日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

モンゴルに短期で参加という方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加

        -このブログ記事内容は【2010年6月21日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


モンゴルに短期で参加という方法 日本語教師!
モンゴルでは2週間からの短期で参加することも可能です!滞在付き♪

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

今週もスタートしました、どうぞよろしくお願いいたします。さて、先週にモンゴルでの有給インターンシップ修了後、そのまま就職したお話をしましたが、

 > モンゴルで就職!有給インターンシップを経て

そんなこともあってか、俄然、モンゴルが最近人気です!モンゴルは親日国でもありますし、日本人に対しての観光ビザの緩和などとてもいい傾向が続いていますので、ぜひ、日本人ウェルカムのモンゴルで今後もどんどん活動をして頂きたいです。何といってもモンゴルという国は、欧米諸国とは違う、まったく別の文化を持っていて(ソビエトの影響を多く受けている)、思い浮かべるだけでも、高原、草原、ゲル、遊牧民、モンゴル相撲(ブフ)など、海やリゾート地やそういったものとは別の文化的、国的魅力があります。

モンゴルツアーも結構人気のようで、ツーリストキャンプに滞在するツアーは、モンゴルの代表的な観光となっていますね。

そんなモンゴルですが、BBIでは、6ヶ月間、1年間の日本語教師有給インターンシップとして、現地の大学で日本語教師として活動をいただく方を募集し、活動頂いております。

昨年9月から参加された方は、そのまま1年間の活動を終えて、この9月の新年度からは、正式に就職され、さらに活動を続けられることとなりました。それが冒頭でお話ししたことです。

このように有給インターンシップとしてモンゴルに関して扱いをしていますが、同時に、

短期でも日本語教師(アシスタント教師)として

も取り扱いをしていることをご存知ですか?

BBIでは、以下のページで、モンゴルの日本語教師派遣プログラムに関して紹介しています。

 > モンゴルで日本語教師派遣プログラム

実はこのページにも記載していますが、短期2週間から日本語教師体験(日本語教師アシスタント)として活動をすることもできるのです。

そして短期の場合は、有給インターンシップと違って、日本語教師関連の資格保持は必要ありません。従って日本語教育に興味がある、モンゴルが好きだなどの理由で参加することもできます。

以下に短期モンゴルで日本語教師派遣プログラムの概要をお知らせします。

モンゴルの大学で短期日本語教師体験!
*******************************************************************
■モンゴル2010年9月~2011年6月期
研修地 : モンゴル ウランバートル
活動開始日程 : 随時(スクールホリデー除く)
募集人数: 随時1~2名(混み具合で派遣できない場合もあります)
募集締切日 : ご出発の2~1ヵ月半前
募集条件 : 22歳以上
ビザ : 観光ビザ
待遇 : 滞在先を提供(寮での滞在)
※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ モンゴルで日本語教師有給インターンシップ
  
日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************


【短期モンゴルで日本語教師体験!特長】

○ 2週間からの短期で参加できる(2週間、3週間、1ヶ月間、3ヶ月間)
○ いつでも参加可能
○ 日本語教師関連の資格など不要
○ ボランティアとしての活動
○ 滞在先の提供(食費は個人負担、自炊可能)
○ モンゴルの観光と組み合わせも可能(ツーリストキャンプ滞在など)
○ 30日間まではビザなし(観光ビザ)で対応可能


以上が短期のモンゴルでの特長となります。

基本的にモンゴルの大学にて日本語教師体験、日本語アシスタント教師などん活動をして頂きますが、現地には、日本人含めて多くの日本語教師がいるので、

 ○ 日本語教師の活動が初めての方
 ○ モンゴル語ができない方
 ○ モンゴル訪問が初めての方


でも問題なく参加できます。

気をつけることとして、スクールホリデー期間中は受付ができないことや、受け入れ枠等の問題で、ご希望の時期に出発できないことが考えられます。

従って、もしご希望であれば、派遣インタビューを受けていただくとともに、ご希望の日程をあらかじめお知らせ頂きましたら、その時点での空き状況に関しても現地に確認のうえお知らせさせて頂くこともできます。


:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【派遣校の詳細】

設立年月日: 1993年設立の私立大学
日本語教師数 : 14
生徒数: 630
日本語授業時間: 週12コマ
給与: 400,000トッグルグ(約400$) ・・・生活するに十分な費用です
他手当て: 40,000トグルッグ(約40$)
※給料等は有給の場合
就労時間: 授業時間範囲内
休日
・休暇: 土、日
滞在先のサポート: 寮無料提供
ビザ取得のサポート: 就労ビザまたは観光ビザを取得します

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【モンゴルへ派遣の特徴】

◎ 6ヶ月間以上の有給に参加には日本語教師関連の資格保持が必要
◎ 3ヶ月間未満の参加の場合は日本語教師関連の資格がなくても参加可能
◎ いずれの場合も基本的に滞在先の適用あり
◎ モンゴルは日本語熱が高い派遣国
◎ 指導方法は、直接法(日本語で日本語を指導)
◎ 従って、モンゴル語ができなくても活動可能
◎ 但し、モンゴル語を勉強したい方にはもちろん良い環境
◎ 現地活動場所には日本人先生、日本語が流暢な先生もいらっしゃるので安心
◎ 有給の場合は、最初の月から給料の支給あり!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◇ モンゴルで日本語教師海外派遣プログラム
◇ モンゴルの治安について
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

posted by BBI at 2010/06/21 16:03

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.