日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

オーストラリアで短期1週間~日本語教師海外派遣

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストラリアで短期1週間~
日本語教師海外派遣プログラム



英語圏で、日本語教師海外派遣プログラムに1週間~参加できるのは、オーストラリアとニュージーランドのみです。

特にオーストラリアでは、受入れ校の数も充実しています。
※因みに、カナダとアメリカは1ヶ月間から参加可能

そして、以下のようなことを目的としている方は、この短期プログラムがお薦めです!

 ○英語を使って何かをしたい
 ○英語圏の小・中・高校を見てみたい
 ○現地の子供(学生)たちに何か貢献してみたい
 ○英語に囲まれた環境で生活してみたい
 ○将来日本語教師を目指しているので現場を垣間見たい

派遣される学校は、日本語の授業がありますので、日本語を教えているメインの日本語教師がいます。先生は、オーストラリア人であったり日本人であったり。オーストラリア人先生でも日本語が流暢な先生もいればそうでもない先生もいます。

ご自身が望む環境やご自身の英語力に応じて派遣校を決定していきます。

尚、英語が苦手であっても教えたい気持ちさえ持っていれば、万が一の時には日本語がスムーズに通じる環境の派遣校(日本人先生のいる学校か日本語が流暢のオーストラリア人先生のいる学校)をアレンジすることも可能ですので、ちょっと体験してみたい方にも対応できるプログラムです。

ご参加は1週間から可能ですが、できれば複数の週数で参加されることをお薦めします。

それは、1週間ですと、よっぽどの英語力に長けていて、日本語教育関連に長けている人以外では、なかなかご自身で授業をする時間を持つことができません。授業の見学やメインの先生のお手伝い程度で終わってしまう可能性があります。

それでも、その環境にいること、英語を使って生徒を指導していくことなどの経験は、日本人であるからこそできる海外での活動になります。

でもせっかく来るのであれば、より充実した活動をして頂きたいと思いますので、参加週数に制限がないのであれば、複数の週数でご参加されることをお薦めします。

人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア短期
*******************************************************************
オーストラリア到着日: 学期中の週末(土又は日) 直接派遣地に行って頂きます
研修(活動)期間: 毎週月曜日から 1週間単位
準備研修 : 事前に日本で行います 
募集締切日 : ご出発予定の1ヵ月半前まで
応募方法 : 派遣インタビューを受けて頂きます

※各締切まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提
*******************************************************************


【プログラム費用】
 1週間:158000円
 2週間:178000円
 3週間:198000円
 4週間:218000円

【費用に含まれるもの】
① プログラム運営費
② 出発までのサポート費用(渡航前の準備、学校・ステイ先の案内・最終書類の案内、 ビザに関する案内など)
③ 緊急時の24時間応対など研修中の現地日本人スタッフによるサポート
④ 日本での準備研修
⑤ 授業用の参考教材
⑥ 出発前、帰国後にご希望に応じて国内ボランティア団体情報提供
⑦ 研修修了後の進路相談、就職の紹介(日本語教師あり)、ビザの相談
⑧ 出発前の英語無料レッスン費
※資格割など割引制度は短期コースの場合は適用しません

【費用に含まれないもの】
海外渡航費/海外旅行傷害保険費/お小遣い/ホームステイ費(週100~240ドル) 等


日本語アシスタント教師を体験してみたい方、英語圏でボランティア活動をしてみたい方、海外の学校教育に触れてみたい方、短期でしか参加できない方などにこのプログラムはお薦めです!是非、ご利用ください!

【いろいろな組合せ】

○児童英語教師の資格取得と組合わせて(資格+実践)
 ⇒ 小学校への派遣が効果的
○日本語教師養成講座の資格420時間(通学)と組合わせて(資格+実践)
 ⇒ 日本語教育に熱心な学校がお薦め
○日本語教師養成講座の資格420時間(通信)と組合わせて(資格+実践)
 ⇒ 間接法を極めたい方にお薦め
○事前の語学学校のアレンジ
 ⇒ 英語も同時にブラッシュアップしたい、今のままでは英語が心配な方向き



posted by BBI at 2008/08/10 22:00

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:
※管理者から承認されるまでコメントは反映されません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.