日本語教師養成講座420時間で日本語教師の資格取得。全3講座4コースを紹介。オーストラリアで通学と世界どこでも通信講座で受講可能

資格を取る 日本語教師養成講座
最新情報残3席かも!1/16開校シドニーで日本語教師養成講座
トピック日本語教師はだから大事!日本語を伝えるって難しい!
トピック日本語教師養成講座の比較!何が一番自分に適しているか!
トピック日本の歴史や地理に自信がないが受講可能?日本語教師養成講座420時間!
最新情報どうする?今後の日本語教師養成講座420時間の資格取得!
トピック234名が受講!総括、日本語教師養成講座420時間の資格!
最新情報速報!年越し+2012年開校日発表シドニーで養成講座
最新情報2012年日程発表!ゴールドコーストで日本語教師養成講座
最新情報日本語教師養成講座修了⇒有給インターンシップへ!
最新情報シドニーで日本語教師養成講座修了アンケート
最新情報自分に合った通信講座を!通信で日本語教師養成講座の資格取得!
最新情報通信で日本語教師養成講座、今年度の総括及びお薦め活用法!
最新情報ゴールドコーストで日本語教師養成講座の修了アンケート
最新情報日本語教師養成講座 通信講座修了者からの体験談
お薦めコンテンツ日本語教師養成講座の資格取得全般 お薦めコンテンツ一覧
お薦めコンテンツ日本人であればなれる国際貢献の仕事!日本語教師
お薦めコンテンツ日本語教師への資格!日本語教師養成講座を選ぶポイント
お薦めコンテンツオーストラリアで日本語教師養成講座を受講する意義
お薦めコンテンツ日本での日本語教師へホップステップジャンプ!
お薦めコンテンツ通信と通学の違い(メリット・デメリット) 日本語教師養成講座
お薦めコンテンツ直接法を使っての日本語教師になるには
お薦めコンテンツ直接法を使っての日本語教師になるには(2)
お薦めコンテンツ日本語教師養成講座資格取得修了後の活用の仕方
お薦めコンテンツいろいろ選べるプラン 日本語教師養成講座と日本語教師海外派遣

選べる3つの日本語教師養成講座420時間!

最新版のFlash Playerをインストールしてください。Flash Playerをインストールしていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。このコンテンツをご覧になるには、Flash Player8.0以上が必要です。
  • Get ADOBE FLASH PLAYER

日本語教師養成講座 すべてが分かるお薦めコンテンツ

日本語教師養成講座420時間とは

POINT!
・最短11週間で420時間の資格取得!(通学)
・いつでもどこでもすぐにスタートできる!(通信)
・自分に合った講座を選択!(全4講座5コース)
人気Best3!
No.1 BBI直営校シドニーで日本語教師養成講座
No.2 通信で日本語教師養成講座(オール通信)
No.3 メルボルンで日本語教師養成講座

日本語教師になる為の資格です!!

養成講座空き状況

日本語教師養成講座の資格を取って日本語教師になろう!

日本語教師という素晴らしい仕事をご存知でしょうか!
昨今、仕事、生活や趣味など、いろいろな目的で日本語や日本の習慣を学びたい外国人が世界中で増えています。
国際化の流れの中で日本語を必要としている外国人や、日本国内の外国人労働者の増加から本人やその家族が日本語習得を必要としています。

日本人なら無条件に外国人に日本語を教えることができます。でも、日本人は無意識に日本語を使いますが、外国人にはどうしてそうなるのか良くわからない事がたくさんあります。そこで、日本語や日本の習慣を体系的にコミュニカティブに教えられるスキルや資格があると、外国人学習者にとってより吸収力も高く、学習意欲も湧きやすくなります。彼らは、私たちの教える日本語を通して、初めて日本人と日本を知り、そして理解します。日本語教師養成講座など、資格を持った日本語教師がいるからこそ、正しい日本や日本語を理解する外国人が増えます。教えてみてはじめて、日本人であることの喜びを感じ、これだけやりがいのある楽しい仕事はないと認識できます。

では、その日本語教師になるためにはどうしたらいいのでしょう。一般的に日本語教師としての資格など採用条件として以下を掲げる団体が多いようです。

  • 日本語教育能力検定試験合格
  • 日本語教師養成講座420時間修了
  • 大学での日本語学科主または副専攻

以上のいずれかの資格を保持していると基本的に就職することができます。
それぞれの資格には特徴があります。日本語教育能力検定試験は主に日本語教師としての知識や理論を検定する試験です。一方、日本語教師養成講座は、実際の教壇で指導できる力を養う講座です。

BBI日本語教師ネットワークでは、このうち、実践力を養う講座、日本語教師養成講座を提供しています 。
海外ではますます日本語の需要が伸びてきています。また、日本では外国人就労がますます増えており日本語学習を必要とする外国人が増えています。この傾向はますます広がるばかりです。
これからますます必要とされる仕事、日本語教師。
日本語教師のこの資格を取得して、このやりがいのある仕事で外国人に夢や希望を与えてください。

BBIの立場

BBI日本語教師ネットワークでは、シドニー、通信、メルボルン、サンシャインコーストの4つ講座計5つのコースの日本語教師養成講座を紹介しています。シドニーの講座はBBIが運営する講座、他の講座はエージェントとして紹介をしますが、どの日本語教師養成講座も熟知しており、それぞれの講座の重きをおかれた点、特長などを知っています。BBIはいずれかに偏ることなく、あくまでも第三者的立場に立ち、ご要望をお伺いしてそれぞれのポイントをアドバイスさせて頂いています。何がご自身に合っているかどうぞご相談下さい。また、詳しい養成講座内容は以下の項目をクリック下さい。尚、資格取得後の進路、就職なども真剣に取り組んでいますので、お気軽にお問合せ下さい。尚、420時間の資格取得⇒有給インターンシップ参加など、「資格取得」+「実践経験」を組合せてキャリアアップを図ることも可能です!尚、BBIのプログラムを組合わせた場合は、BBI組合せ割引が適用となりますので、どうぞご利用下さい。

選べる4つのプログラム

BBI日本語教師ネットワークで紹介する日本語教師養成講座420時間の資格取得講座は主に以下の3つの講座です。ご自身の目的や環境、目指すべき日本語教師像などによって適した講座が異なります。内容を良くご覧頂き、どうぞ適した講座を選択下さい。また、何かご不明点がある場合はどうぞお気軽にお知らせ下さい。



ワンポイントアドバイス!

以下にご紹介する内容は、あくまでも参考情報です。BBIが紹介する日本語教師養成講座はどの講座も素晴らしい講座でどちらを受けてもためになり420時間の資格が確実に取得できます。ただ、それぞれ特長があるので、その特長を重視したい場合は以下の内容をどうぞご参考下さい。

教壇で教える力を身につけたいなら:
BBIシドニーで日本語教師養成講座420時間をお薦めします!この講座は全11週間の間に毎日のように模擬授業が課されます。その模擬授業は、リレー形式ではないので、授業の導入、授業本番、練習、終了まで一貫して対応を課されます。そのためには事前の教案の作成、教材の作成が必要でその都度準備しなければなりません。また、それに対しての何が良い点か、改善点は何かのディスカッションがあります。講師や同期含めてより良い授業をするためのブレーンストーミングをここでトコトンやるので、他者の模擬授業まで自分の事として全てを吸収できることもポイントです。それを毎日対応していくので教壇での日本語教師としての実践力はかなりつきます。日本にある日本語教師養成講座機関ではこの実践部分が420時間中の一部であることが多いことと比較したときに、間違いなく実践に時間を多く割いた講座であり、そのことに重きを置きたいならこのシドニーで日本語教師養成講座が最適です!
すぐに始めたい、自分のペースで受講したい、間接法も学習したいなら:
通信で日本語教師養成講座420時間をお薦めします!この講座は全て通信講座で受講することができるので、世界のどこにいても受講できるのが最大の特長です。また、通信講座ですのでご自身のペースで進めることができ、仕事が忙しいなどの理由で授業に参加できないという受講ミスが皆無で、通信でありながら80%以上の方が修了するという驚異の修了率も特長です。また、余計なコストをできるだけ省き費用の低価格化を実現した日本にある通常の通学のコースの日本語教師養成講座のおおよその費用は60万円程度ですが、この講座はその1/3〜1/4程度の受講費用で受講できることも特徴で、もちろん間違いのない文化庁の指針に沿った420時間の資格です。更に、英語を使って日本語を指導する間接法も学習できることもこの講座の特長です。このような特徴を期待しているのなら、この通信で日本語教師養成講座が最適です!受講生数は3つの講座の中で一番多い実績があります。
最短11週間の短期間で修了したいなら:
シドニー、メルボルン、サンシャインコーストで日本語教師養成講座420時間をお薦めします!これらの講座は通学コースでありながら、全11週間で420時間の資格が取得できることができます。また、短期間でありながら、いずれの講座も実践重視の授業方針なので、実技の授業も行い、同時に教案作成や教材作成も必要です。従って、かなり忙しく毎日を過ごしますが、その分集中して望むことができ結果として約3ヶ月間程度で日本語教師養成講座420時間を取得できます。尚、シドニーとメルボルン講座には、日本語教育能力検定試験対策のための授業もあり、この事も視野に入れている方にもお薦めです!

日本語教師養成講座徹底比較 あなたはどっち!? 通信と通学

※日本の養成講座期間はBBIが調査した一般的な内容です。詳しくは各機関に内容をお問合わせ下さい。

1: 費用が安いのは?
一番安く420時間の資格が取れるのは通信コース。日本の日本語教師養成講座機関の約1/4〜1/3。通学コースは日本のそれの約3/4。尚、通信コースはクレジットカード決済も可能。
2: 実践力がつくのは?
BBIの通学コースが一番時間を割いているのが模擬授業時間。日本の日本語教師養成講座機関よりもずっと多い割合です。通信コースはそれを補うためにDVDなどを見て学ぶ教材があります。
3: 継続しやすいのは?
自分のペースで進められるのは通信の特徴、そして80%以上も修了しています。通学はオーストラリアまでわざわざ行くのでコース途中で脱落しません。日本では会社、大学等の都合で受講ミスの可能性も。

4: 早く終了できるのは?
通学コースは約3ヶ月間、通信コースは早い人は半年間、日本の日本語教師養成講座機関は修了まで1年間の設定のところが多いようです。
5: 始めやすいのは?
いつでも好きなときから始められるのが通信コース。通学コースはシドニーとサンシャインの場合、年8回のスタート日設定。日本の日本語教師養成講座機関は年2回程度。
6: 日本語教師として活躍できるのは?
どの日本語教師養成講座も日本語教師の資格として認められています。修了すれば誰でも日本語教師になれます。尚、BBIのどのコースもそれぞれ文化庁のガイドライン、新シラバスに準拠したコース内容です。

日本で日本語教師の就職を目指すホップ・ステップ・ジャンプ

日本語教師養成講座 就職へのフロー
ホップ
日本語教師養成講座を修了するところからスタート。就職のためには実践力をどれだけ身に付けているかが鍵、BBI通学コースは特にお薦め。
ステップ
そのまま日本で就職できた卒業生もいらっしゃいますが、日本の就職事情は日本語教育能力検定試験合格(合格率約18%)など、複数の資格保持や経験年数が問われることが多いです。一方アジア圏の国々では日本語教師養成講座を修了した(資格習得)のみで専任講師(有給)として就職できる確率がとても高く、特に通学の講座修了だと実践力がより付いているので多くの卒業生が就職している実績があります。まずはアジアで経験を。これが、お薦めるキャリアアッププランです!
ジャンプ
アジアの国で数年キャリアを積んでいることがここで生かされます!いざ日本で就職へ。専任講師として実践経験が数年あるのでより就職しやすくなります。

日本語教師養成講座の活用の仕方 お薦めプラン

日本語教師養成講座と他のプログラムにはいろいろなプランや組合せがあります。ご自身の目的に沿って最適なプランを選択下さい。組合せプランを選択する場合は、組合せによる割引もあります。是非ご利用下さい。

利用可能なプラン
標準プラン
自由満載ワーキングホリデー
養成講座420時間
養成講座通信
児童英語教師TECSOL
語学学校ELS
オールイン
短期
大学コース

日本語教師養成講座の資格取得後、民間日本語学校で有給インターンシップ
将来、日本語教師になりたい方に最適なプラン。ゼロからスタートでも、このプランを通じれば1年後には専任講師としてスタートすることも夢ではありません。中でも日本語教師養成講座の通学コースを修了し、民間日本語学校でキャリアアップを計る方法が効果的です(組合せ割引対象プラン)。通学の養成講座では、実践力がつく内容となっています。毎週課される模擬授業はその力を十分に養えます。そして修了後は実際に有給インターンシップとして専任で指導します。この経験があると、最近、日本の日本語学校が求める『資格+専任講師としての経験』をクリアーすることができ、日本及びアジア圏での日本語教師も夢ではありません。
日本語教師養成講座+日本語教師海外派遣プログラム⇒日本語教師
日本語教師海外派遣ボランティアと平行して日本語教師養成講座通信コースを受講
ボランティアで日本語教師海外派遣プログラム、特に英語圏等で活動している方が、せっかくなら日本語教師の資格も取りたいとお考えの方にピッタリのプラン。この日本語教師養成講座通信コースは、直接法も勉強しますが、間接法も勉強します。教材も英語のテキスト(日本語学習者用)もあり、英語圏等で日本語教師(アシスタント教師)として活躍する方にはとても有益な内容です。ボランティアで活動中は、英語(外国語)を使った間接法で指導していくことが一般的ですので、まさに勉強していることがそのまま実践で使える、とても効果的な方法です。せっかく海外で活動するのなら、経験だけでは終わらせたくない方に最適のプランです。
日本語教師海外派遣ボランティア+日本語教師養成講座
日本語教師養成講座と児童英語教師のダブルの資格取得の組合せ
2つの資格を一回の留学中に取得してしまうプラン。今後必要とされるこの2つの資格。どうせオーストラリアに行くなら同時に取得してしまうのも一考です。期間は11週間と6週間なので、効率よく学べれば、約4ヶ月〜5ヶ月間程度で取得できます。
日本語教師養成講座+児童英語教師

  • BBIお薦め語学学校
  • お得な組み合わせ割引
  • 英語を使って英語を教える 英語教師養成講座

日本語教師養成講座 体験談

シドニーで日本語教師養成講座 古畑知里さん

シドニーで日本語教師養成講座 古畑知里さん
コース開始直後から行われるデモンストレーションは、あらゆる場面を設定し、学習者のニーズを考えた上で、教案と教材を作成しました。デモンストレーション後に必ずある、フィードバックは、講師はもちろんのことクラスメイトからも改善点などを教えてもらったり異なる視点からの意見やアイデアをもらったりと、この時間からたくさんのことを学ぶことができました。

通信で日本語教師養成講座 由美子 Y Chanさん

通信で日本語教師養成講座 由美子 Y Chanさん
この通信講座を受講して特に印象に残ったことは初めは、きちんと続くか心配もありましたが自分のペースで受講でき、迅速に回答を頂いてメールでのやり取りは距離を感じさせずに学習することができました。単に日本語を教えるだけと感じがちだったですが、それだけではなく学習者に対してどのように教えればよいのか丁寧に説明されていたので教授法もしっかりと学べたことに感激しました。


日本語教師養成講座420時間 Q&A

Qシドニーの日本語教師養成講座は就職に役立ちますか?
はい、役立ちます。まず、このコースを修了すると、日本語教師として活動できる資格が取得できます。また、実践の授業が多いので、実際の就職採用時に必ずある模擬授業対策にもなっています。このコースは、実践力がつくので、修了後は即教師として就職した方も少なくありません。海外、日本、JICAでも就職をされた報告が多数届いています。また、シドニー、メルボルンでは、併設の日本語学校(オーストラリア人対象)で働くチャンスもあります。世界各国の求人情報は、毎週、学校内でアップしています。尚、弊社では日本国内外での就職のサポートも行っています。
Q英語は得意ではありませんが、大丈夫でしょうか?
通学コースは、オーストラリアで受講頂きますが、授業は「直接法(日本語を日本語使って教えるダイレクトメサッド)」の教授法を日本人講師の下、日本語で行います。従って、英語の心配をする必要は全くありません。ただ、教室を一歩出ると英語環境ですので、生活においては英語を使用します。大いに英語に触れて英語環境を楽しんで下さい。この様に、異文化に身をおくことによって、外国で外国語を学ぶ生徒の気持ちも理解できます。尚、通信講座に関しても高い英語力は全く必要としていません。
Q日本語教師養成講座420時は通信でも認められますか?
はい、認められます。文化庁からは望ましい日本語教員の研修内容以外、日本語教師養成講座の受講手段・方法について指導はありません。大学の通信講座をはじめ、通信講座は地理的、時間的、経済的に通学の受講が不可能な方に対して広く一般的に用いられている公的に認められた学習方法です。従って、その意図で開設された通信講座を文化庁が無効とすることは将来的にも考えられません。