BBI日本語教師ネットワークは日本語教師養成と日本語教師海外派遣の専門店 日本語教師養成講座の資格取得、ボランティア、有給で働く、求人情報を提供

有給で働く オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム

教えることに自信をつける!オーストラリアで有給日本語教師

海外派遣空き状況

BBI日本語教師ネットワークの有給日本語教師インターンシップで一番人気なのがこのオーストラリア。将来、本格的に日本語教師になりたいと思っている方にイチオシのプログラムです。派遣先は、オーストラリアの民間日本語学校になります。

特に、資格を持ったものの「教える自信がない」、「教える経験をもっと積みたい」と考えている方には最適のプログラムです。それはこのプログラムには唯一、指導力を上げるてっていしたトレーニング期間があるからです。その期間は無給となりますが、専任講師がきちんとついて、教案チェック、模擬授業への評価、授業の見学、勉強会など徹底的に教えることに関して3ヶ月間トレーニングを積んでいただきます。

その上で、有給に移行し、ご自身のコマを与えられます。平均して週に10コマは担当を持たされるので、研修内容を生かしてぜひ実戦経験を積んでください。

さらに、特徴的なのが、最大2年間の活動(滞在)が可能です。オーストラリアはご存知の通りセカンドワーキングホリデーと言う制度があり、最大2年間ワーキングホリデーメーカーとして滞在できます。この制度を利用して最大2年間の滞在の間に1年半以上の活動をしていくことが可能です!このプラン立てもオーストラリアのみの特長です。

オーストラリアの日本語学習者数は世界で第4位で(2012年現在)、欧米圏ではダントツです。その背景や純粋に、日本のアニメやゲーム、日本食に代表されるような日本文化の根強い人気、また、日本や日本語自身に興味がある人やビジネス上で日本語が必要な人がたくさんいます。

BBI日本語教師ネットワークでは、そんな民間の日本語学校で一講師として活動頂ける方を募集しています。こちらのプログラムは、将来、本格的に日本語教師を目指している方にピッタリのプログラムです。民間日本語学校ですので、アジア、日本で主に採用されている「直接法」を使って日本語教える指導方法なので、日本、アジアで活躍したい方にはお薦めですが、生活環境はオーストラリアと言う英語環境であり、将来の自分の生徒になりえる国籍(バックグラウンド)の方も多い移民の国という環境を利用して、いろいろな方々と自然と接するチャンスが多いことは、将来の日本語教師と言う仕事にもかなり役立つ副次的な効果も期待できるプログラムです。

参加条件は、日本語教師関連の資格を持っていること、オーストラリアのワーキングホリデービザが取得できることです。

有給オーストラリアで日本語教師派遣インターンシップ お薦めプラン

利用可能なプラン
標準プラン
自由満載ワーキングホリデー
養成講座420時間
養成講座通信
児童英語教師TECSOL
語学学校ELS
オールイン

オーストラリアは、受入れ環境が整っているので海外派遣プログラムのみの参加でも十分に目的を果たすことができます。一方、環境が整っているだけにより効果的にいろいろなプランを組合わせることも可能なのがオーストラリアの特徴です。尚、組合せプランを選択する場合は、組合せによる割引もあります。是非ご利用下さい。

有給で働く オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム お薦めプラン有給で働く オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム どのプラン?

最大2年間活動したい!
標準プランJAT
オーストラリアでは、ワーキングホリデービザの制度を使って、最大2年間の滞在が可能です。その制度をうまく利用してこの有給日本語教師の活動を最大1年半から1年9ヶ月間くらい(活動方法により活動期間は異なる)できます。これだけ、しっかりと専任講師の下、同じとろろで活動できると言うことはかなり深い指導方法を身につけることができます。したがって、本格的に将来、日本語教師をまじめに目指している方にはとてもお薦めなプランです。
サンプルプラン
1. オーストラリアの民間日本語学校で一講師として活躍(有給)9ヶ月間活動
 ⇒ 2.セカンドワーキングホリデー取得のためにフルーツピッキング3ヶ月間
  ⇒ 3.再びオーストラリアの民間日本語学校で一講師として活躍(有給、最大12ヶ月間)

日本語教師養成講座を取得して日本語教師へ
日本語教師養成講座420時間
シドニーの日本語教師養成講座でまずは資格取得するところからスタート。模擬授業が多く、実践力がつくことから、修了後はすぐにでも一日本語教師として活躍できる素養を身に付けられます。ただ、経験をもっと積みたい方は、有給インターンシップを利用することをお薦めします。学校では、一講師として活動いただきますが、先輩講師などから常に、指導やアドバイスを受けられます。いきなり本格的に日本語教師をスタートすることに抵抗があったり、より自信をつけて将来に備えたいと思っている方は、このプランがお薦めです。最大9ヶ月間インターンシップとして活動できます。※ワーキングホリデービザが取得できることが条件
サンプルプラン
1. シドニーで日本語教師養成講座420時間受講(11週間)
  ⇒ 2. オーストラリアの民間日本語学校で一講師として活躍(有給)最大9ヶ月間活動可
※通信で日本語教師養成講座を終了した後にも同じプランでこの活動ができます。

英語もしっかり勉強したい!
語学学校 ELS
せっかくオーストラリアに行くので、有給インターンシップ参加と英語力を身に付けることも可能です。有給インターンシップの前後で組合わせることが可能。民間日本語学校では基本的に日本語を使って指導する直接法を採用していますが、生徒はオーストラリア人ですので、英語を使いながら指導することの方が伝わりやすいこともあります。その際にはある程度の英語力があると大変役立ちますが、その英語力をつけた上で、有給インターンシップに参加するとより効果的かもしれません。
サンプルプラン
1. シドニーの語学学校で3ヶ月間勉強 ⇒ 2. オーストラリアの民間日本語学校で一講師として活躍(有給)最大9ヶ月間活動可


プログラム詳細と費用

有給で働く オーストラリアで日本語教師海外派遣 プログラム詳細

有給で働く オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
派遣先 :
民間日本語学校
派遣地 :
オーストラリア
派遣時期 :
毎月月初に派遣開始
応募締切 :
ご出発の2ヶ月前程度
応募資格 :
年齢・・・24歳以上(23歳以下の方はご相談下さい)
学歴・職歴・・・高校卒業以上
英語力・・・TOEIC400点程度以上(目安)
日本語教師関連の資格保持・・・要
日本語教師として教壇に立つ覚悟と意欲を持つ方
応募方法 :

ビザ:
ワーキングホリデービザ
パンフレット:
プログラムパンフレットダウンロードPDFファイルが開きます

有給で働く オーストラリアで日本語教師海外派遣 プログラム費用

派遣先 期間 通常価格 費用に含まれるもの
民間日本語学校 6ヶ月間 228,000円
  1. 1. プログラム運営費
  2. 2. 出発までのサポート
  3. 3. ビザ取得サポート費用
  4. 4. オリジナル教材費
  5. 5. 現地サポート費
  6. 6. TOEIC2回受験無料(6ヶ月間以上の参加の場合)
  7. 7. 帰国後の就職サポート
9ヶ月間 258,000円
12ヶ月間 288,000円
15ヶ月間
以上
318,000円
◆他のプログラムと組合せの場合割引あり
日本語教師海外派遣プログラム+日本語教師養成講座(通学・通信とも) ・・・ 2万円割引
日本語教師海外派遣プログラム+児童英語教師 ・・・ 2万円割引
日本語教師海外派遣プログラム+幼稚園ボランティア ・・・ 2万円割引
<その他注意事項>
・ 上記参加費用には参加登録費5万円が含まれます
・ オーストラリアの有給コースは割引は適用しません
・ 最初の3ヶ月間程度は無給インターンシップ期間
・ その後有給インターンシップに移行(支給額:平均18ドル/時間)※能力により多少異なる
・ 急激な為替の変動等で予告なしに費用が変更となる可能性もあります

体験談

オーストラリア 民間日本語学校9ヶ月間 A.Nさん

オーストラリア 民間日本語学校9ヶ月間 A.Nさん
オーストラリアという国も、私自身とても気に入っています。親日的な雰囲気は居心地が良く、また英語圏でこれだけ日本語教育が盛んな国はないので、英語力を向上させたい方には最適でしょう。「一生懸命する」このことだけを胸に頑張ってきたこの9カ月間。全てがこれからの自分の人生につながる意味ある経験だったと今では思っています・・・


Q&A

Qインターンシップをしながら他でアルバイトなど可能ですか。(日本食レストラン等で)
ワーキングホリデービザでご参加されますので、アルバイト自身をしていただくことは可能です。ただ、学校も忙しいので、体力と時間に余裕があるようであれば、可能です(但し、校外での日本語教授は禁止しています)。ただ、現実的には、学校の活動をしながら他でアルバイトをするのは、かなり大変ですのでお薦めはしていません。
Q語学学校に通うことはできますか?
はい、できます。但し、他校の語学コースを受講される場合、当校でのインターンシップはパートタイム扱いとなる可能性もあります。その際は、無給インターンシップ期間が長くなります。
Q実際に授業に出る前にまたその後でも指導方法の指導を受けること出来ますか?
はい、無給インターンシップ中に『みんなの日本語』T・U 50課分またはそれ相応の教案が書けて、それを元に授業ができるように指導します。また、無給インターンシップ中に行った授業については全て、フィードバックをしています。有給インターンシップに移行後も全員の先生が参加する勉強会で授業での教え方やその他の疑問点などを解決していきます。また、質問があればその都度、対応しています。

有給で働く オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム お薦めコンテンツ

有給で働く オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム お薦めコンテンツ
・ 養成講座を取得後に有給インターンシップに参加する
・ オーストラリアで日本語教師になるには
・ ワーキングホリデービザで参加するときの注意点
・ 活動修了後のビザの切り替え