日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

日本語教師養成講座から海外派遣プログラムへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

           -このブログ記事内容は【2010年5月10日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


日本語教師養成講座から海外派遣プログラムへ
-ドイツへの日本語教師派遣プログラムの例-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

日本は、五月晴れや暖かい日々がダンダン普通になってきていますが、こちらシドニーはそれとは反対、ダンダン冬に向かっています。

今日は気持ちの良い青空ですが、やっぱり朝は寒いです。上着を会社に忘れたので、今日はワイシャツにマフラーで出勤したのですが、ワイシャツのみはさすがに寒かったですね。

こうやって南国とイメージされているオーストラリアは、ダンダン冬に向かって寒くなっていきます。日本の暦に合わせると11月ですから、そりゃー寒いですよね!

というわけではないのですが・・・^^、今日は日本と同じ暖かい話をお届けしたいと思います。

ご存知の通り、BBIでは、日本語教師や日本語・日本文化など日本そのものを世界に伝えるべく仕事のサポートをしています。

よって、日本語教師として育成された方が、世界で日本で活躍することをサポートできたり、そういったことの活躍ぶりを拝見できることは至極の喜びとなります。思わず、頑張ってるなぁー!すごいなぁー!と嬉しさと共に元気をもらいます。

今日はそんなお話を紹介したいと思います。

題名の通り、

日本語教師養成講座から日本語教師海外派遣プログラムへ

と言う事ですが、

BBIで紹介している日本語教師養成講座420時間で勉強され、その後BBIの日本語教師海外派遣プログラムに参加し、現地で活動をされているレポートが先日入りました。

その方はドイツでの活動です。

まずは、毎月活動していらっしゃる方から届くこの方のマンスリーレポートから紹介します。

①4月の派遣校の活動で印象に残ったことは何ですか?

4月第2週からすべての授業を任されることになりました。帰国の来年1月末までの27回分の授業計画表を作成し、提出しました。授業は週1回、1回30分、従って27回分の合計でも、授業総時間は13.5時間です。この時間的制約の中で、学習範囲をどこまでとするかで、長い間悩みました。結局、参考書を「日本語の教え方」(アルク出版)とし、同書の第1課~10課で扱われている学習事項を授業目標とすることで、Frohberg教師の了解を得ました。

②自分が携わっている授業で評判の良かった授業を教えて下さい(教案、内容、方法等)

担当教師は毎回褒め言葉を口にしてくれるが、実際のところは時間切れで終わることが多く、とてもとても褒められた授業はまだ出来ていません。

とくに悪かったの先週の授業で、教案で予定したものの半分少々を終えたところで、時間切れ。恥ずかしい思いをしました。(この分の教案を添付します)むろん、時間切れで出来なかった分は次の授業で挽回をはかりますが、そうならない教案作りがこれからの課題といえそうです。

③自分が携わった授業で反省点のある授業は何ですか?またそれはどのポイントですか?

②で記したように、盛りだくさんにならない、時間内に終えることができる、時間配分をしっかり書き込んだ、教案作り。
授業中の、時間のコントロール。ときには、生徒の理解がまだ得られていないと思っても、次の項目に移る勇気、割り切り方を早く身につけること。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

上記のマンスリーレポートはこの方のその月の一部の紹介ですが、これを読んだときに、とても一生懸命頑張っていらっしゃるな!と強く感じました。

実は、この方、シドニーで日本語教師養成講座420時間を受講され修了された方です。

その後、ドイツに行って活動してみたいとの事でしたので、BBIプログラムを通じてご参加いただきました。

もともとお仕事柄、海外に携わっていらっしゃった方で、海外での活動や生活等に慣れていらっしゃる方でした。その事もあって日本語教師養成講座受講にも至ったのですが、正直ドイツでのこの活動をされたいと言われたときにはちょっとびっくりしました。

というのは、これは、僕の全くの私的な感想なので、間違っていたことであり、ご本人にとっては元々全く違ったのだと思いますが、日本語教師養成講座を受講している際の取り組み方が、真正面にドップリとという感じでなかったようにお見受けしたのです。

『難しすぎて大変です』、『年なのでついていくのが大変です』、というようなこともおっしゃっていたので、確かにこのシドニーの講座は、エネルギーやパワーを必要としており、かなりのやる気や行動力がないとしんどい一面があります。逆に言うとその分きちんと学んだ方は、即、日本語教師としての活動をして行っています!

それだけ実践力が身につくし、教える事の自信がつけられる講座で、それが、このシドニーの日本語教師養成講座の最大の特長でもあります。

従って、この方は確かに20代30代の方ではないので、いろいろと大変な部分もあり、ご自身のペースでこの講座をうまくこなされて対応していて、若い方々がそのままの気持ちをぶつけて対応されているのとはちょっと違った形で受講されていたと思っていました。

ところが、さにあらずでした!全くの僕の見当違いというか、心底多くいろいろなことをシドニーの講座を通じて勉強されていたのです。上記のレポートからもとても熱心に積極的にエネルギッシュに活動していらっしゃる様子が本当に良くわかります。

ドイツという海外の環境で、またドイツというあまり日本語教育が長けていない環境で、その中でメインの授業を任され、制限のあるクラス時間の中でできるだけ良い授業のパフォーマンスを志し、工夫をし、取り組んでいる様は本当に嬉しかったですし、すごいなぁ!と心底思いました。

シドニーで日本語教師養成講座420時間をしっかりと学ばれていて、そして自分のものとされ、そのことをこの現場でしっかりと受け継がれ実践として対応されているのです。

ご自身の授業方法等を反省しながら次回以降に備える姿は、正に現役の日本語教師がよく言う、『一生勉強』を実践されているようで、本当に心強く感じました。

シドニーでの講座で学んだことが、もちろんの事ベースになって今のその方の活動があると思いますが、彼を通じてドイツのその学校では、日本語を学んでいる生徒がいると思うと、本当に良かったなぁと感じますし、講座を学んだ受講生がこうやった巣立っていき、活躍をされる様子は本当に嬉しい限りです。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

BBIではよく組み合わせプランとして

日本語教師養成講座⇒日本語教師海外派遣プログラム

としても紹介をしていますが、それぞれどのような方法で先に進むかはご自身の目的やご希望次第です。

日本語教師養成講座420時間を受講したのち

 ⇒ 日本語教師として就職する
 ⇒ 有給インターンシップとして直接法を使って日本語教師として活躍する
 ⇒ 日本語教師海外派遣プログラムを使って主に間接法で日本語教師として活躍する


など、資格を取得したのちにご自身の希望によって、どのように展開をしていくかが決定していくと思います。

いろいろな方法の中で、資格を取ったのですから、是非、いい日本語教師として更に先のステップアップとして頑張って頂ければと思います。

BBIではそういったご希望に出来るだけ応えられる様に、ご希望や状況をお伺いしてお薦めのプランなどを紹介させて頂いています。資格を取る前からのご相談でももちろん問題ございませんので、どうぞお気軽にお知らせ下さい。

尚、ささやかかもしれませんが、BBIを通じて組合せでプログラムをご利用される場合は、組合せ割引がもれなく適用となりますので、どうぞこちらもご利用下さいませ。



BBIでは今後ももちろん、良い日本語教師が日本で世界で活躍されることのサポートが少しでもできる様に頑張っていきたいと思います。


【各プログラムの詳細はこちら】

 > プログラムのお問合せや組合せプランのご相談はこちら
 > シドニーで日本語教師養成講座
 > ゴールドコーストで日本語教師養成講座
 > 通信で日本語教師養成講座
 > 日本語教師養成講座420時間とは
 > 日本語アシスタント教師のバイブル本?
 > 簡単なオンライン派遣インタビュー申込書


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【各派遣国の日本語教師派遣プログラム概要】

(有給インターンシップ)
 ◇ オーストラリアで有給インターンシップ募集要項
 ◇ タイで有給インターンシップ募集要項
 ◇ モンゴルで有給インターンシップ募集要項

(ボランティアインターンシップ)
 ◇ オーストラリアで日本語教師募集要項
 ◇ ニュージーランドで日本語教師募集要項
 ◇ カナダで日本語教師募集要項
 ◇ アメリカで日本語教師募集要項
 ◇ 
イギリスで日本語教師募集要項
 ◇ ドイツで日本語教師募集要項
  台湾で日本語教師募集要項

  タイで日本語教師募集要項

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/05/10 09:33

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.