日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

こちらも負けじとタイで就職決定!日本語教師!

このエントリーをはてなブックマークに追加
      -このブログ記事内容は【2010年6月18日】付けの情報となります-

************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
************************************************************************************************


こちらも負けじとタイで就職決定!日本語教師!
-タイで有給日本語教師インターンシッププログラム-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

このところ気持ちの良いシドニーの気候が続いています。冬なので基本寒く、オフィスの中は暖房を入れていますが、それでも抜けるような青空は、シドニーらしくてとても気持ちがいいです!

この調子で今週末も気持ちよく過ごしたいものですね。

さて、昨日、モンゴルで有給インターンシップを修了後、そのままその学校でこの9月の新学期から専任日本語教師として就職をされた方のお話をお伝えしましたが、こちらは負けじと、タイで就職を決められた方からの嬉しいニュースが届きましたので、皆さんに紹介します。

ただ、今回の方のタイでの専任日本語教師としてのプロセスはモンゴルの方とは異なります。

モンゴルの方は、

①モンゴルで有給インターンシップ ⇒ ②そのままモンゴルで同じ機関で就職

でしたが、タイの方は、こういったプロセスではありません。ある意味とてもサクセスストーリーなプロセスだったかもしれません。内容的には以下の通りです。

①シドニーで日本語教師養成講座420時間を受講 
 ⇒ ②オーストラリアで日本語アシスタント教師の活動
  ⇒ ③タイの大学で専任日本語教師として就職が決定

つまりこの方は、何も日本語教師関連の資格を持たずに、資格取得からBBIをご利用され、シドニーでまずは420時間の資格を取得し、その後そのままオーストラリアのセカンダリー(中高校)で日本語アシスタント教師を約3学期間活動され、最後にタイに行き就職を勝ち取ったと言う事です。

シドニーで日本語教師養成講座をスタートしたのが、去年(2009年)の7月からでしたので、ちょうど1年間で、

 資格取得 ⇒ 経験 ⇒ 就職

を成し遂げました!

これは本当にすごいことですね。そして日本語教師や日本語教育関係に専門で携わっている
BBIとしてはこの上なく嬉しかったことですし、とても喜びました。

間違いなくこの方が、努力をされ、日本語教師の仕事に魅力を感じ、海外で挑戦されることを選択された勇気があったからこそ成しえたものだと思いますが、そのきっかけや携わることができたことは、本当に嬉しかったです。

以下にご本人からのご連絡です。

私も無事に日本語教師になれました。
今私はタイの△△工科大学◇◇キャンパス教養学部日本語学科の講師としてはたらいています。(念のため学校名は伏せさせて頂きます、ご了承下さい)

オーストラリアでアシスタントをした後、日本に帰る前にタイに立ち寄り、この大学を訪れ無事に採用されました。

これもBBIさんのおかげです。ありがとうございました。

日本を出国する前にBBI大阪の池頭さん(BBIスタッフ)に会いにいったのですが残念ながら彼は出張中でしたが、BBIの職員の方とお話できましたのでよかったです。

おねがいがあるんですが、ユミコ先生とMt Lilydale の学校の先生方にこのことを伝えていただければ幸いです。

ありがとうございました。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

この方は恐らく、もともと、日本出発前までは日本語教師として海外で就職するとは明確に目標にされていなかったと思いますが、シドニーで養成講座を受講しているときに特に後半に、ダンダンその目標が具体化してきたのではないかなと思っています。

そして、アシスタント教師として活動中は、養成講座で学習した直接法という指導方法とは違う間接法という環境の中で、先生からも学校からも生徒からも信頼を得て活動されていました。

そしてその現場が恐らく良かったのだと思いますが、最終的にタイを選んで、就職までこぎつけています。

モンゴルの方の様に、日本語教師関連の資格を初めから保持していて、そのキャリアアップのために有給インターンシップを利用し、就職まで行きつくパターンもあれば、この方のように

まずは資格取得
その後、現場経験(この方の場合はボランティア)
そして就職


と言うように組み立てることもできます。

こうすることによって、

 ○ 日本語教師の資格がなくても就職に行き着く道がある
 ○ 活動期間を通じて学校の様子、教え方の手法等を経験することができる
 ○ それを踏まえてその後に挑戦する事ができる


という道筋が描けます!

シドニーで日本語教師養成講座自身がとても実践的な講座内容なので、そのことがとても役立ち、ベースとなり今回の結果につながっていると思いますが、段階を踏んで就職まで行くことで、その都度経験を積み、自信につなげる事もできるのかなと思います。

今回も、本当の嬉しいニュースでした!この方のように、はじめは素人でも将来の日本語教師に向けて目標を定めて突き進むこともできますので、是非参考にされて下さい!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
◇ タイで有給インターンシップ
◇ オーストラリアで有給インターンシップ
◇ 
モンゴルで有給インターンシップ

◇ タイの派遣校詳細
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ タイで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧
◇ タイ、ノンイミグラントBビザの申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2010/06/18 11:54

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.