日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

養成講座通信講座と組合せて間接法習得

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本語教師養成講座通信講座と組合せて
間接法の習得!


日本語教師ネットワークで紹介している、日本語教師養成講座420時間の通信講座は、いろいろな特徴がありますが、主なものは、以下の通りです。

 ◇文化庁のガイドラインに沿った420時間の養成講座
 ◇直接法と間接法の両方が学べる
 ◇費用が安い
 ◇世界のどこにいてもいつでも始めることができる
 ◇引越ししても問題ありません
 ◇通信に劣りがちな実践部分をカバーした豊富なDVD教材
 ◇半年から1年間くらいで修了
 ◇日本語教師海外派遣プログラムで活躍中の方が同時進行で受講可能

単純に、このコースのみを受講することももちろん可能ですが、この通信講座の良い利用の仕方を紹介します。

上に挙げた特徴のうち
 
 ◇直接法と間接法の両方が学べる
 ◇世界のどこにいてもいつでも始めることができる
 ◇引越ししても問題ありません
 ◇半年から1年間くらいで修了


の辺が絡んでくる利用方法ですが、それは、


日本語教師海外派遣プログラムの活動と同時に行う方法です!

この通信講座の大きな特徴は、直接法以外に間接法を学習できることです。特に英語を使っての間接法に関して、講座では言及しています。

(参考)
直接法・・・日本語を使って日本語を教えるやり方 主に日本・アジア圏の学校で採用される方法

間接法・・・母国語を使って日本語を教えるやり方 主に欧米圏の学校で採用される方法


この講座のすごいところは、日本語を全く知らない日本語学習者の立場に立って指導されているところです。

私たちが日常使っている日本語を外国人の目でとらえながらひとつずつ整理して体系付けます。無意識に使っている日本語を外国語として意識化し、そこに合理的なルールを発見していきます。それに基づいた指導方法が学習できます。

以下、その部分に関連する講師からの添削内容の一部を紹介します。
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
・・・例えば、私たちは「構文」を仮名書きすれば「こうぶん」と書きますが、音は「コーブン」です。「コウブン」とは発音しません。これは発音辞典をご覧になればおわかりになると思います。

「せいこ」も「セーコ」で「セイコ」とは発音しません。仮名文字は必ずしも文字そのものの音を表すわけではないのです。私たちは仮名遣いを心得ていますから違和感がありませんが、

まったく仮名遣いを知らない日本語学習者にしてみれば、なぜ「構文」を「コーブン」と発音して「koubun」と表記するのか、あるいは「せいこ」を「セーコ」と発音して「seiko」と表記するのか、必ず質問して来ます。


仮名遣いを知らない日本語学習者には、このことはとても難しい内容となります。

仮名遣いを教えるのは、ある程度日本語の音に慣れた時期で、仮名を導入する際がよいと考えます。

それで、エ段の長音とオ段の長音は以下のように表記します。

長音表記は、日本語の音に近い形で表記しますからエ段の長音は次のようになります。
英語(えいご) → Eego    形態(けいたい)→ keetai 丁寧(ていねい)→ teenee
・・・・・

※この通信のテキストでは、ロ-マ字を用いながら指導していきますが、

その理由は、学習者の知っている文字を利用して日本語の音を視覚的にわからせるためです。
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

少し雰囲気は分かっていただけたでしょうか。
この講座の英語を使って教えるという間接法は、単に英語を使って説明するだけでなく、彼らが知っている英語そのものを利用して日本語を指導していく方法もとります。

つまり、日本語を全く知らない日本語学習者の立場に立って、彼らが知っている表記方法や音を使いながら指導されています。


このような内容を知りながら、実践で活用していけば、かなり充実したキャリアップとなるはずです。

この通信講座の教材には、日本語学習者用の教材も付いていますので、日本語アシスタント教師の活動をしている際にも、その生徒用の教材を使用しながら指導できると思います。

日本語教師海外派遣プログラムは、アジア圏以外だと現在、

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、イギリス、ドイツ

と行っています。


この通信講座は、世界のどこにいても受講できます。ホームステイ先など滞在先が活動期間中に変わっても、講座受講中に活動が修了し日本に帰国になっても、事前に連絡頂ければ、新しい滞在先に添削を送ることも可能です。

また、日本語教師海外派遣プログラムは最大1年間まで活動出来ます。従って、この通信講座の一般的な受講期間が1年間ですので、海外で活動している間に420時間の資格も同時に取得できるメリットがあります。


日本語教師海外派遣プログラム+日本語教師養成講座通信講座


は、将来日本語教師として活躍したい方にとてもあったキャリアアッププランです。


posted by BBI at 2008/08/10 21:00

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:
※管理者から承認されるまでコメントは反映されません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.