日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

派遣校の種類と希望!日本語教師海外派遣!

このエントリーをはてなブックマークに追加
        -このブログ記事内容は【2010年9月15日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


派遣校の種類と希望!日本語教師海外派遣!
-2011年のオーストラリアで日本語教師派遣プログラムは特別記念価格導入です!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、昨日のブログでも紹介しました、

『英語に不安だけど大丈夫?日本語教師海外派遣プログラム』

と言うように、英語力等に不安を持っていて実際に活動ができるかどうかを心配されている方々がいます。

もちろんその不安はよくわかりますし、当然のことですが、昨日もお伝えした通り、実はそんなに心配をする必要はありません。

特に環境の整ったオーストラリアやニュージーランドでの場合は、

 ◇ 英語力
 ◇ 教えること(資格保持や経験)

などを気にする必要は全くありません。

なぜかというと、大前提として、皆さんが来てくれるだけで本当に学校や生徒は助かると言ってくれているからです。

皆さんの存在自身が、学校や日本語のクラスや地域に貢献をしてくれるので、英語力や指導力がなくても基本的に気にする必要はないのです。

また、一方で、物理的にそういった不安を和らげる方法もあります。
それが、皆さんの現在の状況や実力等に適した派遣校をアレンジするということです。

特にすべての環境の整ったオーストラリアにおいては、派遣校は大きく分けて以下の様な種類があります。

◎地域
全豪にわたって派遣先があります。都会、人口数千の田舎の地域、海沿い、内陸部など

◎学校の形態
小学校(プライマリー)、中高校(セカンダリー)、小中高一貫校、公立、私立

◎日本語の先生
日本人の先生、日本語の流暢なネイティブの先生、英語を主体とするネイティブの先生

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

もし、ご自身が英語に自信がないのなら上記のうち、日本人先生のいる学校か日本語が流暢なネイティブの先生のいる学校をアレンジしていけば、基本的に問題なく活動ができます。

逆に、さらに英語力を伸ばしたい、英語の環境でドップリと活動したい、と思っている場合は上記のうち、英語主体のネイティブの先生のいる学校や、田舎の地域などは日本人がほとんどいない地域で、生活面でも英語を使わざるを得ない環境で活動すると良いと思います。

また、英語が苦手だと、小学校は大変かもしれません。小さい子どもたちだから大丈夫だろうと思うところもありますが、小さい子供なので、こちらが外国人であるという認識が薄いので、関係なく矢継ぎ早に英語で話しかけてきます。これが、中高校だと相手が外国人であることはもちろん理解しているので、ゆっくり話してくれたり、簡単な表現を使ってくれたりしてくれます。従って、英語が苦手な方は、中高校の方がお薦めということも言えます。

もちろんいずれも、ご本人が希望する環境で活動されるのが良いと思いますので、上記は一つのヒントですが、そういった環境や状況であることも理解したうえで、ご希望を出されるとよりいいかもしれません。

 > 日本語が流暢なケント先生からのメッセージ

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上のように、たとえ英語ができなくても、指導経験がなくても、オーストラリアやニュージーランドであれば特に気にされる必要はありません。また、英語が得意でも指導経験がありさらに指導力を伸ばしたいと思っている方でもオーストラリアやニュージーランドは、活動環境が整っているので、いろいろなことを吸収できる割合が高いです。

従って、このオセアニアの派遣国は、あらゆる方の目的や目標に応えられる派遣先を持っています。

オーストラリアやニュージーランドに行きたい!と思っている人はもちろんですが、特に派遣国にこだわりがなく、環境の整っている中で活動したいと思っている方には、間違いなくこの両国はお薦めです。

是非、このことを派遣国選びのポイントとして参考にしてみてください。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

なお、BBIでは2011年に7周年になることから、

『ラッキーセブン特別価格で日本語教師派遣プログラム』

というキャンペーンを行っています。詳しくは以下のページでご確認ください!



∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2010/09/15 11:24

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.