資格を取って英語を鍛えたら、次は真の国際人へ向けてステップ2。英語環境での職場経験で、異文化に適応しながら外国人と渉り合う現場経験は一番大事な経験

経験を積む

真の国際人へ3つのステップ

最新版のFlash Playerをインストールしてください。Flash Playerをインストールしていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。このコンテンツをご覧になるには、Flash Player8.0以上が必要です。
  • Get ADOBE FLASH PLAYER

ステップA 経験を積む    -留学を生かす 真の国際人へ3つのステップ‐

海外派遣募集状況

勤勉さ、責任感、忍耐力、相手を慮る気持ち、技術力など、日本人は外国人と比べると長けているところが多いのに世界のリーダーシップを取れることが少ない。端的に言うとそれは、言語を含めて外国に慣れていないから。BBIは『生かせ日本人スキル』のキャッチフレーズの下、留学を生かした真の国際人育成のための3つのステップを提供しています。

ステップA 経験を積む
語学や資格を身に付けたら、英語(海外)の環境で経験を積むことが大事。将来、日本で世界で活躍をしていくためには、海外の事と日本の事の両方の習慣や文化、ものの考え方、仕事の仕方を知っている必要があります。必ずものを言う海外での職場経験は、BBIが一番力を入れている分野です。

一定の英語力を身に付け、将来につながる資格や専門学校での学習が終わったなら、ステップAとして次は現実的にその学習したことがいかに現場で使えるかを経験する必要があります。そしてそれを特に英語環境など外国や異文化の環境下の中で経験することが、真の国際人になるときに必要となります。それはなぜかというと、英語など言語を使う場面が出てくるだけではなく、外国人のものの考え方、仕事の仕方などを垣間見ることができるし、日本人としてのアイデンティティーも強くなるためです。当然、語学の壁、考え方の違い、異文化の環境などでいろいろな難しさや大変さが伴うと思いますが、そうであったとしてもそれこそがこの経験を積むところでとても大事なことになります。いろいろな不具合も経験するかもしれませんが、それぞれを経験する分、乗り越える分、実践的な英語力も外国人とのかかわり方も仕事の仕方も、そして日本の、日本人の素晴らしいところも理解でき、強くなることができるからです。この国際舞台の経験を通じて、自信を持った自分を作り上げることができるのであれば、それは真の国際人として一歩踏み出せたこととなります。

目的に応じて選択する5つのコース(経験を積む)


教師インターンシップ

教師インターンシップ

欧米圏、アジア圏での日本語教師アシスタントプログラムです。現地の小中高校や民間日本語学校で日本語や日本文化を教えて頂きます。アジア圏では日本語を使って、英語圏では、英語を使って指導していきます。従って、英語圏での活動は、ネイティブ相手に英語を使わざるを得ない環境で活動をしていくので実践的な英語力が身に着きます。よって、将来日本語教師を目指す人も参加しますが、将来英語教師になりたい、外資系で働きたいと思う方も多く参加している一押しのプログラムです。


日本語教師有給インターンシップ

日本語教師有給インターンシップ

本格的に日本語教師を目指す人に合ったインターンシップ(有給)。日本語教師養成講座など日本語教師関連の資格保持が参加条件。タイとモンゴルは、最初からクラスを任され活動頂きますが、オーストラリアは、最初の約3か月間くらい専任講師の下、トレーニングを受けて有給に移行します。従って、資格があるものの教える自信ないなどであればオーストラリアがお薦めです。いずれも直接の方の指導方法を経験して頂きます。




幼稚園ボランティア

幼稚園ボランティア

日本の幼稚園とオーストラリアの幼稚園では子供への接し方など指導方法において大きな違いがあります。それぞれの良しあしがあると思いますが、従って、将来幼稚園の先生なりたい、現役幼稚園先生のブラッシュアップととして、そして子供好きの方にお薦めなプログラム。また、英語環境での活動ですが、日本文化紹介もして頂きますので海外ボランティア初心者にもお薦めのプログラムです。


ホテル有給インターンシップ

ホテル有給インターンシップ

将来ホテルで働きたい、旅行系、ホスピタリティ系で活躍したい方にお薦めなのがこのホテル有給インターンシップ。オーストラリアのリゾート地英語環境での活動で、スキルを学べると同時に実践的な英語力が鍛えられます。語学学校等では味わえない、白いビーチに囲まれたオーストラリアらしいリゾート地での生活や有給での活動はガッツリ稼ぎたい方にもおすすめのインターンシップです。




企業インターンシップ

企業インターンシップ

オーストラリアにある日系企業での企業インターンシップ。日本人がいますし、日本語も使いますが、英語環境の中での活動で実際に社員の方々が、どう英語を使いながら、また、外国人を相手に仕事をしているかに携わりながら活動できます。同時に日本人としての社会人マナーも学習できるので、将来日本で、または海外の日系企業で就職をしたい方にとても合った環境でのインターンシップです。将来の就職を見据えている方には一押しのインターンシッププログラムです。




日本語教師海外派遣プログラム


ワンポイントアドバイス!

以下にご紹介する内容は、あくまでも参考情報です。BBIが紹介する経験を積むに係るコースはどのコースも素晴らしいコースで、目的に応じてどれを選択してもためになりその後に必ず生かせます!ただ、それぞれ特長があるので、その特長を重視したい場合は以下の内容をどうぞご参考下さい。

実践的な使える英語力を身に付けたいのなら:
英語圏での教師インターンシップをお薦めします!現地の小中高校での活動をします。教えることは日本語や日本文化ですが、英語ネイティブの生徒相手に英語を使って指導していくので英語を使わざるを得ない環境での活動です。また、日本人であることが頼られる存在となり、どのインターンシッププログラムよりも日本人であることが生かされ、活動できますので、多く深く生徒に学校にその地域に関われる活動となります。従って、どのプログラムよりも深く根差した活動となり、語学留学では味わえない本物の海外生活を送ることと、実践的な英語力が身に着く環境です。
帰国後の就職を意識するのなら:
企業インターンシップをお薦めします! オフィスでの仕事経験となるので、まさしく就職を目指している方にお薦めのインターンシップです。基本的に日系または豪系でも日本人オーナーの企業なので社内では、日本人も働いていますし、日本語も飛び交っていますが、社員の方々がオーストラリア人相手にどう英語を使っているかを垣間見れたり、どう仕事をしているかも見ることができるので日本人として外国人とどう仕事をしていくかを多く体験できる間許可です。加えて、日本人としての社会人マナーなどもしっかりと学習できるのでこれから就職をする方には特にいろいろな面での研修ができると思います。職種は、マーケティング、営業アシスタント、事務、受付、編集などいろいろとあります。また、英語の使用頻度は20-70%程度でいずれもその方の英語力やキャリア、任されるポジションによって異なってきます。日本人が海外で、または英語環境でどう働いていくかなど多くの事が吸収できる、就活に必要なインターンシップ経験が積めます。
英語環境でガッツリと稼ぎたいのなら:
ホテル有給インターンシップをお薦めします! 教師インターンシップと同様で英語環境での活動ですが、ポジションによっては黙々と作業をすることもあるので自ら積極的に英語を使いながら活動を頂く場面が必要場合もあります。仕事としては、レセプション、ウェイトパーソン、キッチンハンド、ハウスキーピング、クリーナーなどとなり、その方の英語力、キャリアによって職種が決定していきます。また、特徴的なのがオーストラリア人と同じ待遇で給料が発生しますのでしっかり稼げることも魅力のインターンシップです。従って、単純に留学中に英語環境でお金を稼ぎたいと思われる方にもおすすめですが、一方で、ホテルでの活動ですので、将来ホテルでの勤務を希望とか、ホスピタリティー系、旅行系、観光系で就職をしたい方にもとてもお薦めのインターンシップです。
英語環境で初めてボランティア活動をするのなら:
幼稚園ボランティアをお薦めします! 将来幼稚園の先生になりたい方にもとてもお薦めのインターンシップですが、英語環境ではあるものの、園児たちと遊ぶことやケアーをすることが仕事となるので高い英語力が求められれない環境下なので、英語環境や外国でのボランティア活動初心者にもとても適しているインターンシップであることも大きな特長です。

経験を積むのお薦めプラン

資格を取る、英語を鍛えるに関連する各コースと他のプログラムにはいろいろなプランや組合せがあります。ご自身の目的に沿って最適なプランを選択下さい。組合せプランを選択する場合は、組合せによる割引もあります。是非ご利用下さい。

利用可能なプラン
標準プラン
自由満載ワーキングホリデー
養成講座420時間
養成講座通信
児童英語教師TECSOL
語学学校ELS
オールイン
短期
大学コース

将来英語教師になりたいのなら
英語教師養成講座(J-shine、TECSOL、TESOL共)の受講修了後、教師インターンシップ
各英語教師養成講座内では、模擬授業が課され、それに合格しないと修了できません。そうです、講座内では実際に授業を行って頂くことにより、実践力を高める授業を行います。クラスの同期を生徒に見立てて、自分自身が英語教師となり授業を行います。よってこのまま卒業しても英語教師として活動することもできると思いますが、果たしてそれで十分でしょうか。実際の現場や実際の生徒を前にしての実践をする方がより生きたキャリアが積めると思います。また、せっかく海外に来ているのですから、その環境を利用しない手はありません。
BBIでは、海外の小中高校に日本語教師を派遣しています。教えることは日本語や日本文化ですが、英語圏では、間接法と言って英語を使って指導する方法を取っています。つまり、実際の生徒に対して英語を使って教える実践を行います。英語教師養成講座にて身につけたスキルをこの現地の学校でいかんなく発揮して授業を行ってください!そしてJ-shine・TECSOL(児童英語教師)の場合は小学校で、TESOLの場合は中高校で是非活動をしてみてください。日本に帰国後の英語教師をするときにとても役立つこと請け合いです。


将来、外資系など英語を使って働きたいなら
語学学校で英語を鍛えて、企業インターンシップ、そして最後にTOEIC受験
帰国後外資系や英語を使って仕事をしたいのなら、または海外での仕事の仕方を知った上でそれを生かして仕事をしたいなら、企業インターンシップを利用するといいでしょ。ただ、できるだけ実践的な英語を使ってインターンシップをするために、もし中級程度の英語力がないのなら、事前に語学学校に通学して英語力を上げて参加するのがお薦めです。尚、企業インターンシップはオフィス内での仕事経験となるため就職の際にとても役立つことが経験できますが、より実践的な英語力を鍛えたい場合は、企業インターンシップの代わりに教師インターンシップをご利用されることも一考です。こちらはオフィスでの経験ではないですが、ネイティブ相手に英語を使わざるを得ない環境での活動となるので自ずと実践的な英語力習得に期待できます。実際にこのインターンシッププログラムが一番その英語力が伸びます。よって、目的によってインターンシップを選択していければいいと思いま。なお、オーストラリアではTOEICの試験を受験できますが、一番最後にこの試験を受験して帰国する人が多いです。これは、英語環境で過ごしてきたので英語を忘れないうちに試験が受けられることと、オーストラリアで受けた場合は試験後1週間で結果を得ることができるので(日本の場合は1ヶ月間後)、すぐに就活ができるメリットがあります。BBIのシドニーオフィスは、TOEICの公式テストセンターなので、その活用も可能であり、得点アップのための2週間集中講習も運営しているので必要に応じてご利用下さい。


将来日本語教師になりたいのなら
日本語教師養成講座の資格取得後、民間日本語学校で有給インターンシップ
将来、日本語教師になりたい方に最適なプラン。ゼロからスタートでも、このプランを通じれば1年後には専任講師としてスタートすることも夢ではありません。中でも日本語教師養成講座の通学コースを修了し、民間日本語学校でキャリアアップを計る方法が効果的です(組合せ割引対象プラン)。通学の養成講座では、実践力がつく内容となっています。毎週課される模擬授業はその力を十分に養えます。そして修了後は実際に有給インターンシップとして専任で指導します。この経験があると、最近、日本の日本語学校が求める『資格+専任講師としての経験』をクリアーすることができ、日本及びアジア圏での日本語教師も夢ではありません。
  • BBIお薦め語学学校
  • お得な組み合わせ割引
  • 英語を使って英語を教える 英語教師養成講座

体験談

オーストラリアで教師インターンシップ 伊東勇人さん

オーストラリアで教師インターンシップ 伊東勇人さん
一日中働いて、放課後も生徒の課題のチェックや教材作成をし、夜はフットサルと毎日疲れて帰ってきていましたが、それだけ充実していて、本当に楽しい時間を過ごすことができました。オーストラリアを離れるのはとても寂しいですが、また休暇などを利用して遊びに来たいと思います。

モンゴルで有給日本語教師インターンシップ 青木良平さん

モンゴルで有給日本語教師インターンシップ 青木良平さん
日本語を教えるという以前に私が日本の文化・習慣をあまり理解していないことがここに来て改めて気づかされました。知らないと、いざという時学生からの質問に答えられないだけではなく、日本語教師としての恥ずかしさを感じます。日本語だけではなく日本のこと全般に目を向けなければならないと感じました。

オーストラリアで幼稚園ボランティア 天満晴香さん

オーストラリアで幼稚園ボランティア 天満晴香さん
子供たちはとても懐っこくて、初日からたくさん話しかけてくれました。人見知りで最初は全然話してくれなかった子も、毎日挨拶や声かけをしているうりに話してくれるようになり、とても嬉しかったです。幼稚園では、子供と遊ぶだけでなく、掃除も積極的に手伝いました。

オーストラリアで企業インターンシップ H. Hさん

オーストラリアで企業インターンシップ H. Hさん
日本にいたときの学生環境と全く違うので、人生の先輩がたに囲まれて色々なことを教えていただける環境にいるということがとても恵まれていると思います。仕事をすることももちろんですが、その様な人たちに会うことができたということが、参加して得られた成果でもっとも大きい事だと思いました。

オーストラリアでホテル有給インターンシップ 福田 浩平さん

オーストラリアでホテル有給インターンシップ 福田 浩平さん
仕事はほぼ毎日同じで、朝に掃除する部屋のリストを貰い、それを時間以内に終わらせるという業務。ペースをつかむまでは結構大変でした。 ホテルの宿泊者に日本人が多く、たまに日本人であることが武器になることに驚きました。


Q&A

Q 教師インターンシップに参加当たって何か資格は必要ですか?
参加される方の中には、日本語教師関連の資格(420時間、検定試験など)をお持ちの方や、教職免許をお持ちの方、英語の資格をお持ちの方等、いろいろな方々がいらっしゃいますが、必ずしも何か資格がないと参加できないわけではありません。必要な事は、明るさや、やる気や適応力です。但し、この活動をする以上、教育に関して興味を持つことは必要です。
Q 派遣インタビューはどのようなことを行いますか?
全てのインターンシッププログラムにおいて、事前に派遣インタビュー(無料)を受けて頂きます。派遣インタビューは、プログラム参加の動機・目的、派遣先へのご希望、プログラムを通じてできる事などをお伺いするもので、試験ではありませんので、お気軽に受けて頂くことが出来ます。しかし、このプログラムに参加するにふさわしくない方に関しては、ご参加をお断りする事もあります。
Q 英語が全く話せませんが、参加することは可能でしょうか。
インターンシッププログラムによって、参加に必要な英語力に関しては異なります。アジア圏の教師インターンシップは日本語を使っての活動なので英語力は不要ですが、その他のものは基本的に一定の英語力が必要です。プログラムによってその程度は異なるので詳しくはどうぞお尋ねください。ただ、参加にあたって一番必要なことは英語力よりも、志望動機ややる気、目的、そしてそれを生かしてどうされたいかのビジョンなどです。そのことは少なくともしっかりと持ってインタビューに臨んでください。
Q活動後のサポートはどのようなものですか?
進路相談はもとより、日本帰国後の就職のサポートも行なっています。経験を積むことができるインターンシップは、そもそもこの就職に向けてのステップの一つであり、それに向けてのサポートを万全に行っています。就職に必要なTOEICの点数取得のための集中講習開催や公式テストセンターとしての役割、帰国後に英語環境で働ける仕事紹介に特化した人材紹介会社としての機能、全国展開する英会話学校への就職サポート、日本・海外での日本語教師としての就職先サポートなど、多種にわたって、就職までの準備や就職そのもののサポートをっびは行っています。必要なものをどうぞお気軽にご利用下さい。