日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

選べる短期1週間~、日本語教師海外派遣

このエントリーをはてなブックマークに追加
        -このブログ記事内容は【2010年8月19日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


選べる短期1週間~、豪・NZ・タイ・台湾・蒙へ日本語教師!
-短期が提供できるのは、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、台湾、モンゴル!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先日、オーストラリアとニュージーランドで日本語教師派遣プログラムの短期1週間からの専門サイトがオープンした話をしました。

 > 4週間までの短期オーストラリアで日本語教師体験専門ページ開設

その時にもお伝えしていますが、BBIの気持ちとしては、このプログラムを利用するすべての参加目的を考えたときには、少なくとも半年間以上の長期参加を本当にお薦めしています。お金も時間もかかりますが、その分、得れるものが本当に違うからです!

ただ、残念ながら、時間的制約や費用の面、また、ちょっとだけ体験してみたいというご要望も少なくなく、よってそういったご希望にこたえるために、今回オーストラリアとニュージーランドに関して短期用の専用ページを立ち上げて、より詳しく短期ならではの内容や利用方法に関してお知らせしました。

 > 短期4週間までのオーストラリアで日本語教師体験専門ページ
 > 短期4週間までのニュージーランドで日本語教師体験専門ページ

また、他には、タイと台湾に関して短期として扱っています。また、実はモンゴルに関しても2週間の短期プログラムもあるんですよ。この9月からも1ヶ月間の参加でモンゴルに行かれる方もいらっしゃいます。

 > 短期1週間~台湾で日本語教師派遣プログラム
 > 短期2週間~タイで日本語教師派遣プログラム
 > 短期2、3週間、1ヶ月間、3ヶ月間モンゴルで日本語教師派遣プログラム 

   ↑モンゴルは有給のページですが、ページ内に短期ボランティアの詳細があります

以上のように、短期といっても実は選べる派遣国がいくつかあります。本当は細かくというと、アメリカ、ドイツ、カナダにおいても1ヶ月間という短期もあります。

ただ、今回紹介している短期というのは1週間など超短期で参加できる派遣先として以上の5つを紹介したいと思っています。


短期となりますので、どうしても日本語教師派遣プログラムというよりも、日本語教師体験という色合いが強いです。

1週間の短期の場合などなおさらで、本当にあっという間に過ぎてしまいます。

あっという間に過ぎてはしまいますが、どの派遣国でも

 ● 現地の学校で終日活動する
 ● 基本的にネイティブばかりの環境での活動
 ● 英語圏の派遣国は英語を使っての指導


など、長期プログラムと変わらない、海外の現場に日本人という武器を使って活動できる環境下になります。

ボランティア活動となりますので、お金が稼げるわけではありませんが、得れるものが本当に大きいので、

 ◇ 日本語教師に興味がある
 ◇ 海外で日本語教師の経験を積みたい
 ◇ 海外の教育現場を経験したい
 ◇ 英語など現地の言葉を使って現地にどっぷり浸って活動したい
 ◇ 留学生ではなくできるだけ多くのネイティブと触れ合いたい
 ◇ 英語や中国語など語学を磨きたい
 ◇ 本当に自分に日本語教師があっているかどうか確かめたい


などのお気持ちがある方は、どうぞこの短期のプログラムを選択してみてください。

なお、短期といっても上記のようにいくつかの派遣国があります。単純にその派遣国が好きだ!その派遣国に行きたい!という方以外は、以下の視点から派遣国選びをしてみるといいかもしれないですね。

【短期で日本語教師体験の派遣国の選び方】

◎期間で選ぶ
1週間~活動できる派遣国: オーストラリア、ニュージーランド、台湾
2週間~活動できる派遣国: タイ、モンゴル

よって、1週間しか参加できない方は、オーストラリアかニュージーランドか台湾のみとなります。

◎指導法で選ぶ
この日本語教師体験の活動時の指導方法は大きく分けて2種類あります。直接法と間接法です。

直接法は、日本語を使って日本語を指導する方法で、間接法は、英語など現地の言葉を使って日本語を指導する指導方法です。

直接法の派遣国: タイ、台湾、モンゴル
間接法の派遣国: オーストラリア、ニュージーランド

よって、英語を使って指導してみたいという方はオーストラリアとニュージーランドを選択ください。

逆に英語や外国語の苦手な方は、直接法の派遣国を選択した方が無難です。なお、台湾では、中国語を使って指導したい場合は、中国語で日本語を指導する間接法も導入することも可能です。ご希望の方はその旨予めお知らせください。

◎活動場所で選ぶ
各派遣国での活動場所は、小学校、中学校、高校、大学、企業、日本語学校となります。ただ、派遣国によって対応できる活動場所とそうでない場合があります。

小学校で活動したい: オーストラリア
中学校、高校で活動したい: オーストラリア、ニュージーランド、タイ
大学で活動したい: モンゴル

企業で活動したい: 台湾
日本語学校で活動したい: 台湾
※台湾は他に幼稚園、高校等も活動できる場合があります。

よって、大学で短期で活動したい場合は、モンゴルという選択肢になります。また、例えば、将来児童英語教師になりたいのでその経験を積むために小学校で活動したいということであれば、オーストラリアとなります。

◎日本語教師の種類で選ぶ
日本人教師: オーストラリア、ニュージーランド、台湾、モンゴル
日本語が流暢な現地日本語教師: オーストラリア、ニュージーランド、タイ

日本語が苦手な現地日本語教師: オーストラリア、ニュージーランド

現地の学校の日本語教師の日本語能力も様々です。また日本人教師のいる場合とそうでない場合もあり、現地の日本語教師には、日本語をたくさん話してくれる教師とそうでない教師もいます。

例えば、英語に自信がないので日本語で先生と会話したい、打ち合わせしたいということであれば、そういった派遣校のある学校がいいですが、確実なのはタイと台湾とモンゴルです。

反対に、できるだけ英語環境での活動をしたい、日本語をできるだけ話さずに活動したいなどの目的の方は、オーストラリアやニュージーランドに候補の学校があります。

もちろんその場合でも日本語の授業ですので、クラス内では日本語を使って頂かなければなりませんが、もし現地の日本語教師が日本語が苦手な場合、先生との打ち合わせ含めて英語でコミュニケーションをとる確率は高くなります。

最終的には皆さんのご希望をかんがみてBBIにて派遣校を決定させて頂きます。従って、100%希望がかなえられない場合もありますが、何かご希望がある場合はお気軽におっしゃってください。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上大まかですが、1週間からの短期で日本語教師体験をしたい場合、どの派遣国が、目的に沿っているか、選択する項目をまとめてみました。どうぞご参考頂き、その中でご自身に合った派遣国を選んでみてください。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【各派遣国の日本語教師派遣プログラム概要】

(有給インターンシップ)
 ◇ オーストラリアで有給インターンシップ募集要項
 ◇ タイで有給インターンシップ募集要項
 ◇ モンゴルで有給インターンシップ募集要項

(ボランティアインターンシップ)
 ◇ オーストラリアで日本語教師募集要項
 ◇ ニュージーランドで日本語教師募集要項
 ◇ カナダで日本語教師募集要項
 ◇ アメリカで日本語教師募集要項
 ◇ 
イギリスで日本語教師募集要項
 ◇ ドイツで日本語教師募集要項
  台湾で日本語教師募集要項

  タイで日本語教師募集要項

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2010/08/19 17:56

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.