遣先をアレンジすることも可能です。

  • BBIお薦め語学学校
  • お得な組み合わせ割引
  • 英語を使って英語を教える 英語教師養成講座

親子留学プログラムの詳細と費用一覧

参加条件

参加条件
年齢 ご自身(親)が20歳以上、お子さんは4歳から小学生まで
お子さんが4歳未満の場合は、ご相談下さい
英語力 特に問いません
資格 特に問いません
ご出発 毎週土曜日又は日曜日に現地到着
締切 ご出発予定の約2ヵ月前まで

手配の流れ

ご出発の約2ヵ月くらい前まで
ウェブサイトやブログ、メールでのお問合せ等で情報を収集。
プログラムの詳細など良くお読み頂き先のお申込み方法からお申込み下さい。
NEXT
BBIでお申込みフォームを受取り次第
オンラインかお申込書によってお申込みいただきます。受け取り次第、ご希望の日程の滞在先の空き状況の確認などをさせて頂きます。また、語学学校等への通学をご希望されていればそちらの空き状況も確認をします。全ての手配に関して問題なければ、ご請求書の発行をさせて頂きます。そして、そのご入金の確認を持って正式な席の確保とし、手配を開始します。
NEXT
ご出発の1ヶ月程度前
滞在先、ご希望の学校等の詳細をお知らせします。
また、別にお子様のチャイルドケアーセンターの手配が必要な場合はこの前後でその詳細もお知らせします。
NEXT
ご出発の2週間程度前
日本出発に際して最終書類を送付します。
出入国の注意、空港到着後の流れ、現地オフィスの紹介等をさせて頂きます。
また東京オフィスより最終の確認をさせて頂きます。
NEXT
日本ご出発⇒現地到着
通常、土曜日又は日曜日の週末に到着。
空港では日本人スタッフがお待ちしております。その後、滞在先までお送りします。週末はホストファミリーとお過ごし下さい。
NEXT
翌月曜日
現地オフィスの写真BBIシドニーオフィスにてオリエンテーションを行い、活動中の注意点、生活のオリエンテーション等をさせて頂きます。 また、銀行口座の開設、携帯電話のお申込みなど併せてサポートします。
なお、滞在中は現地オフィスを自由に利用可能、日本語環境のインターネット、荷物預かり、私書箱利用などご利用下さい。 オリエンテーション後も必要に応じて、オフィスをご利用頂くことが可能です。

費用一覧

親子留学ベーシックプラン(滞在先と現地サポート、親1人+子1人の場合)
参加期間 参加費用 費用に含まれるもの
1週間 1,316豪ドル
  • 1. プログラム費用
  • 2. 出発までのサポート
  • 3. 現地オリエンテーションなどサポート費
  • 4. 親子のホームステイアレンジおよび滞在費(平日2食週末3食)
  • 5. 滞在先でのお子さんのケアー費
  • 6. 初日空港お出迎え費
2週間 2,071豪ドル
3週間 2,826豪ドル
4週間 3,581豪ドル
以降1週間ごと 755豪ドル
上記費用は2017年の費用です。

【費用に含まれないもの】
※ビザ取得費用
※国際線航空券費用
※海外旅行傷害保険費用
※滞在中の費用(通勤費、平日のランチ代、お小遣いなど)
※ご自身(親)のプログラム費用(語学学校、資格取得コースなど)
※お子さんのチャイルドケアーセンター費用
ご自身(親)のプログラム費用は以下の各ページをご参考下さい。
また、このプログラムを組合せることにより組合せ割引が適用となります。
BBIの組合せ割引

BBIを通じて2つ以上のプログラムをご利用頂くと、その都度組合せ割引が適用となります。この組合せは、過去にBBIをご利用頂いた方、同時にお申込みになる方、将来お申込みの予定の方全ての方に適用され、2つ目(又は3つ目以降)のプログラムをお申込みの際に対応します。児童英語教師との組合せ割引は以下の通りです。

 

親子留学

お得な組み合わせ割引



その他注意事項

  • オーストラリアへの海外送金手数料は頂いていません(無料です)
  • 現地携帯電話、ブロードバンド契約のアレンジ可能

親子留学のQ&A

Q滞在先に子供をずっと預けておいていいのですか
BBIの親子留学のベーシックプランは、滞在先でのお子様のケアーに関しても含まれています。従って、特に費用が発生することなくお子様をご自身(親)が外出中に預けることは可能です。また、ご希望に応じて、現地のチャイルドケアーセンターに入れたい場合もあると思います。その場合は、ご自身(親)が活動しやすいようにシティー内のチャイルドケアーセンターがお薦めです。月曜日から金曜日までの5日間預けることも可能ですが、週2日間程度預けることも可能です。1日当たりの費用が80豪ドル程度以上ですので、ご予算とご要望とを考慮して最終的にどのようにするかご決定ください。
Q活動する幼稚園ボランティア先で一緒に自分の子供も預かってほしいのですが
この手配ができると、一番安心して活動ができると思います。BBIでは厳選した多くの現地ローカルの幼稚園での幼稚園ボランティアプログラムを運営していますので、できるだけそのご希望に沿う形で対応をしていきます。ただ、現地の幼稚園では、お子様の受入れに空きがないことがとても多いです。現地に住んでいる人でさえ数年前からウェイティングリストに載せて対応しているくらいですからその状況もうなずけます。一方、シドニーシティー中心部のチャイルドケアーセンターでは留学生のお子さんを預かれる機関があります。よって現実的にはシティー中心部でお子さんを預けて、ご自身は別の場所で活動するか、シティーの語学学校等でその間に英語を勉強する親子留学が現実的となるケースもあります。いずれにしてもできるだけご希望に沿う形での手配をしていきますのでどうぞご相談下さい。