BBI日本語教師ネットワークは日本語教師養成と日本語教師海外派遣の専門店 日本語教師養成講座の資格取得、ボランティア、有給で働く、求人情報を提供

日本語教師海外派遣ボランティア アメリカ

アメリカで日本語教師ボランティア 憧れの国アメリカ

海外派遣募集状況

日本のバブル期の1980年代以降、ビジネスや雇用機会の拡大のためにアメリカでは日本語の学習者数が増加する日本語ブームの現象がありました。しかしバブル崩壊とともに日本語熱も徐々に冷める傾向にあり、今ではビジネス関係で日本語を勉強する機会は少なくなってきているようです。

一方、最近ではジャパニメやゲームなどを通じて日本の文化が主に若年層に普及してきている傾向で、年少者層で再び日本語学習に興味を持つ学生が増えています。

アメリカの日本語教育は小学校から大学までの学校機関で主に行われ、アジアに良くあるような日本語の語学学校で学んでいる人はあまりいません。地域的には全米において学習されていますが、主に西海岸、ニューヨークを中心とした東海岸、そしてシカゴを中心とした中西部の地域や日系企業を誘致している地域等で学ばれています。

そういった環境の中で行う、このアメリカで日本語教師ボランティアプログラムは、主にアメリカのハイスクールで日本語ボランティア教師として活動頂きます。日本語教育に熱心のため、日本人日本語教師も多く、クラスではできるだけ日本語を使う事としている学校も多いですが、基本的には英語を使った間接法の手法を取り入れているので、副次的な効果として実践的なアメリカンイングリッシュが身に付きます。従って、英語習得を目指した留学の手段の一つとして、この留学先として1番人気のあるアメリカで日本語教師ボランティアプログラムを選択する事も一つの方法です。

アメリカで日本語教師海外派遣ボランティア プログラムの特長

ここがアメリカで日本語教師ボランティアのポイント

アメリカで日本語教師ボランティアの特長
  • より高い英語力を身に付けたい方に最適な環境
  • 日本人に親しみやすいアメリカンイングリッシュの環境
  • 自立心があり積極的でパイオニア精神がある性格がアメリカでの成功の秘訣
  • 日本人日本語教師の学校もあるので、英語力に自信がなくても参加OK
    (クラス内では多くの日本語を使うこともあります)
  • ハイスクールへの派遣が中心
  • 日本語教師養成講座(通信)の資格と組み合わせること可能
  • 日本語教師の活動が未経験でもOK
  • とにかく海外生活を楽しみたい方
  • 実践的な使える英語を身に付けたい方
  • 現地の地域に深く関わり長期に渡って海外生活をしたい方
  • アメリカが好きな方

アメリカで日本語教師派遣ボランティア お薦めプラン

利用可能なプラン
標準プラン
養成講座通信

アメリカは、日本語教育環境が整っている派遣国の一つです。英語力はあるに越したことがありませんが、アメリカの特徴として日本人日本語教師がいる学校が全体の半数を占めるので英語に自身がない方でも参加できるのが特徴です。そんな環境下でアメリカで日本語教師ボランティアプログラムのお薦めのプランは以下の通りです。

お薦めプラン日本語教師海外派遣のどのプランが合っているかな

お薦めJAT
JAT
日本語教師ボランティアの活動のみのプラン。英語に自信のない方が、使える生の英語力を身に付けるのに最適なプランです。上記の様に日本人講師のいる学校に派遣された場合、英語にもし躓いても先生がサポートしてくれます。従って英語に関して安心の環境で、活動を続けることができ、一方で、他のスタッフや生徒は基本的にネイティブなので、英語の環境にドップリ浸れます。授業は英語を使っての間接法も取り入れているので、自らが英語を発しないと授業が進みません。従って、使える英語が伸びる環境に身をおくこととなります。
サンプルプラン
1. ポートランドのハイスクールで1学期間派遣プログラムに参加

お薦め養成講座
養成講座420時間
海外で日本語教師になりたい方に最適なプランです。通信教育でアメリカで活動をしながら日本語教師の資格を取得するプラン。通信講座は間接法も勉強できるので、アメリカでの活動時の間接法での指導に大いに役立ちます。指導方法を勉強しながら実践を行うこのプランは、将来日本語教師になるためにはとても効果的な方法です。もちろん直接法も勉強できるのでアジア圏や日本での就職にも役立ちます。半年間程度で修了できるので、2学期間以上の参加中に取得されることをお薦めします。
サンプルプラン
1. ウィスコンシン州で日本語教師の活動 = 2. 同時に養成講座420時間通信受講(約6ヶ月間から)


プログラム詳細と費用

アメリカで日本語教師海外派遣 参加条件

プログラム詳細
派遣先 中・高校
派遣地 全土に亘って派遣(日本語教育に熱心な州中心)
派遣時期 毎年9、1、3月
応募締切 上記順に4月末、前年8月末、前年10月末
応募資格 年齢・・・20歳以上
学歴・職歴・・・不問
英語力・・・TOEIC500点程度以上(目安)
ビザ 観光ビザ

お申し込み方法

日本語教師海外派遣インタビューのオンラインお申込みフォームにて送信又は、派遣インタビューお申込み用紙(PDF)をダウンロードして、弊社宛まで郵送ください。弊社にて確認次第、派遣インタビューの日時を決定していきます。派遣インタビュー実施後合格となられた方は、その後の案内に従って、期日まで参加お申込書等のご送付及び参加登録費(参加費用に充当)のご入金をお願いします。その後の手配の関係上、通常合格のご連絡から2週間程度の期日でお願いさせて頂いています。正式にご参加頂きましたら、派遣校の手配を開始させて頂きます。

  • 日本語教師海外派遣インタビューお申し込み

株式会社 Big Bridge International
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-13-11 CHARI千駄ヶ谷3階-3
FAX: 03-5843-6731
Get Adobe® Reader
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Systems社が配布しているAdobe® Readerが必要です。
左のロゴマークからダウンロードサイト(無料)にアクセスできます。

アメリカで日本語教師海外派遣 プログラム費用

派遣先 期間 通常価格 費用に含まれるもの
中・高校 3ヶ月間 300,000円
  1. プログラム運営費
  2. 出発までのサポート
  3. ビザ取得サポート費用
  4. オリジナル教材費
  5. 日本出発前の準備研修費
  6. 現地サポート費
  7. 修了証発行
  8. 帰国後の就職サポート

その他注意事項

上記参加費用には参加登録費5万円が含まれます
参加学期ごとの定員制となっていますので、定員に達した場合は締切日前に募集を打ち切らせて頂く事がございます
急激な為替の変動等で予告なしに費用が変更となる可能性もあります
BBIの組合せ割引

BBIを通じて2つ以上のプログラムをご利用頂くと、その都度組合せ割引が適用となります。 この組合せは、過去にBBIをご利用頂いた方、同時にお申込みになる方、将来お申込みの予定の方 全ての方に適用され、2つ目(又は3つ目以降)のプログラムをお申込みの際に対応します。 アメリカで日本語教師海外派遣プログラム(ボランティア)との組合せ割引は以下の通りです。

 

日本語教師海外派遣プログラム

お得な組み合わせ割引

     ※日本語教師海外派遣プログラム(ボランティア)に参加の場合、その割引制度と併用
      すること可能

体験談

アメリカ オレゴン州 ポートランド 私立セカンダリー(中高校)1ヶ月間 松田悦子さん

アメリカ オレゴン州 ポートランド 私立セカンダリー(中高校)1ヶ月間 松田悦子さん
日本に興味をもっている生徒さんが、一生懸命日本語をはなそうとしてることがとてもうれしかった。なにより、日本語の先生がとても教育熱心で、積極的になんでも取り組もうとする姿勢が生徒さんにも伝わっている事に感心した。授業が終わった後、放課後でも勉強をしようという生徒さんがいれば、丁寧に向き合ったり、年に一度のイベント「日本語スピーチコンテスト」では、小さいお子さんがいるのにもかかわらず、夜電話での練習まで。

アメリカ オレゴン州 ポートランド 私立セカンダリー(中高校)1学期間 山中彩さん

アメリカ オレゴン州 ポートランド 私立セカンダリー(中高校)1学期間 山中彩さん
今月で印象に残ったことは演劇部のミュージカルを見たことです。私も高校時代演劇部だったのですが、この高校の劇は本当に何から何まで本格的で日本の高校演劇のレベルのはるか上を行っていました。衣装、音楽、人数、、、たくさんのボランティアもいて、お客さんも多かったし、学校全体で創っていました。日本では演劇部は個性的な人間の集まりであることが多いからか疎外される事が多いので羨ましいです。


Q & A

Q滞在先はどのようなものですか?
ほとんどの場合、学校関係者宅(教師宅、生徒宅や学校の寮等)に滞在して頂きます。但し、学校の関係者で滞在先が確保できない場合は、現地事務所がホームステイ、アパートなどを手配いたします。尚、滞在費用は直接滞在先にお支払頂きます。また、派遣校を通じて滞在先を決定するので、滞在先の人種、家族構成、地域など指定する事はできません。尚、アメリカの場合は、この滞在費用に特徴があります。なんと月200ドルで毎日3食付で滞在することができる学校があります。この滞在費用は全派遣プログラムの中でい一番安い費用ですが、そういった派遣校もあるのがアメリカの特徴です。
QJ1ビザ取得時のサポート内容を教えてください。
アメリカで2学期間以上参加の場合はJ1ビザの取得が必要です。このJ1ビザは最終的にアメリカ大使館で移民官との英語の面接がありそこで取得できるかどうかが判断されます。その面接では答え方に注意を払う必要があり準備をしないとマイナスなイメージを与え取得に影響を及ぼします。従って、予め準備するために模擬面接を3回まで無料で受けて頂くことが出来ます。この練習により本番できちんと英語で応対できるように訓練します。最終的にはその面接が鍵となるのでこのサポートは大いに役立つと思います。尚、それでもJ1ビザが取れなかった場合は救済措置としてカナダに最大同期間参加して頂くことも可能です。しかも追加費用は特に要りません(カナダのビザ申請費は別途)。このように万全の体制でアメリカへの派遣プログラムを運営しています。

アメリカで日本語教師海外派遣プログラム お薦めコンテンツ

アメリカで日本語教師海外派遣プログラム お薦めコンテンツ
・ アメリカの派遣校紹介
・ アメリカの活動報告・現地情報
・ アメリカならではの特徴
・ お薦め!養成講座通信講座で間接法も勉強しながらアシスタント活動
・ アメリカで日本語教師になるには
・ J1ビザについて
・ アメリカ派遣の救済措置