日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

台湾現地情報 -基本情報編-

このエントリーをはてなブックマークに追加

**************************************************************************************************
このブログで書かれた内容は過去のブログ情報を『お薦めコンテンツ』用に加筆修正したものです。内容はこの情報を掲載した時のものですが、将来的にその情報内容が変わっている場合もありますので、あくまでも参考としてご覧下さるとともに、必ず最新の情報をご確認下さい
**************************************************************************************************

台湾現地情報 -基本情報編-
-台湾で日本語教師派遣プログラム-

台湾で日本語教師派遣プログラムにご興味のある方は、参加するに当たって以下の現地情報を紹介します。どうぞご参考下さい。

今回は、台湾の基本情報編です。

【台湾現地情報】 ~基本情報編~

1.地理
東シナ海上、中国大陸福建省のとなりにぽっかりと浮かんでいるのが台湾島です。東西142キロ、南北377キロの初頭で、現在台湾政府により実効支配されている周辺の諸島など含めても日本の国土の10分の1、九州よりやや小さい程度の大きさしかありません。国土の70%は山岳地帯で、中心部の「中央山脈」には3000メートル級の山々が連なり、台湾を東西に分けています。東部の太平洋側には平地が少なく断崖絶壁が多いのに対し、大陸側の西部には肥沃な平野が開けています。

2.気候
初めて台湾に足を踏み入れた方は、その緑に濃さに驚くかもしれません。亜熱帯気候特有の高温多雨がはぐくんだ木々が生き生きと山々を覆っています。年間平均気温23度、しかし季節によって気温差が大きいのも特徴です。4月から6月にかけて梅雨を迎え、じめじめとした日々が続きます。夏は長く、連日30度以上の暑い日が続きます。亜熱帯らしく午後にはスコールもありますが気温は下がらず、野良犬たちがだるそうに道路に寝そべっている姿が目に付きます。台風が多いのもこの時期です。11月から12月頃は日中20度前後、夜になるとやや冷えるようになります。1,2月は台湾でももっとも寒く、また寒暖の変化が激しいので体調管理に注意が必要でしょう。

3.人口
総人口約2300万人。人口密度は世界的に見ても高く、東部より肥沃な西部に大都市が多いのが特徴です。主要都市では台北市が260万人、高雄が150万人、新竹が40万人ほど生活しいています。ちなみに、日本と同じく少子化が進んでおり、人口増加率は年々低下しています。日本以上に晩婚化が進んでおり、共働きが普遍化していることも関係しているようです。

4.民族
歴史的な統治主権の変遷もあり、台湾のエスニックマップは複雑です。現在全人口の98%はいわゆる中華系民族で、うち多くは福建系と客家系の二大系統に分けられます。また血統的な分類とは別に、彼らのうち1945年の日本統治時代終焉までに大陸から移住した人たちを「本省人」、戦後国民党軍とともに移り住んだ人々を「外省人」と呼び分けることがあり、現在に至るまで両者の異なる政治背景が様々な軋轢を生み出して来ました。

5.言語
公用語はいわゆる「北京語」ですが、現在中国大陸では文字を簡略化した「簡体字」使われているのに対し、台湾では旧字体の「繁体字」が使われています。また生活言語としては中華系移民の母語である「客家語」や「台湾語」なども広く使われており、原住民の言語もわずかに残っています。この他日本統治時代に教育を受けた世代(本省人で現在70歳以上)の中には、今でも流暢な日本語を使いこなす人が大勢います。それより若い世代でも、ビジネス界で日本と交流のある人や日本のサブカルチャーを好む若者たちの中には、熱心に日本語を学び、活用をしている人たちが大勢います。

6.教育制度
義務教育6・3年生、高校3年生、大学4年生は日本と同様です。この他専門学校に当たる機関もあります。台湾は二本以上の学歴社会で教育熱も高く、幼児からの英語教育はもはや当たり前、最近は日本語を教える幼稚園も増えています。また最近、英語が小学校5年からの必須科目となりました。4年制大学の入試は、統一試験で行われ成績の良い順に希望校への入学資格が与えられます。厳しい競争社会を象徴するかのように予備校や学習塾の看板が町のあちこちに見られます。

7.通貨
台湾元、もしくはNTD(ニュー台湾ドル)と呼ばれる通貨です。対日本円レートも不安定ですが、おおよそ1元=3円ほどで推移しています。

8.電圧
家庭用の一般電圧は110ボルト、60ヘルツで、日本の家電製品は基本的にそのまま利用可能です。但し、精密機械の場合、長時間接続していると問題が発生する可能性もあるので、変圧器を解した方が無難かもしれません。また一般家庭でもクーラーなど高電圧家電用として、部屋の上方部にしばしば220ボルトコンセントが準備されています。間違ってここに日本製品を差し込まないよう、注意が必要です。

9.通信
電話や郵便、そしてインターネットは日本並みに発達しています。ホテルでも室内のネット利用はもちろん、ロビーに共用のパソコンが準備されている場所も多いようです。国際電話は、コンビニなどでテレホンカードを買って、一般の公衆電話からかける事もできます。500元(約1500円)のカードで15分くらいは通話可能です。

10.政治
現在台湾及び周辺海域を実効支配しているのは中華民国です。もともと中国大陸の政権党であった蒋介石率いる国民党が、毛沢東率いる共産党との戦い(国共内戦)に敗れ、最終的に台湾に撤退、これを拠点としたことから現在の状況が生まれました。その後毛沢東は中華人民共和国を設立しましたが、国際法上かつての国民党支配地域を保持したままでの主権交代となるため、台湾もその領土に含むという主張により、台湾の領有権をめぐっては両者の間で現在まで政治的対立があります。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◆ 台湾日本語教師派遣 カテゴリートップに戻る
 台湾日本語教師派遣 プログラム詳細

≪その他台湾日本語教師派遣のお薦めコンテンツ≫
 ○ 台湾日本語教師派遣プログラムの特長
 ○ 台湾現地情報 -基本情報編-
 ○ 台湾現地情報 -生活編-
 ○ 台湾現地情報 -日本語教師就職編-
 ○ 参加に当たって具体的なスケジュール
 ○ 養成講座受講⇒台湾で経験⇒台湾で就職
 ○ 台湾で日本語教師体験 体験談紹介

     【その他関連コンテンツ】

      ◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ ニュージーランドで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ カナダで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ アメリカで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ イギリスで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ ドイツで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ タイで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ 台湾で日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧

      ◆ オーストラリア有給インターンシップ カテゴリー一覧
      ◆ タイ有給インターンシップ カテゴリー一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

posted by BBI at 2008/08/17 22:30

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.