資格を取る・英語を鍛えるは、真の国際人に向けてのステップ1。まずは中級程度以上の英語力取得が必須。その後一歩先の英語コースかインターンシップへ

英語を鍛える

ものになる英語へ、実践的な英語を鍛える!

最新版のFlash Playerをインストールしてください。Flash Playerをインストールしていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。このコンテンツをご覧になるには、Flash Player8.0以上が必要です。
  • Get ADOBE FLASH PLAYER

基礎を鍛えて使える英語をものにする!

TOEIC800点取れたら英語はペラペラになるって本当?

英語を鍛える!授業風景

日本で就職をするときには、英語の資格はとても重宝されます。あると無いのとではどうしても差が出てきてしまいます。しかも点数が高いとある一定の評価も得やすくなりますし、英語環境での仕事をしようと思うと自ずとその力は必要とされます。もちろん採用に当たっては、総合的にその方の人物自身を評価されることですので英語の資格のみではないことは確かですが、良い点を持っていて損することはありません。また、日本人にとって、英語の環境で働くことは誰でも一度は夢を見る憧れの環境ではないでしょうか。

ところが英語のいい点数を持っていてもすぐに実践的に活躍できるかと言うのは別問題だと思います。実際に、TOEIC800点を取った人が、ビジネスシーンにおいて英語を流暢に話してすぐに活躍をしているかということは、実際にその点数以上を持っている人がよーくわかっていることです。つまり点数を持っているからといって、すぐに英語を使って活躍できるとは限らないし、ペラペラなわけではありません。その域に来れば誰でも感じますが、まだまだ勉強が足りないなぁと感じるはずです。

使える英語をものにするには、実践的な英語を身に付けるにはどうしたらいいのだろうか

英語を鍛える!各国の友達と話そう!

日本にいても実は使える英語をモノにしている人もたくさんいます。留学経験がない人でも十分に渡り合える英語を身につけている人も少なくありません。でもそうなるためにはそれ相応の覚悟と計画と忍耐と継続が必要で、普段仕事をしていたり、学生であると、残念ながら忙しくてなかなかそうは行かないのが常です。すると現実的に、実践的な英語をモノにするには、留学をすることが一番普通に考えられることです。周りはネイティブばかりだし、全てが英語の環境や習慣なので、日本にいるよりはずっと身に付けられると思います、生活そのものが英語環境だからです。

でも、留学に行った人はみんな英語がペラペラになっているのでしょうか。

よく聞くのが、語学留学してもなかなか思うように英語で話せないって言います。『言っていることはわかるのに。。。』『リズム良く話せない』『1対1だといいのだけど。。。』『ネイティブの友達ができない』などなど。英語に触れてはいるものの、流暢に、格好良く、自信を持って英語を話せない人が結構いるのも事実ではないでしょうか。

『使える英語をものにする、実践的な英語を身に付ける』ためには、その環境づくりと実践が必要です。そのポイントは以下のようになると思います。

  • ネイティブに囲まれた環境にいること
  • 生活も含めて全てが英語の習慣にいること
  • 自らが積極的に英語を話さざるを得ない環境に身をおくこと
  • その環境を少なくとも半年間以上続けること
  • 失敗しても恥ずかしがらずに実践を継続すること

 

受動的な受講環境の一般的な語学留学だけでは、残念ながらこの環境は実現できません。積極的に英語を発話する環境で、実践に沿った内容や環境で英語にもまれる必要があります。そしてもっと言うと、日本人のいない環境で、英語にドップリと浸り、英語を使わざるを得ない環境に身をおくことで『使える英語がモノ』にできるようになります。

では、そういった環境は、留学する中でどんな方法なのでしょうか。

英語をものにする方法

ここで紹介する方法は、英語がまだ苦手な人や基礎を固めたい人を対象としています。中上級(Upper-Intermediate)以上の英語にある程度自信のある方は、以下のSTEP2からスタートしてもそれ以上の環境から開始してもいいでしょう。自分に合ったステージから進めてみて下さい。

STEP1 英語学校(語学学校)に行く

英語を学ぶときに一番考えやすいのが、英語学校(語学学校)に行くこと。英語を勉強しに行くわけですから、そのものズバリを教えてくれる機関に行くのが一番です。ただ、語学学校の数も多いですし、授業内容もたくさんあるでしょうし、どれを選んだらいいかわからなくて、よって授業料が安いだけで決めてしまうこともあったりします。本当に英語をモノにしたいのなら、その語学学校選びから慎重にしなければなりません。

現状の自分の英語力を客観視し、そして目指すべき英語力においての自分像を考えた時に、どういったコースを選択するのかなどを考えると決定時のヒントとなると思います。通常英語学校は、ビギナー、初級、中級、アドバンスレベルなどのレベル分けをされていますが、一つのレベルを上げるには8週間程度必要と言われています。そして、一つの目安として中級程度(できれば中上級)の英語力があると、英語を使って仕事をするなど次のステップに進むことができるようになります。よって、まずは目指すは、中上級(Upper-Intermediate)程度の英語力です。以下に、それらが叶えられるお薦めの学校を紹介しますのでご参考ください。

基礎英語がある程度できたと自信が付き、その英語力を使って更なる資格取得や専門分野を勉強するために専門学校に通学することも将来につながります。目的に応じて選択する学校やコースは異なりますが、例えば、実践的な英語を身につける、つまり文法やリーディングなどではなく、いかに英語で話せて聞けて実生活やビジネスシーンで英語を使いこなせるかに焦点を当てた学校選びをしていくかなど、そういったことに重きを置いている学校を選択する必要がある思います。いずれにしても通学中に重要なことは英語に慣れること。外国人が来ても臆さない度胸と、英語で何とか切り盛りできる自信を身に付けることがポイントです。

STEP2 英語を使わざるを得ない環境に身をおく

英語学校の最大の欠点は、周りにいるネイティブが学校の先生だけということ。一緒に学ぶ留学生はたくさんいるので慣れてくると彼らと”英会話”をして、「なんだか英語がしゃべれるようになったじゃん」と少々自信を持ちますが、だまされてはいけません。その自信のままネイティブと会話してみてください、あまりにもできなさ加減にショックを受けると思います。少なくとも話す練習にはなっていると思いますが、留学生といくら話しても本当の聞く耳は養えません。なぜなら本当の英語のリズムでも発音でも言い回しでもないからです。話すことも、留学生との会話だけだとどうしても制限が出てきてしまいます。同じ事を言うにしてもニュアンスや、深みが違うでしょうし、傷つけない言い方などもあります。そういった表現はネイティブと関わっていないとなかなかモノにできないものです。ですので一歩進んだ使える、英語力を身につけるには、ネイティブがいる環境に身をおき、尚且つ本人が積極的に英語を使わざるを得ない環境にいないとなかなか身につけることができません。それらが、叶えられるのは、次のステップAの経験を積むで紹介をしている海外でのインターンシップが最適です。

英語レベルとコースを比較する

英語レベルとコースの比較表(英検、TOEIC、IELS、ケンブリッジ検定、学校レベル)

  入門 初級 中級 上級
英検 5級 4級 3級 準2級 2級 準1級 1級
TOEIC 300 350 470 600 730 860 900 950
IELS 4.0 4.5 5.0 5.5 6.0 6.5 7.0
ケンブリッジ検定 KET PET FCE CAE CPE
学校レベル beginner elementary pre-inter intermediate upper-inter advanced
> 一般英語
バランスよく4技能を勉強して、コミュニケーションできる基礎力を身につける。

 
> 発音矯正
 
 

発音の癖を直すことで、
リスニング力アップにも効果的。

 
 
> ツーリズム
・ホスピタリティ

 
 

目的意識がはっきりしており、より実践的な英語を学べるので、
初心者からでもやる気があればついていける。

 
 
> カランメゾット
 
 

適切な英語で答える練習ができる。
英語に慣れたけれど、文章で話せない人向き。

 
 
> 英会話
 
 

コミュニケーションの機会を多く持ちたい人、
頭で分かっているけど言葉が出てこない人向き。

 
 
> IELS
 
 
 

WritingとSpeakingが受験項目ため、
バランス良くブラッシュアップできる。
合否ではなく数字が残るのが魅力的。
> ケンブリッジ
検定準備

 
 
 

目指すレベル毎のクラス分けにより、
実力の差が生じにくく受講しやすい。
IELSより実践的。一生の資格として認定。
> TESOL・TECSOL・
J-SHINE

 
 

日本で英語教師を目指す人のコース。
英語で教えるため、実践的な英語が学べ、資格習得もできる。
> 進学英語EAP
 

大学、専門学校への進学目指すコース。
> ビジネスカレッジ
(専門学校)

 

英語で資格を身に付けたい人むき。

× 閉じる


英語を鍛える BBIお薦めの英語学校

オーストラリア オーストラリア

徹底的なEnglish Only Policyの学校: ILSCムービー有り

  • 一般英語
  • 発音矯正
  • 英会話
  • TOEIC
  • IELTS
  • ケンブリッジ
  • EAP進学
  • ビジネス
  • イブニング

とにかく英語環境を求める人にお薦めな学校!エレベーターホールでも学校の2ブロック先でも英語を話さなければいけない、今月何人のネイティブと話したコンペティション等、英語を話す環境を徹底的に与えてくれる学校です。コースもどの学校よりも多く、レベルも12段階ときめ細かい。日本人スタッフもいるので安心サポートの学校です。 >> 続きを読む

自分の英語力を常に確認できる学校: Ability Englishムービー有り

  • 一般英語
  • 発音矯正
  • IELTS
  • ケンブリッジ
  • EAP進学
  • ビジネス
  • イブニング

7段階のレベル分け、生徒へのカウンセリング、クラス内における国籍配分など、生徒の視点に立った学校運営がなされています。また、毎週月曜日には、グラマーとスピーキングのテストが実施されるので、常に自分の英語力が確認できる事も特長です。毎週毎月のイベントもあり、アクティビティーも豊富なので、初めてオーストラリアに来た人、英語を勉強する人にとても楽しく学習できる学校です。 >> 続きを読む

教師のための学校が前身: Greenwich English Collegeムービー有り

  • 一般英語
  • 発音矯正
  • IELTS
  • ケンブリッジ
  • TESOL
  • 児童英語教師
  • EAP進学
  • ビジネス
  • RSA
  • イブニング

国籍比率もバランス良く配合され自国の人とあまり話さないようにクラス分けなども配慮されている。英語教師のための学校として発足したので、常に良い授業とは何かを考え実践している学校。従って、教師の質も高く、コース開発も盛ん。バランス良く英語を身に付けられる環境なのである意味イチオシの学校です。 >> 続きを読む

カナダ カナダ

  ただいま作成中、今しばらくお待ち下さい。


ニュージーランド ニュージーランド

  ただいま作成中、今しばらくお待ち下さい。


ドイツ ドイツ

  ただいま作成中、今しばらくお待ち下さい。