オーストラリア、ゴールドコーストで日本語教師養成講座の体験談紹介!実践重視のため卒業後は即日本語教師へ就職

日本語教師養成講座を終了して・・・ ゴールドコーストからの体験談

日本語教師養成講座 体験談 from ゴールドコースト

ゴールドコーストで日本語教師養成講座体験者 K.Mさん
K.Mさん NEW
これからも連絡取り合えるいいメンバーに出会え、これが何よりの財産になりました。


ゴールドコーストで日本語教師養成講座体験者 / K.Mさん
ゴールドコースト日本語教師養成講座授業実践風景
プロフィール:
大学卒業後、社会人を経て参加。
講座名:
ゴールドコーストで日本語教師養成講座
受講開始日:
2012年1月30日
  • プログラムの満足度は・・・ 95点/100点
  • 受講期間は・・・  長かった  適当だった  短かった
  • 1日の授業は・・・長かった  適当だった  短かった
  • 受講費用は・・・  高かった  相当だった  安かった


私の体験談

ゴールドコーストで日本語教師養成講座の写真

思い切って日本からオーストラリアへ行って、学んだことは一生の思い出です。 私の場合、一度社会に出てからのことだった為、行くまでにかなり準備や時間がかかりましたが、その分、向うでは、忘れられない経験ができました。もちろん知り合いが1人もいないところからスタートし、ドキドキしながらバスに乗ったり、英語で電話したり、なんとかこなして、ゆっくり慣れていきました。その新鮮さや解放感・出会いは、海外ならではのことではないかと思います。

学校は、短期的な講座のため、授業もかなり早く進み、宿題も毎日やってもなかなか追いつくのがやっとという生活でした。土日も1日は宿題漬けで大変でした。その中で、毎週模擬授業もあり、その前日には教材作りに夜遅くまでかかったことを覚えています。ただ、熱意ある先生のアドバイスで、自分の改善すべきところが分かったり、教えることの難しさを痛感したり、実践型授業ならではの勉強ができました。また、同じメンバーの模擬授業を生徒役で受け、こういう教え方は分かりやすいな、このゲームをしながら日本語を覚えられたら楽しいなと思ったり、いろいろな授業のアイデアが得られるのもいいところでした。忙しくて、中には体調を崩してしまうメンバーもおりましたが、仲良くなるにつれて、笑いがどんどん増え、放課後には互いに悩み相談し、励まし合い、あっと言う間に8週間が過ぎて行きました。

最後の宿題を出し終えたときには、しばらく感じたことのなかった達成感を感じることができました。卒業日にメンバー8人と先生で食事に行きタイ料理を食べたことは、忘れられません。

また、シェアハウスでお世話になった方や、永住されている方にも知り合いができ、今度ゴールドコーストへ行く時には、突然行って驚かせたいなと思っています。また、日本に帰ったメンバーとも、半年後に会おうって話しています。これからも連絡取り合えるいいメンバーに出会え、これが何よりの財産になりました。


一日のスケジュール

※ある一日のスケジュールです。
7時30分 起床
7時50分 朝食(パン 目玉焼き レタス 焼き魚)
9時05分 学校到着
9時15分〜10時45分 午前活動(日本語教授法 or 日本語概論)
11時00分〜12時30分 午前活動(日本語教授法 or 日本語概論)
12時30分 昼食 (サンドイッチ弁当 or 近くのお店でパン2つ)
13時15分〜14時45分 午後活動(模擬授業)
15時30分〜18時00分 午後活動(街のカフェで一息 or 図書館で宿題)
18時00分 家到着
18時00分〜19時30分 お部屋で一息 入浴 宿題
19時30分 夕食(肉と野菜の炒め物 バジルスパゲティー など)
21時00分〜23時00分 教案作成 or 模擬授業の準備
24時00分 就寝

聞いてみました! ゴールドコーストで日本語教師養成講座の様子

質問研修が修了して将来日本語教師を目指しますか?
はい。受講期間が短い分、集中できたし、時間的にも適度だったと思います。 始めは授業時間が、早く終わると思いましたが、その後の宿題を考えると適度な時間だったと思います。 今後は、ボランティアもして、日本の学校で教えられる先生を目指します。
質問オーストラリアで日本語教師養成講座を受講したことは?
良かったです。環境が違い、その分、集中できたと思います。日本語も英語も学べてとてもいい経験ができた。 海外というだけで、解放感があり、何か気持ちが落ち着いたし、出会いも多かったと思います。 出会った人は同じような気持ちや環境にあるため、深い仲になれたことも、海外の大きな特徴だと思います。
質問講座の内容は?
とても良かったです。 期間的に短いため、忙しかったですが、どのように教えればいいのか、や、文法の考え方などが実践で学べました。 このような教え方があるのだと思ったし、この講座を習う前の自分を思い直すと、 日本語についてまったく分かってなかったと思います。 実践的な教え方は、やはりこういう講座を受けないと学べないと思いました。
質問費用は全部でおおよそいくらくらい掛かりましたか?
往復飛行機、授業料、住居費、おこずかい、食費、交通費など、すべてあわせて2ヶ月で75万くらい。
質問滞在先はどんなところでしたか?
学校から徒歩30分、主にバス利用、日本人ご夫婦で永住されている方の家にシェアさせてもらいました、2人のお子さん(小学生)もいました。
質問日本出発前にしておけばよかったことは何ですか?
時間がある方は、日本語教育能力試験を一度、どんなものか勉強してきたほうがいいと思います。 独学では分からなかったことが、授業の説明で分かったりすると理解度が違うと思います。
質問このプログラムを選んだポイントは?
外国の方と直接接することができ、文化を伝えられ、言葉を教える日本語教師という仕事は、とてもかっこいい職業だと以前より思っていました。いつか本格的に学びたいと思いつつも、日本で仕事をしていた為、なかなか思い切りができなかったのですが、後悔したくないと、学ぶことを決めました。期間的にも集中できて、渡航費含めても割安で、しかも海外という土地でいろいろな文化に触れることができる為、このプログラムを選びました。
質問このプログラムの満足度を教えてください
95点/100点
一緒に学べたメンバーに出会えた事、いい教師に出会えた事に感謝します。 同じ考えや志をもってる人と話せてとてもよかったです、今後も繋がっていられます。 模擬授業では、いろいろな人の教え方や教え方が見れて、とても勉強になりました。
質問これから参加される方にアドバイスをお願いします
心のどこかでやってみたいという気持ちがある方は、思い切ってやってみる価値はあります。オーストラリアでの生活体験や出会いは、不思議な力があると思います。