BBI日本語教師ネットワークは日本語教師養成と日本語教師海外派遣の専門店 日本語教師養成講座の資格取得、ボランティア、有給で働く、求人募集就職情報を提供

健康診断について

BBIの日本語教師海外派遣プログラムで海外渡航をする場合、派遣国によって健康診断を受診しなければいけない場合があります。ほとんどが、学校関係で活動し、子供たちと接する機会がある方対象に主に感染症の疾病がないかどうかを確認するために行われます。また、こちらはビザ取得に対してクリアーであることが条件の場合もあります。現在のところ同プログラムにおいて健康診断が必要な派遣国は、オーストラリア、ニュージーランド、カナダとなります。

オーストラリアの健康診断について

オーストラリアで日本語教師の活動をするには、事前に健康診断が必要です。

<オーストラリア健康診断のフロー>

416スペシャルプログラムビザ(3ヶ月間未満のご参加の方は不要)及びワーキングホリデービザ申請後に健康診断をします。

  1. 移民局からの健康診断の受診案内が届く
  2. 日本にある最寄のオーストラリア大使館指定病院にて予約の上健康診断を受ける
  3. 健康診断の結果が病院から直接、移民局の管轄に送付される。
  4. LCUにて健康診断の結果を受けて問題ないかどうかを確認する
  5. その結果が移民局に届く
  6. それを受けて最終的にビザの発給対象であるかどうかを判断する
  7. 各派遣校では、ビザが取得できたことにより健康上問題ないと判断し活動することができる

<その他関連情報>

オーストラリア大使館指定の病院は以下のウェブサイトからご確認下さい。尚、病院での健康診断は混み合っていますので、移民局からの案内がきしだいすぐに予約を行ってください。

ニュージーランドの健康診断について

ニュージーランドで日本語教師の活動をするには、事前に健康診断が必要です。

<ニュージーランドの健康診断のフロー>

就労ビザ(ボランティア用)のビザを申請する方は申請前に健康診断が必要となります。

  1. ビザを申請する前にニュージーランド大使館指定病院にて健康診断を受診
  2. 日本にある最寄のニュージーランド大使館指定病院にて予約の上健康診断を受ける
  3. 健康診断の結果が病院から直接、ご本人に送付される。
  4. その結果をBBIに転送。
  5. BBIではその結果と共にビザの申請を行う
  6. 大使館ではそれを受けて最終的にビザの発給対象であるかどうかを判断する
  7. 各派遣校では、ビザが取得できたことにより健康上問題ないと判断し活動することができる

<その他関連情報>

ニュージーランド大使館指定の病院は以下のウェブサイトからご確認下さい。尚、病院での健康診断は混み合っていますので、BBIより健康診断受診の案内が届き次第すぐに予約を行ってください。

カナダの健康診断について

カナダで日本語教師の活動をするには、事前に健康診断が必要です。

<カナダの健康診断のフロー>

就労ビザ(ボランティア用)を申請する方は申請前に健康診断が必要となります。

  1. カナダ大使館にビザを申請すると健康診断受診の案内が直接本人に届きます。
  2. 届き次第、日本にある最寄のカナダ大使館指定病院にて予約の上健康診断を受ける。受診は案内到着後すぐに行いまたその日程に関してBBIに連絡する。
  3. 健康診断の結果が病院からカナダ移民局管轄のマニラ審査機関に送付される。
  4. マニラに送付された日時、方法をBBIに連絡する。
  5. マニラで審査後その結果がカナダ大使館に連絡される。
  6. 大使館ではそれを受けて最終的にビザの発給対象であるかどうかを判断する。
  7. 各派遣校では、ビザが取得できたことにより健康上問題ないと判断し活動することができる。

<その他関連情報>

カナダ大使館指定の病院は以下のウェブサイトからご確認下さい。尚、大使館指定病院は日本国内でかなり少なく状態です。遠方の方もどこかの指定病院で受診する必要があります。また数が少ないので予約自身も取りにくい状態ですので、なるべくお早めにアクションを起こしてください。カナダへの渡航には必ずこの健康診断が必要ですので、このプロセスはきちんと認識の上、ご参加下さい。

  

日本語教師養成講座
日本語教師養成講座