日本語教師養成講座420時間通信講座を提供。その後はオーストラリアの有給インターンシップでキャリアアップ。世界で就職のサポート

日本語教師養成講座 通信講座


通信で日本語教師養成講座

すべてが分かる お薦めコンテンツ

通信で取得できる!世界どこでも日本語教師養成講座

POINT!
・通信でも認められている420時間の資格!
・年齢・学歴・職業など不問!どなたでも受講可能
・リーズナブルな受講料!もちろん手数料無料
人気Best3!
No.1 オール通信で受講
No.2 受講後、有給日本語教師インターン
No.3 前半通学⇒後半通信で受講

通信で日本語教師養成講座

養成講座空き状況

世界のどこにいても日本語教師になれる!
通信講座で日本語教師養成講座420時間の資格を取得!!

日本語教師ネットワークでは、世界中のどこにいても日本語教師になるための日本語教師養成講座420時間を通信講座で提供しています!この日本語教師養成講座通信で日本語の教授法を習得すれば世界のどこにいても日本語を教える事ができます。

日本国内外に住む日本語教師を目指す方や、時間的制約などで通学ができない方に、この日本語教師養成講座通信講座420時間は大変お薦めです!また、この養成講座は、日本を含め世界中のどこにいても受講できる通信講座で、年齢や学歴など受講条件は特にありません。

この講座の前半部分では、日本語教授法の基礎を学びます。そして、外国人から見た日本語文法と英語を媒介語にしたインダイレクト・メソッド(間接法)のエッセンスを学習することも特徴です。これはダイレクト・メソッド(直接法)と異なり英語話者を対象にした教授法で英語を母国語とする人に最適な教授法です。ちなみにこの教授法で日本語を教授できる教師は日本でもあまりいないのでこのスキル習得には希少価値があります。もちろんダイレクト・メソッド(直接法)も学習しますので前半は両方の教授法を学習することになります。

後半の講座は、オリジナルテキストに沿って学習し、毎回課題のワークシートを提出して頂きます。毎回、養成講座担当講師から添削とコメント・評価を受けます。そして、ほとんどの章の最後には日本語教育能力検定試験の対策問題集を設けています。これは必須ではありませんが、日本語教育能力検定試験合格を目指す方にも適した養成講座内容としています。それから日本語教師養成講座通学講座の講義を収録したDVDと通学講座用のテキストを加えることによって、日本語教師養成講座の通学と同等の講義を聴講できるようにしています。

この日本語教師養成講座通信の特徴は、学習場所を選ばない、学習時間及び時間帯を選ばない、受講ミスがない、個別の質問ができる等が挙げられます。

また、通信講座の教材は学習しやすいように、オリジナルに開発されたものです。内容の質、ボリューム、学習しやすさ、実用性等々、海外における長年の日本語教育経験と研究のエッセンスを盛り込んだ内容としています。

さぁ、あなたも資格を取って、日本語教師に!世界のどこででも指導が出来ます!!

日本語教師ネットワークが行っている、日本語教師海外派遣プログラムに行く前にも活動中でも勉強することができます。ご自身の希望するスタイルで是非挑戦してみてください!

BBIの立場

BBI日本語教師ネットワークでは、シドニー、通信、メルボルン、サンシャインコーストの4つ講座計5つのコースの日本語教師養成講座を紹介しています。シドニーの講座はBBIが運営する講座、他の講座はエージェントとして紹介をしますが、どの日本語教師養成講座も熟知しており、それぞれの講座の重きをおかれた点、特長などを知っています。BBIはいずれかに偏ることなく、あくまでも第三者的立場に立ち、ご要望をお伺いしてそれぞれのポイントをアドバイスさせて頂いています。何がご自身に合っているかどうぞご相談下さい。また、詳しい養成講座内容は以下の項目をクリック下さい。尚、資格取得後の進路、就職なども真剣に取り組んでいますので、お気軽にお問合せ下さい。尚、420時間の資格取得⇒有給インターンシップ参加など、「資格取得」+「実践経験」を組合せてキャリアアップを図ることも可能です!尚、BBIのプログラムを組合わせた場合は、BBI組合せ割引が適用となりますので、どうぞご利用下さい。

通信で日本語教師養成講座 プログラムの特長

プログラムの特長

  • 2つの受講方法: オール通信で受講する方法と、前半を通学で後半を通信で受講する方法があります。どちらも終了すると同じ420時間の資格です
  • 学習場所を選ばない: 日本国内、世界のどこにいても受講可能、添削結果もどこにいてもお届けします
  • どなたでも受講可能: 年齢、学歴、職業、日本語教師の経験など不問、どなたでも受講できます
  • 受講期間: 自分のペースで受講が可能。平均すると半年間〜1年間で修了が一般的
  • 安い授業料: 授業料はわずか1740豪ドル!(例:1豪ドル80円のとき139200円)日本の養成講座機関の約1/4〜1/3程度の費用で資格が取得できます
  • 充実した教材・教本・DVD: 20年以上歴史のある学校でその都度、受講生のために改訂をしてきています。内容が濃く、即日本語教師として活用できる日本語学習者用の教材もあります
  • 質の高い添削内容: 質が高くボリュームのある添削内容。懇切丁寧に解答しますので学習者の意欲を引き出します
  • 正規な420時間修了証発行: 全ての課題(全20課題)を提出することで420時間の修了証を発行
  • 修了率: 通信講座でありながら驚異の80%以上の修了者を輩出
  • 派遣プログラムと組合せ: 受講と並行して又は受講後にキャリアアップのための経験の場を提供しています

こんな方にお薦め

通信日本語教師養成講座 プログラムの特徴
  • 将来、日本語教師を目指している方
  • 日本や日本語、日本文化を外国人に教えることに興味のある方
  • 直接法、間接法の両方を習得したい方
  • リーズナブルに420時間の資格を取得したい方
  • 海外において現役の日本語教師だが、キャリアアップとしてこの資格を取得したい方
  • 現在海外にお住まいで何かと日本を伝える機会があり本格的に勉強をしてみたい方
  • 地方や海外に住んでいるので通学して受講することが難しい方

ワンポイントアドバイス!

選べる受講方法:
この講座は、前半の日本語教師養成一般講座と後半の日本語教師養成マスター講座の大きく2つに分けることができます。また受講方法もオール通信から前半通学+後半通信という方法の選択ができます。どの方法も選択することができ、いずれの方法でもマスター講座を修了時点で420時間の資格が取得できます。
 
前半:日本語教師一般講座は通学(2週間)又は通信(約10週間)のいずれかより選択
後半:日本語教師マスター講座は通信のみ開講(5〜10ヶ月間程度)
前半+後半⇒日本語教師養成講座420時間総合講座
 
※前半をいずれかの方法で修了し、後半を修了すると日本語教師養成講座420時間の資格が取得できます
※前半のみで修了することも可能(990豪ドル、但しその場合は420時間の資格取得ではない)
※前半終了後、日を置いて後半のお申込みも可能(750豪ドル)
前半通学という選択:
この講座は、前半の一般基礎講座部分を通信ではなく通学で受講することができます。講座内容は全く同じですが、違いは講師の前で学習できるという利点があります。この講座期間中には模擬授業も行いますが、講師から直接評価を受けられるのが最大の特長です。2週間の講座期間となりますが、シドニーに渡航できるかたは、選択肢の一つとなります。
前半通学という選択(通信で通学コース)詳細は
間接法:
直接法のみ学習できる養成講座機関が多い中、間接法の教授法が学習できるのもこの講座の特徴です。しかも英語話者の視点に沿った教材作りをしており、Spoken Japanese Beginnnersの教材などは日本語学習者用の教材なのでそのまま授業に使えます。特に英語圏で日本語等を教える機会のある方にはかなり役立つ講座内容であり教材です。
目で見る教材:
創立20年以上の歴史が存分に盛り込まれている教材なので、安心して学習ができます。生徒用の教材、それに呼応した教師用の教材、知識ノウハウが満載の日本語教育全書など充実した教材を用意していますが、加えて目で見る教材も充実しています。一般基礎講座の通学のレクチャー部分を収録したDVD教材でいかに教えるかという点をレクチャー形式で学習できたり、間接法と直接法で実際にどのように教えていくかを実習生が実演しているDVDでは、実際に教える際の動き、話し方、導入の仕方、学習者との関わり方などを目で見て学習することができます。
通信修了後の就職:
通信で修了したからといって認められない講座ではありません!きちんと文化庁の指針に沿った420時間の日本語教師養成講座の資格で日本の養成講座と何も変わらない資格です。従って自信を持って就職活動をする事ができ実際に就職も国内外問わずされています。ただ、注意すべきは、採用機関によって採用条件が異なり、中には通信講座修了者を条件としていない機関もあります。JICA等の公的機関では通信修了者でも採用条件を満たしており、実際に活躍している方々もいらっしゃいますが、各機関(日本語学校など)によって採用条件は異なりますので予め確認することをお薦めします。なお、よく焦点として挙げられるのが、通信では実践的なところを十分に学習できていないのでは?と言われる点です。確かにオール通信で受講した場合は、その点を補う努力をDVD教材等を使用して、することをお薦めしますが、420時間の資格であることは変わりなくまた通学のコースだからと言って十分な実践をされているとも限らず、最終的には採用試験時の模擬授業披露等でどれだけ良いパフォーマンスが築けるかによる部分があると思います。
通信講座と海外派遣プログラム:
この実践部分に不安がある方は、講座終了後、有給インターンシップなどを利用して実践力を高めるのも一つの手です。また英語を使って日本語を指導する間接法が学習できるので、英語圏での日本語アシスタント教師の活動を並行して又は講座修了後にすることもお薦めの方法です。教材には、日本語アシスタント教師として活動するに当たって必要な、クラス内での英語の使い方、そのサンプル、具体的な指導内容、現地校の日本語教師との関わり方など細かいところまで学習することができます。いずれの方法もこの教材を大いに生かして活動してみてください。
BBIと学校との関係:
この通信講座を行っている学校はシドニーにあります。またBBIの本社もシドニーにあります。同じ日本語教育というフィールドで活動していますので、この学校の校長先生とBBIはとても良い関係を保っています。お申込み時のお問合せや講座受講中に万が一トラブルなどがありましたら、迅速に両社が対応することができます。BBIの日本の支社においては、当校が日本にないことから、代わりに講座の案内をさせて頂いています。 また、実際に教材も見ていただくことができるのでお気軽に弊社のオフィスにお立ち寄りください。

通信で日本語教師養成講座 教材一覧(全13種類)

通信講座の教材を以下に紹介します、どうぞご参考下さい。

教材
■ 主な学習内容 ■
世界の中の日本 / 日本語教育の歴史 / 国語史・日本語学史 / 異文化間教育・異文化接触 / 言語学・言語と社会 / 言語と心理/語彙・語構成 / 音声学 / 文法・文の成分・種類・談話 / 文字表記・言語に関する一般常識 / 日本語概論 / 日本語教授に関する知識と能力 / 海外日本語教師アシスタント業務のノウハウ

教材は段ボール箱に入って送付されます。大きさは、45×32×15センチで重さは5.5キロ程度です。従って結構大きく重い教材セットが届きますので、郵便事情の良くない地域によっては到着時に十分注意下さい。尚、教材発送は、基本的にお申込み時の当日か翌営業日に学校のあるオーストラリアより発送をさせて頂いております。地域によって到着する期間は異なりますが、おおよその地域はEMSでの郵送としトラッキングナンバーで追跡調査ができる様になっていますので、教材の送付状況や現在の場所などを確認することができ、万が一の不着などにも迅速に対応ができる様にしています。ちなみにオーストラリアから日本への発送はおおよそ1週間程度以内で到着しています。

※万が一送付時に教材の一部等が破損をした場合は、すぐに無料で取り替えます
※トラッキングナンバーの情報は教材発送時にメール等で必ずお伝えします
※教材の送料は授業料に含まれます(別途費用不要)
※前半の一般講座のみを通信で受講の場合は、その部分に該当する教材を送付します(重さは約2キロ程度)
※その後後半の受講を希望した場合は、その時点で後半部分の教材を送付します

教材の動画を見てみよう

この動画は、日本語教師養成講座通信講座の教材の一つ『教え方 実践収録DVD』の一部です。間接法と直接法で実際にどのように教えるかを実習生が実演してみせます。実際に教えている現場を教える項目に沿って収録したDVDですので、ご自身が実際に教えるときには、とても役立つ目で見て確認できる教材です。教える際の動き、話し方、導入の仕方、学習者とのかかわりなどを十分に学習してください。動画はその一部を紹介します。

>>もっと動画を見る

通信で日本語教師養成講座 お薦めプラン

『通信で日本語教師養成講座』と他のプログラムにはいろいろなプランや組合せがあります。ご自身の目的に沿って最適なプランを選択下さい。組合せプランを選択する場合は、組合せによる割引もあります。是非ご利用下さい。

利用可能なプラン
標準プラン
自由満載ワーキングホリデー
養成講座420時間
養成講座通信
児童英語教師TECSOL
語学学校ELS
オールイン
短期
大学コース
将来日本語教師になりたい!・・・有給インターンシッププログラムと組合せ
将来、日本語教師になりたい方に最適なプラン。ゼロからスタートでも、このプランを通じれば1年後には専任講師としてスタートすることも夢ではありません。通信講座の特徴として通信ゆえにスクーリングという講師の前で実際に授業内容を評価してもらうことができません。従って、就職活動に際してもその点を採用側から指摘されるケースもあります。その点を克服できるプランがこれ。オーストラリアの民間日本語学校では、通信講座修了者でも一講師として有給で日本語教師の活動が出来ます。この方法を利用すれば、通信にはなかった現場での経験が積め、しかも有給で活動することが出来ます。この民間日本語学校ではキャリアアップを計れることはもちろん、実践力がより身に付く事となります。この経験を経て、最近、日本の日本語学校が求める『資格+専任講師としての経験』をクリアーすることができ、日本及びアジア圏での日本語教師も夢ではなくなります。
日本語教師養成講座通信+日本語教師海外派遣⇒日本語教師
英語の環境で活動する!・・・日本語アシスタント教師プログラムと組合せ
ボランティアで日本語教師海外派遣プログラム、特に英語圏等で活動している方が、せっかくなら日本語教師の資格も取りたいとお考えの方にピッタリのプラン。この養成講座通信コースは、直接法も勉強しますが、間接法も勉強します。教材も英語の表記もあり、英語圏等で日本語教師(アシスタント教師)として活躍する方にはとても有益な内容です。ボランティアで活動中は、英語(外国語)を使った間接法で指導していきますので、まさに勉強していることがそのまま実践で使えるので、とても効果的に学べます。せっかく活動しているのなら、経験だけでは終わらせたくない方に最適のプランです。
尚、教材の中の日本語教育全書には、日本語アシスタント教師としてのバイブル本的内容が掲載されています。クラス内での英語の使い方、そのサンプル、準備の仕方、具体的な指導内容、クラスコントロール、クラスルーム英語表現集、ゲームの指示の仕方、英語での折り紙の折り方、現地校の日本語教師との関わり方など、本当に現場で使用する、携わることのほとんどが網羅された内容が掲載されています。生徒がうるさい時、生徒が反抗的な時、生徒が上手に答えた時、生徒の間違った答えに対して正しい答えに導く時など、とても実践的な英語表現が満載されています。
日本語教師養成講座通信+日本語教師海外派遣⇒目指せ!英語の達人+日本語教師
ついでに英語を鍛えたい!・・・語学学校との組合せ
この講座の前半部分を通学で受講する『通信で通学』コースとの活用。この通信で通学コースは、全講座の前半部分を通学にて受講する方法で、学校のあるシドニーで2週間参加します。この2週間で一般基礎コースを完了後、後半のマスターコースは通信で受講いただく内容です(全コース終了して420時間の資格取得)。2週間が終了しそのまま帰国することももちろんOKですが、さらに続けて又はこの講座が始まる前に、せっかくシドニーまで来るので、ついでに語学学校にて英語を勉強する活用方法です。多くの方がプラス1ヵ月間から2ヵ月間程度語学学校に通学されていますが、一般英語から、TOEICコースなど専門コースを選択してもいいと思います。もしシドニー(オーストラリア)に数ヶ月間から1年間滞在できるのであれば、ご自由に組合せてプラン立てください。尚、この語学学校を併用するプランは、観光ビザ(ETAS)で合計3ヵ月間まで、ワーキングホリデービザで合計1年間まで滞在ができるので、その間にプラン立てすることとなります。
尚、後半のマスター講座の通信部分は、いつ始めても問題ありません。2週間の通学が終了したのちすぐに始めてもいいし、日本帰国後でもいいし、語学学校通学中に受講を開始してもかまいませんし、ほかの地域に行かれてから開始しても問題ありません。こちらも自由に組み立てることができます。
日本語教師養成講座通信+語学学校
`BBIオフィス風景
具体的な日程(サンプル)として
土曜日 日本出発
日曜日 シドニー到着、その後ホームステイ先へ。
月曜日 通信で通学コーススタート
(毎日午後1時から受講開始、月曜日から金曜日毎日午後5時半まで)
学校通学中には、お電話かシドニーオフィスでオリエンテーション
2週目の
金曜日
通信で通学コース修了
翌月曜日 語学学校スタート(初日はレベルチェックテスト)ご自身の通学したい期間通学します。通常、フルタイムは週25時間、パートタイムは週15時間(午前中)授業があります
最終
金曜日
シドニー出発にて帰国か、ほかの地域へ旅行やアルバイト開始など
※滞在中は、いつでもBBIのシドニーオフィス利用可能。銀行口座開設サポート、日本語環境無料インターネット、荷物お預かり、FAX、プリンター、私書箱、生活・進学・旅行相談、携帯電話、ブロードバンドアレンジなど。

  • BBIお薦め語学学校
  • お得な組み合わせ割引
  • 英語を使って英語を教える 英語教師養成講座

通信で日本語教師養成講座 プログラムの詳細と費用一覧

参加条件

年齢 18歳以上
英語力 中学校程度の英語が理解できる方
締切 特にありません、スタートしたい時にお申込み下さい
開講日 教材が届き次第いつでもスタート可能です
受講期限 420時間総合コース3年間
基礎コース1年間、マスターコース2年間
  • ※基本的にどなたでも受講できますので、通信教育が受けられる環境であれば問題ございません。尚、インターネットを通じて課題の提出をご希望の方は事前にその環境が整っていることが前提となります。
  • ※受講期限は上記の通りですが、それ以上の期間を要したい、一旦受講をストップするなどのご希望がある場合は、お気軽にご相談下さい。内容を予めお知らせ頂ければ基本的にそれ以上になっても対応します(目安:通常は420時間総合コースで半年間から1年間程度で修了されています)
  • ※420時間の修了証は、講座を修了した受講者に対して、一般基礎講座が修了した時点でその修了証を、そしてその後のマスター講座を修了した時点で日本語教師養成420時間通信講座のCERTIFICATE(講座修了認定証)を授与します。
  • ※受講スタートは、教材が届き次第いつでもスタートできます。受講期限はお申込み日から始まります。 一般通信講座は通常10週間で修了できますが、1年の有効期限があり、マスター講座は通常5ヶ月から10ヶ月で修了できますが、2年の有効期限がそれぞれありますので余裕をもって学習できます。尚、教材は、お申込手続き終了後、おおよそ1週間程度以内に到着します(実際の到着日数は、お住まいの地域によります
  • ※この通信講座の講師は、英語圏での日本語教師指導歴20年以上の講師が中心となり、担当します。個人指導にすぐれており、受講者はきめ細かい添削指導が受けられます。また、課題や文法的なことだけでなく、日本語教授法全般に関するご質問にも丁寧にお答えします

お申込みから受講までの流れ

通信で日本語教師養成講座 お申込手続き
プログラム内容、教材内容、費用、リファンドポリシーなどを確認して受講の意思が固まればお申込下さい。具体的なお申込み方法は以下をご参照下さい。
STEP2 通信で日本語教師養成講座 受講料のお支払い
お申込みが確認でき次第、受講料のお支払いをお願いしています。受講料は、銀行口座へご送金(日本又はオーストラリア)、クレジットカード払いの3種類から選択できます。
 
日本の銀行口座(BBI日本銀行口座)へのご送金の場合
日本円換算額の例
お申込み日のレート: 1豪ドル=83.45円 (1)
受講料(オール通信): 1740豪ドル (2)
日本円換算額(ご請求額): (1)×(2)=145200円
※端数は切り捨てにしています
※オーストラリアへの海外送金約6000円はBBIにて負担します
※採用するレートは翌営業日になることもあります
お申込み日又は翌営業日に三菱東京UFJ銀行の送金レート(TTS)を基に受講料を日本円換算にしてご請求書を発行致します。ご請求書は通常E-mail添付にてお知らせしています。内容をご確認頂き問題なければ、発行日含め3日間の期限にてご送金をお願いします(為替が急激に変動する場合もありますのでご協力お願いします)。尚、オーストラリアへの海外送金手数料は頂いておりませんので、日本円換算額のみ(端数切捨て)ご送金頂く様になります。尚、ご請求書受領後、万が一お申込みをキャンセルされる場合はその旨お知らせください。
 
オーストラリアの銀行口座(BBIオーストラリア銀行口座)へのご送金の場合
お申込み日又は翌営業日に受講料そのもののご請求書を発行致します。ご請求書は通常E-mail添付にてお知らせしています。内容をご確認頂き問題なければ、発行日より1週間の期限にてご送金をお願いします。尚、この口座に海外送金にてご送金をする場合は海外送金手数料として、送金国の銀行手数料、及び着金国(オーストラリア)の銀行手数料が通常発生します。ご送金時に送金する銀行にその手数料をご確認のうえ、受講料満額がオーストラリアの口座に届くようにお手配下さい。尚、ご請求書受領後、万が一お申込みをキャンセルされる場合はその旨お知らせください。
 
クレジットカード払いの場合
クレジットカード払いご希望の方は、お申込の際にその詳細をお知らせ頂くようにしています。オンラインでお申込みであってもセキュリティーで守られていますので、その情報が他に漏れる心配はございません。適用可能なカード会社はVISAまたはMasterCardとなり、支払い回数は1〜5回まで選択できます(例:5回の場合 受講料1740豪ドル÷5回=348豪ドルが1回あたりの引き落とし額)。またクレジットカード手数料も特に頂いておりませんので受講料そのものが決済されます。また、クレジットカード決済日はお申込み日か翌営業日に対応します(複数回ご希望の場合は、1回目がその日で2回目以降は翌月の同日にて対応します)。尚、クレジット決済の場合は、お申し込み時にクレジットカードの詳細をご提出頂いた時点でお申込みとして対応しますのでその後のキャンセルは基本的にはできませんのでご注意下さい。
STEP3 通信で日本語教師養成講座 教材発送
お申込み後ご入金の確認が出来次第、教材一式を発送致します。クレジットカードの場合は、決済当日又は翌営業日に発送、ご送金の場合もご入金が確認できた当日又は翌営業日に発送をしています。
教材一式は学校より追跡確認ができるEMSにて送付させて頂きます。尚、教材の発送時にはその後の手続き案内含めてこのEMS情報をお知らせします。EMSの情報としては以下のような形でお知らせします。
○○様
発送手配日: 2008年4月△日
発送手続き場所: Artarmon Post Office NSW 2064 Australia
発送方法: EMS 
番号: EQ010□△○1852AU
追跡確認: www.auspost.com.au/track
このような形で追跡調査が出来るようにしておりますので、万が一届かない場合であってもすぐに対応をすることが出来ますので、どうぞご安心下さい。因みに郵送期間はお住まいの国によって異なりますが、日本の場合ですと約1週間以内にお手元に届くようになります。(到着日レンジ:即日〜2週間程度以内)
※教材が何らかの理由により不着であった場合、上記のEMS等で調査した上で不着と判断された場合は、再度無料で教材一式を送付します
※万が一到着後の教材が破損をしていたり、DVD教材が見ることができなかったりした場合は、すぐに無料で交換します
STEP4 通信で日本語教師養成講座 学習開始
教材を受け取ったらいつでも開始可能。学習の手引きに従って、オリジナルのテキスト、教師指導要綱、CD、DVDを使って学習を進め、日本語教授法に関する必要な知識とテクニックを身につけて下さい。尚、学習方法の一つとしてオンライン(インターネット)添削という方法があります。こちらはブラウザ(インターネットエクスプローラーなど)上でワークシートのダウンロード、課題のご提出ができます。この方法を使うとインターネットがつながっている環境であればどこにいてもご自身が普段と別の場所にいても課題の提出や添削結果を見ることができます。上記のように教材発送時にはメールでその後の手続きをお知らせしますが、その際にはこのオンライン添削もできる様にID、パスワードの発行をし、お知らせしています。大変便利な方法ですのでどうぞご利用下さい。尚、もちろんE-mail添付、FAX、郵送による課題のご提出の方法も選択できますので、ご自身に合ったやり方でご対応下さい。
通信で日本語教師養成講座 課題提出の流れ
受講は定期的に規定の課題に対するレポートをワークシートに書いて提出し、担当講師からの添削を通して個人的な指導を受けます。尚、以下のような手順でコースを進めます。
  1. (受講生) 第一回目のワークシート提出
  2. (学校) 第一回目のワークシート受取り
  3. (学校) 第一回目のワークシートの添削及び返送
  4. (受講生) 第一回目のワークシートの添削結果受け取り及びその復習
第二回目以降もこの手順で学習していき、日本語教師養成講座通信講座の前半第十回目のワークシートを提出した時点で、第十回目の添削されたワークシートと共に日本語教師養成講座一般講座の修了証が授与されます。
通信で日本語教師養成講座 420時間修了証の発行
前半部分の学習に引き続き後半の養成講座に移行して、前半の養成講座同様に第一回目からワークシートを提出し、第十回目のワークシートを提出した後に、第十回目の添削されたワークシートと共にWJLC日本語教師養成講座420時間のCERTIFICATE(講座修了認定証)が授与されます。
 
尚、目安として1日1時間30分の学習で約1年、1日3時間の学習で約半年で修了できます。また、課題提出は上記の通り全部で20回ですが、各1課題に10問の設問があり全て記述式で解答します。1課題を1週間〜10日に1回程度の提出ペースで約半年間(25週間程度)で講座を修了することができます。これがその倍程度のペースになると約1年間となります。

お申し込み方法

仮お申込ページのオンラインお申込みフォームにて送信又は、お申込み用紙(PDF)をダウンロードして、弊社宛までFAX又は郵送ください。 弊社にて確認次第必要な手続きにはいらさせて頂きます。

  • 通信で日本語教師養成講座仮お申込
株式会社 Big Bridge International
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-13-11 CHARI千駄ヶ谷3階-3
FAX: 03-5843-6731
Get Adobe® Reader
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Systems社が配布しているAdobe® Readerが必要です。
左のロゴマークからダウンロードサイト(無料)にアクセスできます。

費用詳細及びリファンドポリシー

プログラム名 期間 通常価格 費用に含まれるもの
通信で養成講座 半年間〜 1,740ドル 1. プログラム運営費
2. 入学金・教材費・添削費用
3. 修了証発行
☆オプショナル
一般講座(前半部分)受講のみも可能・・・990ドル
その後マスター講座750ドルを受講可能(全コース修了で420時間修了)
  • ※ 1,740ドルの費用には入学金、学費、教材費、管理費、実習費含みます
  • ※ 実際のお支払は日本円に換算した額をご請求申し上げます(オーストラリアドルで弊社オーストラリアの口座宛のご送金も可能)
  • ※ 尚、日本円でお支払の際には特に海外送金手数料は頂いていません ( 無料です )
  • ※以下のRefund Policyをお読み頂き問題なければお申込下さい。また、詳しい講座規約はお申込みのページに記載していますのでそちらも良くお読み下さい。
Refund Policy
原則として、受講契約成立後において、専ら受講者自身の一方的な都合等により、契約を解除することは出来ません。また、受講契約を中途解約することも出来ません。契約は受講料の入金またはクレジットカード詳細提出時に成立します。ただし、次に掲げる事項に該当するなど、当校がやむを得ない事情と認めた場合には、この限りではありません。
  • (1) 本人が死亡した場合
  • (2) 重病や事故により受講継続が不可能な場合。この場合、医者からの受講継続不可能な診断書の提出が必要になります。
前項(1)(2)において、契約の解除をする場合、契約後から契約解除までの受講料(教材費及び送料を差し引いた額)は既に行われたワークシートの添削回数分を差し引き、残額を返還します。ただし、返金に関する費用(送金料等)は全て本人の負担となります。
教材のテキスト、DVD、CDはいわばソフトであり、契約成立後では、上記1の場合を除いて契約を解除することはできません。ただし、教材等の返品については、書籍類(テキスト等)の乱丁・落丁及び視聴覚教材類(DVD・CD等)の不良品との交換の場合に応じます。
法律上のクーリングオフの適用はありませんが、上記のように書籍類及び視聴覚教材の交換には、いつでも応じます。
BBIの組合せ割引

BBIを通じて2つ以上のプログラムをご利用頂くと、その都度組合せ割引が適用となります。この組合せは、過去にBBIをご利用頂いた方、同時にお申込みになる方、将来お申込みの予定の方全ての方に適用され、2つ目(又は3つ目以降)のプログラムをお申込みの際に対応します。通信で日本語教師養成講座420時間コースとの組合せ割引は以下の通りです。

 

日本語教師養成講座(通学・通信とも)

お得な組み合わせ割引

  • ※日本語教師海外派遣プログラム(ボランティア)に参加の場合、その割引制度と併用すること可能
  • ※日本語教師海外派遣プログラムのオーストラリア・NZ短期、タイ短期、台湾、モンゴル短期(3ヶ月間まで)との組合せの場合は、1万円割引
  • ※前半の一般講座のみとの組合せ割引はありません

その他

  • 期間:日本語教師養成講座通信講座は一般的に約一年で修了できます
    (学習進度によっては半年修了も可能)
  • 評価:講座を修了した受講者へは、日本語教師養成420時間通信講座のCERTIFICATE(講座修了認定証)を授与します
  • 開講日:随時開講
    お申込手続き修了後、おおよそ1週間程度以内に教材が到着します(実際の到着日数は、お住まいの地域によります)

通信で日本語教師養成講座 通信で通学という方法

日本語教師養成講座の通信で通学コースの概要

通信で日本語教師養成講座は、通学しなくても特に実践部分で通学コースと見劣りがないように講座仕立てをしていますが、それでもどうしても通学にて実践部分を勉強してみたい方に、この通信講座の前半部分を通学で、後半部分を通信で受講できる方法を紹介します。費用はもちろん変わりません。但し、オーストラリアの本校に来て頂く必要があります。通学の期間は2週間で設定していますので、普段お仕事をしていらっしゃる方でもお休みを取って参加することもできます。なんと言ってもこの通学コースを併用するメリットは、

  • 講師から直接指導を受ける事が出来る
  • 実践部分を実践する事ができる
  • 2週間の短期間で通学部分を修了する事ができ、続きを通信で受講する事ができる

です。

以下に受講スケジュールを記載しますのでご覧下さい。尚、この通学の部分のみを受講する事も可能です(但しその場合は420時間の修了とはなりません)。ご希望者はその旨お知らせ下さいませ。

養成講座空き状況

通信で通学(2週間の通学コース)講座費用:990豪ドル
(引き続き通信で後半を受講する場合は750豪ドルが必要です(合計1740豪ドル))
期間:2週間(月〜金)週5日 全45時間 (1日4時間30分)
※お支払い方法、リファンドポリシーは上記同様
※この2週間の通学部分と後半の通信部分を終了すると420時間の資格が取得できます
※2週間の通学のみで終了することも可能(修了証発行)
※時間をあけてからご都合の良い時に後半をスタートすることも可能
※この通学の講座の前後で語学学校などと組合せてプラン立てすることも可能
開校日
2017年 日程 時間
1月9日〜1月20日 午後1時〜午後5時30分
3月27日〜4月7日 午後1時〜午後5時30分
7月17日〜7月28日 午後1時〜午後5時30分
9月18日〜9月29日 午後1時〜午後5時30分
 

通信で日本語教師養成講座 体験談

通信で日本語教師養成講座 藤林幸子さん

通信で日本語教師養成講座 藤林幸子さん
教材が届いたとき、テキストの多さに驚き、しばらくそのままにしていましたが(笑)無事に終了することが出来てとても嬉しく思います。通信のメリットは、やはり自分の好きな時間に自分のペースで受講できるという点ですが、その半面しっかりスケジュールをたてて進めていかなければ続けていくのが難しくなるかも知れません。わたしも性格上、通信はどちらかというと不向きなのですが、こちらの講座はその心配が全くありませんでした。それは担当してくださる先生の迅速、且つ丁寧な対応です。今まで勉強してきた中で、これほど楽しく一生懸命になれたものはなかったと思います。

通信で日本語教師養成講座 由美子 Y Chanさん

通信で日本語教師養成講座 由美子 Y Chanさん
この通信講座を受講して特に印象に残ったことは初めは、きちんと続くか心配もありましたが自分のペースで受講でき、迅速に回答を頂いてメールでのやり取りは距離を感じさせずに学習することができました。単に日本語を教えるだけと感じがちだったですが、それだけではなく学習者に対してどのように教えればよいのか丁寧に説明されていたので教授法もしっかりと学べたことに感激しました。


通信で日本語教師養成講座 Q&A

Q通信でも日本語教師養成講座420時間の資格として認められますか
はい、通信講座でも420時間の資格として認められています。日本語教師養成講座に関して唯一公的に指針を示しているのが、文化庁です。その文化庁からは、民間の日本語教師養成講座に関して、その受講手段・方法において通学か通信の必要がある等の通達や指導はありませんし触れられていません。つまり民間教育機関への運営に関する介入はしないというのが文化庁のスタンスです。この通信講座は、この講座を希望される講座受講者が、地理的に時間的に、または経済的に通学する事が不可能な方でも同様に学習機会を得れる様に開講されています。上記の様に指導方法の手法に制限はないので、無効ではありませんし、どなたでも受講できる事も配慮した方法が通信講座となります。また昨今では、大学等、高等機関でも通信で学習できる方法が導入されていますので間違った学習方法でもありません。また、公的機関のJICAや民間日本語学校においても通信出身者であっても日本語教師として就職がなされています。その意味からも420時間の資格であることは変わりなく、他機関と同様に、日本語教師養成講座420時間を受講するに当たって選択肢の一つの講座となります。
Q学習ペースを教えて下さい、1日どれくらい勉強すればいいのですか
早い方で半年、通常は1年ぐらいで修了されている方が多いようです。この講座は、全20回のワークシート(課題)の提出があります。前半の一般講座で10回、後半のマスター講座で10回のワークシート提出がありますが、1週間〜10日に1回程度の提出ペースで約半年間(25週間程度)で講座を修了することができます。これがその倍程度のペースになると約1年間となります。また、1日の学習時間で考えた場合は、大よそですが、1日3時間程度の学習で約半年間、1時間30分程度の学習で約1年間で修了することができます。あくまでもこれはサンプルであり、個々のペースで異なりますので、ご参考、目安としてお考え下さい。尚、学習は、どんなに早くても半年間は必要となります。
Q日本語教育能力検定試験対策になりますか
はい、なります。特に後半部分のマスター講座で検定試験の準備・対策となるような問題も織り交ぜて指導して行きます。就職に関して言えば420時間の日本語教師養成講座の修了プラス検定試験の合格は大変有利となります。日本語教育能力検定試験は、1987年から毎年1回10月に日本国内だけで行われている(財)日本国際教育支援協会認定の試験です。毎年現役の日本語教師も含め6,7千人が受験していますが、合格率は18%前後でかなりの難関です。合格率からも分かるようにそれ相応の専門知識が問われ、筆記と聴解試験のみで進めていきますが、実際に日本語教師として指導していたり、その養成講座を修了していることにより解答ができる設問もあります。従って、検定試験対策が含まれている、この日本語教師養成講座420時間の資格取得後にこの試験に臨むことはとても良い方法で、是非お薦めしたい対策です。また、実際にこの講座修了生も数多く合格しているので実績もあります。
Q間接法と直接法に関して
日本にある日本語教師養成講座420時間は、日本語を使って日本語を指導する直接法のみ指導されています。ところがこの講座は、英語を使って日本語を指導できる間接法に関しても学習できるので、この2つの方法を知っていれば世界のどこにいても指導することができます。直接法は、基本的日本語のみで指導するので、日本語が持っているそのもののニュアンスや感じ方を伝えることに適していて、中級以上の日本語学習者に向いた手法です。一方初級の日本語学習者にとっては、いきなり日本語オンリーで指導されるのはなかなか理解が進みません。英語などその現地の言葉で指導するほうがより理解が深まることがあります。そのことができるのがこの間接法です。よって、両方の指導方法を身につけていると誰にでもどこででも指導することができます。尚、この教材には日本語学習者用のテキストも含まれていますので、それを使って受講中もすぐに指導することもできます。
Q修了率が80%以上、毎年200名以上の方が受講をスタートしています
通信講座であるにもかかわらず修了率が80%以上と驚異の修了率となっているのもこの講座の特長です。通信講座は大学等でも採用している現在では広く一般的に認められた学習方法の一つです。一方、通信講座で学習できる内容は、英語、ペン字、書道、クラフトなど多種類に亘り、多くの内容で通信講座が運営されていますが、修了率は一般的に10%台と言われています。それに比較したときにこの80%以上の修了率は、破格の数字でこの講座を自信を持ってお薦めできるポイントの一つとなります。体験談等によると、これは、講座内容が優れていること、工夫されていること、添削講師の質が高くボリュームのある添削内容、学習を継続させる工夫、講師の熱い指導力や想い等と言われています。『こんなに楽しんで学習したことはこれまでなかった!』とおっしゃって頂くように皆さん充実して学習ができているようです。尚、毎年年間200名以上の方がBBIを通じて受講をされている事からも安心してお薦めできる講座だと思います。

こんなことが確認できます!通信で日本語教師養成講座Q&A

1.お申込み方法、その後の手続き、教材が届くまで
この講座のお申込み方法を教えてください / 申込み後はどうしたらいいですか / 追跡確認に関して教えてください / どれくらいで到着しますか
2.受講料、お支払い方法、解約について
各コースの受講料を教えてください / 教材送付や、課題提出に掛かる費用はありますか / 受講料はどんな支払いの仕方がありますか(銀行口座送金、クレジットカード決済) / どの支払い方法が一番お得ですか / クレジットカード決済時のレートを教えて下さい / 解約はできますか / この講座は他の420時間の資格取得コースと比べて低料金ですが、大丈夫ですか / 厚生労働省の教育給付金の対象になってますか
3.受講条件、受講の流れ、コースの選択、有効期限について
この通信講座の受講条件を教えてください / 受講に当たって英語力は必要ですか / いつスタートすればいいですか / 受講に当たって有効期限はありますか / 学習ペースを教えて下さい、1日どれくらい勉強すればいいのですか / 受講の流れを教えて下さい / 課題提出(添削)方法を教えて下さい、またインターネット添削って何ですか / 受講中に受講(課題提出)方法の変更は可能ですか、また引越しした場合はどうなりますか / 受講コースの選択の仕方教えて下さい
4.通信で通学という方法
「通信で通学」コースに関して教えて下さい / 「通信で通学」コースのメリットを教えて下さい / 「通信で通学」コースの費用に関して教えて下さい
5.教材、添削サンプル、修了証について
この講座の教材について教えて下さい / 添削のサンプルを見ることはできますか / 修了証はどのようなものですか
6.この講座の特長について
この講座の特徴について教えて下さい / この講座の課題提出はテスト形式ではなく全て記述式ですが、どうしてですか / 日本語教育能力検定試験対策になりますか / 間接法と直接法に関して / 修了率が80%以上、毎年200名以上の方が受講をスタートしています
7.日本語教師養成講座420時間の資格について
通信でも日本語教師養成講座420時間の資格として認められますか / 日本語教育振興協会などに加盟していない日本語教師養成講座機関での420時間講座は無効ですか / 通信講座NAFLと違うのですか / 通信講座と通学の違いについて教えて下さい / 日本語教師の資格について教えて下さい
8.通信講座の活用方法について
有給インターンシップとの組合せ / 英語の環境で活動する!アシスタント教師プログラムとの組合せ / ついでに英語を鍛える、語学学校との組合せ
9.就職について
通信講座で420時間の資格を取得しましたが、就職できますか / 就職サポートはしていますか