英語教師養成講座TESOL!今、日本の英語教師に求められる英語を使って指導できる英語教授法の資格

資格を取る 英語教師養成講座 TESOL

日本の英語教育に必要なミュニカティブに指導する英語教授法!

最新版のFlash Playerをインストールしてください。Flash Playerをインストールしていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。このコンテンツをご覧になるには、Flash Player8.0以上が必要です。
  • Get ADOBE FLASH PLAYER
その他のコンテンツ
今月のキャンペーン

TESOL英語教師養成講座とは

英語教師養成講座空き状況

英語教師養成講座

平成15年に、文部科学省が、「英語が使える日本人」の育成のための行動計画発表しました。この主旨は、現在、経済、社会において様々面でグローバル化が進み、英語が国際的共通語として最も中心的な役割を担っていますが、日本人の多くが英語力が十分でないために、外国人との交流において制限を受けたり適切な評価が得られないと言う事態が生じています。そこで文部科学省がこの「英語が使える日本人」計画を平成15年に発表し、現在着々とその計画が進められています。主な計画は以下のとおりです。

  1. [1] 英語授業の改善 ・・・ 英語を使用する活動を積み重ねながらコミュニケーション能力の育成を図る
  2. [2] 英語教員の指導力向上及び指導体制の充実 ・・・ 英語教員が、生徒のコミュニケーション能力の育成を図る授業を行うことのできる英語力及び教授力を備える
  3. [3] 小学校の英会話活動の支援 ・・・ 小学校において英語の教育を行う

このように国を挙げて、日本の英語教育を授業内容の改善、指導する英語教師の英語及び教授力の充実、指導環境の改善を進めています。

そして、2番目の英語教員の指導力向上に関係してくるのがこのTESOL英語教師養成講座となります。

日本の中高校、大学での英語指導は、どうしても受験英語や文法、リーディングなどに重きが置かれ、コミュニカティブに指導し、社会で通じる実践的な英語力(コミュニケーション能力)を指導する内容が少ないのが現実で、現職の英語教師においても、その点を痛感している先生も少なくないようです。

授業風景

従って、今、日本は、国を挙げて日本の英語指導を見直す時を迎え、現実に基づいた英語指導の導入を目指し、また現場の英語教師においてもその必要性を強く感じています。

その要望に全て応えられる英語教授法が、このTESOL英語教師養成講座です。

英語を使いながら生徒に多くの発話をさせるコミュニカティブでアクティブな授業。英語を英語で感じ英語で考えさせるこの教授法は、まさしく今の日本が求めている英語指導方法で、TESOL英語教師養成講座では、そのスキルを大いに学習できるコースなのです。

将来の日本の英語教育のために、必要とされる資格やスキルを学びませんか!そして、今のうちに資格を取って、将来求められる、そして必要とされる英語教師になりましょう!

また、この資格は、コースを修了することで資格取得ができますが、日本語教師ネットワークが行っている日本語教師海外派遣プログラムと組み合わせることによって中高校等での実践が経験でき、より就職に有利な資格+実践のコースともなりえます(学校では日本語や日本文化を教えますが、英語を使ってコミュニカティブに授業を進めます、従って将来へのキャリアアップにつながります)。

TESOL英語教師養成講座プログラムの特長

TESOL英語教師養成講座の授業風景
  • 英語を使ってコミュニカティブに英語を指導できる資格
  • 日本にはあまりないコース内容
  • 中学生以上の大人対象の教授法
  • 英語を教える先生を指導できるネイティブの先生からの受講
  • 修了するとオーストラリアでも英語教師として活動ができる資格取得
  • 日本語教師海外派遣プログラムと組合せると『資格+実習』が実現
  • 目的に合った、自分に合ったコースを選択できる
  • 事前に一般英語コースを組合せることも可能、英語力が心配の方はご利用下さい
  • 将来中高校や民間語学学校で英語教師になりたい方
  • 自分の子供に英語を教えたい方

選べる3つの語学学校

Ih(International House)

Ih(International House)

イチオシ!TESOL専門学校

navitas

Australian College of English

シドニー老舗のマンモス総合学校

APC

APC

英語以外は厳禁、徹底した英語教育

sydneyの風景

IH(International House)

イチオシ! TESOL専門学校

学校概要
Ih(International House)
Ih(International House)の最大の特長は、英語教師を育てる専門学校として興ったことです。従って、英語教師を育てるコースを多く持ち、他にTECSOL、J-shineコースなども有名です。従って、通常の語学学校は一般英語コースなどがベースでありその上で、他のコースを設ける場合が多いですが、この学校は、英語教師の専門学校から始まり、一般英語などの他のコースも持っている学校です。従って、それを教えることができる講師の質の高さは抜群です!また、この学校の基本的な考え方として、良い講師を育てることに多くの時間とコストを掛けています。校長先生いわく、良い講師を育てるための勉強会等を通じて常に適した指導ができるように英語教師自身を指導しまた彼らがそれに自信を持てるように対応しているとの事。よって英語講師は豊富な経験と自信を持って授業に当たることができ、つまりそれは質の高い授業となり、学生が満足できる授業やクラス作りにつながっているとの事です。つまりこの学校は生徒の満足を一番に考えているために英語講師への教育を常に施しています。英語教師を育てる経歴を持つ語学学校であるため、とても信頼のおけるイチオシの学校です!
コース概要  CERTIFICATE IV IN TESOL  8週間
英語を教える講師を指導できる講師が教えています。週25時間、1日5時間の授業は、講義と模擬授業など実践的なことを学習していきます。各週行うテーマが異なるため、受講生は毎週月曜日入学が可能で、いろいろなテーマを修了することによって資格が取得できます。また、学生を相手に模擬授業が課され、もちろん英語で授業を進め、生徒役の学生をリードしながらコミュニカティブにアクティブに授業をして頂きます。生徒役の学生からのフィードバックや担当講師からの授業に対する指導を毎回受けることにより、より実践的なスキルを学びます。
学校スタッフからの一言! 他校との違い、特徴
英語教師としての知識と実践経験を数多く学習することができます。また、シドニーでこのコースにおいて、一番経験のある講師をそろえています。尚、取得できるCERTIFICATE IV IN TESOLは世界中で英語を教えることが出来ます。
入学条件、プログラム費用など
入学日 毎週月曜日
期間・時間数 8週間、25時間/週
入学条件 IELTS5.5ポイント以上(General Module)、TOEIC650点以上等
※上記資格がない場合は専用テスト合格にて受講可能
学生の国籍 アジア、ヨーロッパ、アフリカ、南アメリカ
一クラスあたりの生徒数 最大12名、全8クラス
その他コース 一般英語、IELTS、ケンブリッジ、TECSOL、J-shineなど
2018年プログラム費用 (単位:豪ドル)
入学金 学生ビザ:200ドル、その他のビザ:100ドル
授業料 3650ドル
その他 150ドル(テキスト代)
ホームステイアレンジ 198ドル
ホームステイ費用 280ドル/週(平日2食週末3食)
初日空港お出迎え 160ドル
  • 今月のキャンペーン
  • TESOL英語教師プログラム仮お申し込み

その他特筆すべき点

  • Certificate IVなので修了後はオーストラリアや世界で英語教師として活動できる資格になる
  • 試験結果として英語力が足りない場合、事前に同校の一般英語コースに入学する事によりTESOLコースに編入可能


BBI社長の目!学校訪問で感じたこと
この学校をお薦めする点はいろいろありますが、なんといっても上記の通りに、英語教師を育てることで興った学校であると言う事です。これまでTESOLを扱っていた語学学校は結構ありましたが、開講できる学校が少なくなる中で、やはり老舗としてそして質も保ち継続してこのコースを提供できている点は、英語教師を育てる学校としての経験だと思います。学校としては、いかに良い授業をしてもらうか、常に教育を施し、経験を積ませ、そしてモチベーションを与えています。このことにより質の良い先生が育成されます。またその先生が長く勤めているのもポイント。よって、良い授業が常に施され、従って生徒の満足度が常に高いです。結局は生徒に良い授業を受けて頂くために先生の教育に熱心であると言う図式です、信頼できるイチオシの学校です。
動画で見てみよう!
【TESOL英語教師養成講座の授業の様子】

BBIお薦めのIh(International House)のTESOLコースです。紹介している内容は、いかに英語で教えていくかをあるトピックスに従って、先生が実践をしていることを通じて習得して頂く授業です。実際に受講生が学生相手に英語で授業を行う模擬授業の時間もあり、資格のある講師からの評価を受けたり、実践からの審査や評価も行われています。

>>もっと動画を見る


navitas

シドニー老舗のマンモス総合学校

学校概要
TESOL取り扱い校・navitas
創立1981年とオーストラリアで最も伝統のある総合語学学校です。キャンパスもシドニー市内には、シティ校、ボンダイ校、マンリー校の3箇所、他にブリスベーン、パース、ケアンズ、ダーウィンと5つの地域にキャンパスがあることも特徴です。従って、世界中から大変多くの学生がこれまで学んできており、安心の老舗の語学学校です。その中で一番新しく開講したシドニーシティ校は、高級ホテルの様相を呈しており、広いレセプション、図書館、学生ラウンジなど設備の高さも特徴です。また有名なビーチ、ボンダイ、マンリーにもキャンパスがあるのでオーストラリアらしさを味わいながら学習できることもポイントです。
もう一つの自慢として、質の高い教師陣を挙げることができます。全員が留学生を指導するための特別なトレーニングを受けた有資格者です。また、独自の児童英語教師(TECSOL)、英語教師(TESOL)養成講座などATTCは1982年に開講した歴史のあるnavitasの英語教師養成部門も運営されています。
校内では、英語のみを使用する「English only policy」を実施しており、どの目的の方にもお薦めなそして、学校選びに迷ったらこの学校と言うくらい総合的に対応できる語学学校です。
コース概要  English for Children, Teenager, TESOL(5、5、10週間)
navitas(旧Australia TESSL Training Centre(ATTC))は、1982年に開講した同校の英語教師養成部門です。翌年にはCambridge Certificate in English Language Teaching to Adults(CELTA/セルタ)の資格取得コースも開講し、オーストラリアにおける英語教師養成講座の伝統あるコースです。従って、担当教官は全員 DELTA等の資格保持で英語教師トレーニングのエキスパートです。
コースは工夫されていて、指導対象が、児童用のコース(EfTC、5週間)、ティーンエイジャー用のコース(EfTT、5週間)、大人用のコース(TESOL、10週間)と自分が取得したスキルに応じた細かいクラス設定をしています。また、どの年齢層にも指導できるスキルが学べる3 Step to TESOL(20週間)の総合コースもあります。それぞれテーマに沿って授業が行われ、もちろん模擬授業も盛り込まれています。いかに、アクティブにコミュニカティブに授業をしていくかを各対象年齢に合わせた指導方法で学習していきます。対象生徒層のターゲットを明確にした、講座内容となっています。
学校スタッフからの一言! 他校との違い、特徴
オーストラリア初の英語教師養成コース、30年近い歴史を誇る、講師は必ずDELTA取得者のトレーナー。きめ細かなシラバスでコース修了後は、講師して教壇にすぐ立てる様に指導しています。
入学条件、プログラム費用など
入学日 お問合せください
期間・時間数 2×5週間、2×125時間
EfTC、EfTTはそれぞれ5週間、125時間
入学条件 IELTS5.5ポイント、TOEFL500点以上
※上記資格がない場合は専用テスト合格にて受講可能
学生の国籍 韓国 55%、日本15%、台湾5%、その他
一クラスあたりの生徒数 最大15名
その他コース 一般英語、IELTS、ケンブリッジ、TECSOL、ビジネス、EAP、TOEICなど
2018年プログラム費用 (単位:豪ドル)
入学金 200ドル
授業料 4,455ドル
その他 テキスト代:0ドル
ホームステイアレンジ 198ドル
ホームステイ費用 280ドル/週(平日2食、週末3食)
初日空港お出迎え 160ドル
  • 今月のキャンペーン
  • TESOL英語教師プログラム仮お申し込み

その他特筆すべき点

  • TESOLのコースのみを受講することも可能だが、児童用のコース(EfTC、5週間)、ティーンエイジャー用のコース(EfTT、5週間)を受講することも可能で、3 Steps to TESOLと言うことで、どの年代にも教えることができる合計20週間のTESOL総合コースもあり


BBI社長の目!学校訪問で感じたこと
この学校は、この空間で勉強していて気持ちが良い!と思わせる学校施設にまずは目が留まります。玄関、受付、クラス、ラウンジ、図書館などとても広々ときれいで、勉強しなくちゃと自然と意欲の湧く環境が整っています。また、シドニー市内でもシティー校、マンリー校、ボンダイ校と特徴のある3校のキャンパスがあり、選択できることも魅力。オーストラリアでは歴史のあるマンモス総合学校ですので、安心して自分の勉強したいコースを勉強できますし、講師の質は常に高いことでもお薦めの学校です。

APC

学校内では英語以外厳禁!徹底した英語教育の語学学校

学校概要
TESOL取り扱い校
APC(Australian Pacific Collge)の最大の特徴は、語学学校と専門学校を持ち合わせ、オーストラリア国内に7か所もキャンパスを持っているマンモス学校であるところです。専門学校にはオーストラリア人も専門分野の勉強にきており、総合的な学校として運営されています。また、その割には授業料等も低く抑えられ、そのレンジで対応をしている語学学校の中では質も学校のファシリティーもとても整えられた環境を提供しています。一般英語、英語教師養成講座TESOL等のほか、専門学校としてのビジネス、ツーリズム、ホスピタリティー、マーケティング、ヒューマンリソースなど多くの専門分野のコースを展開しています。
コース概要  CERTIFICATE IV IN TESOL  約6ヶ月間
他の学校とは異なり、オーストラリア政府認定の英語教師養成講座Certificate IVが取得できるコースとして、2学期間(約6ヶ月間)をかけて学習していきます。1週間に20時間の学習を9週間続けます。この時間を学習しますが、学校に通学は3日間となり、他の時間を生活に合わせて自由に組み立てることができるところもポイントです。
入学条件、プログラム費用など
入学日 年4回、お問合せ下さい
期間・時間数 2学期間(約6ヶ月間)
入学条件 アドバンスレベル
学生の国籍 韓国、日本、台湾、その他
一クラスあたりの生徒数 最大12名
その他コース 一般英語、各種ビジネスコースなど
2018年プログラム費用 (単位:豪ドル)
入学金 200〜250ドル
授業料 3,900ドル
その他 90ドル(テキスト代)
ホームステイアレンジ 198ドル
ホームステイ費用 280ドル/週(平日2食、週末3食)
初日空港お出迎え 160ドル
  • 今月のキャンペーン
  • TESOL英語教師プログラム仮お申し込み

その他特筆すべき点

  • Certificate IVなので修了後はオーストラリアで英語教師として活動できる資格保持にもなる
  • 試験結果として英語力が足りない場合、事前に同校の一般英語コースに入学することによりTESOLコースに編入可能


BBI社長の目!学校訪問で感じたこと
この学校は比較的安い授業料で対応をしていますが、質を良く保っている学校で、専門学校の分野も多く、とても信頼がおける学校です。最大の他のTESOLコーストの違いは、受講期間となりますので、その点をどうお考えになるかによって、この学校の選択も出てきます。また、学校内の日本人スタッフがとても対応がいいところもこの学校の特徴の一つとなります。

英語教師TESOL受講のこんな活用の仕方 お薦めのプラン

(お薦め1) 英語教師養成講座(TESOL)の受講修了後、海外派遣プログラムでキャリアアップ
英語教師養成講座内では、模擬授業が課され、それに合格しないと修了できません。そうです、講座内では実際に授業を行って頂くことにより、実践力を高める授業を行います。クラスの同期を生徒に見立てて、自分自身が英語教師となり授業を行います。よってこのまま卒業しても英語教師として活動することもできると思いますが、果たしてそれで十分でしょうか。実際の現場や実際の生徒を前にしての実践をする方がより生きたキャリアが積めると思います。また、せっかく海外に来ているのですから、その環境を利用しない手はありません。 BBI日本語教師ネットワークでは、海外の中高校に日本語教師を派遣しています。教えることは日本語や日本文化ですが、英語圏では、間接法と言って英語を使って指導する方法を取っています。つまり、実際の生徒に対して英語を使って教える実践を行います。英語教師養成講座にて身につけたスキルをこの現地の中高校でいかんなく発揮して授業を行ってください!日本に帰国後の英語教師をするときにとても役立つこと請け合いです。
(お薦め2) 語学学校で英語を鍛えて、英語教師養成講座(TESOL)受講
英語教師養成講座のコースを受講するには予めある程度の英語力が必要です。例えば、IELTS6.0ポイント以上が必要です。これは英語教師をやるにはある程度の英語力が必要であること、受講するにはその程度の英語力が必要であること、そして特にこの講座はスピーキング力が必要であることから、このような入学条件があります(英語の資格がない場合は、各学校規定のテストにパスすることにより受講が可能)。
従って、十分な英語力がない場合、または、英語力に自信をつけてこの講座を受講したい場合などは、予め、英語教育方針が一貫している同じ学校内の一般英語コースなどを受講することにより、英語力に自信を持って講座受講が可能となります。より充実した成果を上げるため、ご希望者は是非ご利用下さい!

お申し込み方法

仮お申込ページのオンラインお申込みフォームにて送信又は、お申込み用紙(PDF)をダウンロードして、弊社宛まで郵送ください。 弊社にて確認次第必要な手続きにはいらさせて頂きます。

  • TESOL英語教師プログラム仮お申し込み
株式会社 Big Bridge International
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-13-11 CHARI千駄ヶ谷3階-3
FAX: 03-5843-6731
Get Adobe® Reader
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Systems社が配布しているAdobe® Readerが必要です。
左のロゴマークからダウンロードサイト(無料)にアクセスできます。

BBIの組合せ割引

BBIを通じて2つ以上のプログラムをご利用頂くと、その都度組合せ割引が適用となります。この組合せは、過去にBBIをご利用頂いた方、同時にお申込みになる方、将来お申込みの予定の方全ての方に適用され、2つ目(又は3つ目以降)のプログラムをお申込みの際に対応します。英語教師との組合せ割引は以下の通りです。

 

英語教師(TESOL、J-shineコース)

お得な組み合わせ割引

  • ※日本語教師海外派遣プログラム(ボランティア)に参加の場合、その割引制度と併用すること可能。
  • ※日本語教師海外派遣プログラムのオーストラリア・NZ短期、タイ短期、台湾、モンゴル短期(3ヶ月間まで)のご参加の場合は、1万円の組合せ割引となります

英語教師TESOL 体験談

2010年4月から10週間 ILSC(旧Pacific Gateway International) 野村将之さん NEW

チャイルドケアーセンター写真
最大の特徴はプラクティカム(教育実習)で語学学校の生徒相手にすべて一人でこなさなければ行けないこと・・・

ILSC(旧Pacific Gateway International) Lin Ya-Tingさん

チャイルドケアーセンター写真
This is the toughest course in PGIC. If you are going to study very hard then TESOL will be good choice for you. The reason for that is you can learn a lot of things from this course. Moreover, teachers are very nice and they help us a lot. When we have any difficulties, they are always patient to teach us and gave good suggestions. Classmates were also very nice and we helped each other.

英語教師TESOL Q&A

Q英語の資格を持っていませんが、受講することができますか

TESOL受講に当たって英語の資格をお持ちでない場合は、各学校の試験にパスすることによって受講をする事ができます。実際には、英語でのインタビュー、リーディングのテスト、専用CDにてのテストなどが行われます。具体的にはコースや学校によって異なりますので、お気軽にお問合せ下さい。

Qなぜ、日本でTESOLの資格が必要なのですか
TESOLとはTeaching English to Speakers of Other Languagesの頭文字をとった英語教師の資格の一つです。つまり英語を母国語としない人に英語を指導する教授法で、オーストラリアなど移民で成り立っている国で成熟してきた英語教授法です。現在日本では、平成15年から文部科学省主導で、「英語が使える日本人」の育成のための行動計画が発表され、それに沿って事業が行われています。その計画の中に、『英語教員の指導力向上及び指導体制の充実』と言う項目があり、それが具体的には英語を使ってコミュニカティブに英語が指導できる英語教師の育成となります。まさしく、このTESOLの英語指導方法がそれに当たり、よって、日本でこの資格が必要とされているのです。将来の英語教師に必ず役に立つこの資格、是非取得してみてください!
Q資格取得後の就職は可能ですか

日本で英語教師として就職をする場合、中高校では、一般的に英語教師の教職免許が必要です。従って、中高校で就職をしていくのなら、大学等でその教職課程を修了する必要があり、尚且つ教員採用試験に合格しなければなりません。それさえ整えれば、中高校で英語教師として就職して行くことはできると思います。ただ、現在、学校の現場では、英語を使ってコミュニカティブに指導できる英語教師が強く求められています。その際にこのTESOLの資格を持っているととても役に立ちまた就職の際のアピールポイントとなります。求められる英語教師を目指して是非この資格を取得してみてください。尚、民間の英語学校ではTESOLの資格のみで就職活動ができます。


児童英語教師 お薦めコンテンツ

児童英語教師 お薦めコンテンツ
 

ただいま作成中、今しばらくお待ち下さい。