日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

シドニーで日本語教師養成講座受講時の滞在

このエントリーをはてなブックマークに追加

       -このブログ記事内容は【2010年4月26日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


シドニーで日本語教師養成講座受講時の滞在方法!
-大人気のシドニーで日本語教師養成講座420時間!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

今日2つ目のブログアップです。

同じく、シドニーで日本語教師養成講座に関してお伝えしますね。

今回お伝えするのは、シドニーに来たときの滞在方法について。

ほとんどの方が、最初の4週間くらいは少なくともホームステイを選択されています。

ところがこのホームステイも受講生にとってはいろいろな要素を含んでいるようで、ここでもこの講座の忙しさが、状況を左右することもあります。

では本題に入る前に、クイックで、この講座の2010年のコースの残席状況に関してお伝えしますね。

【シドニーで日本語教師養成講座420時間スケジュール】 (4/26現在)

≪2010年≫
 ○ 5月24日~8月13日 ・・・ 満席
 ○ 7月5日~9月17日 ・・・  残5席
 ○ 8月16日~11月5日 ・・・  残7席
 ○ 9月27日~12月10日 ・・・  残6席

お申込: シドニーで日本語教師養成講座 お申込み 

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【今日のコンテンツ】
シドニーで日本語教師養成講座受講時の滞在方法について


シドニーで日本語教師養成講座420時間を受講されるときには、わざわざシドニーまで来るので、もちろん皆さんどこかに滞在しながら、通学して頂くようになります。

この滞在方法ですが大きく分けて

 ○ ホームステイでの滞在
 ○ シェアルームでの滞在


に分けられます。

それぞれ個々に内容は異なりますが、おおよそホームステイは、オーストラリア人家族と同居し、自分の部屋が与えられ、平日2食、週末3食の食事が付く滞在方法です。

一方、シェアルームは、オーストラリア人含めて留学生などもいるおうちをリビング、キッチン、バスルームなどを共有で使い、部屋自身は自分自身で使用する、又は部屋も他の人と共有することで生活するものです。食費は家賃には含まれないことがほとんどで、従って、ご自身で自炊するか外食をすることで賄うこととなります。

それぞれ良い点、不足点等ありますので、ご自身に合った、方法で滞在することが一番なのですが、以下にこの講座を受講するに当たってののヒントをお伝えしたいと思います。

◎ホームステイに関して

良いと思われる点

 ・ オーストラリア人の生活スタイルを共有できる
 ・ 食事が付いているのでその費用が掛からない、面倒くさくない
 ・ 自分の部屋がある
 ・ 英語の環境

不足すると思われる点

 ・ 平均1時間程度の通学時間(学校まで時間が掛かる)
 ・ ご飯の時間(特に夕ご飯)に帰る事が出来ない場合もある
 ・ 平日は遅く帰宅するのであまりコミュニケーションが取れないこともある

◎シェアに関して

良いと思われる点

 ・ 自分のペースで生活することができる
 ・ 滞在費が比較的抑えられる
 ・ シティー中心部でも滞在することができる
 ・ 遅く帰ったりしても気を使う必要がない
 ・ シティー中心部で滞在した場合、通学時間が掛からず、通学費用もかからない(徒歩の場合)

不足と思われる点

 ・ 日本人同士でのシェアも多く、英語をあまり使わない
 ・ 食事を自分で作る必要がある
 ・ シティー中心部だと家賃も高い
 ・ シティー中心部だと自分専用の部屋でなく他人と一部屋を同居することもあり、その場合は勉強しずらい
 ・ 自分のペースで生活できるのでついつい流されてしまうことがある
 ・ シェアを探すことは、簡単ではない。例えば土地勘も必要だし英語力も必要

以上の様なメリットデメリットがそれぞれあります。

ほとんどの受講生は、ホームステイを希望される方が多いのですが、途中で、この講座があまりにも忙しく、勉強をする時間が多いために、ホームステイ先との往復の時間がもったいなく感じたり、遅く帰るのでご飯が食べられなかったり、ホームステイそのもののよさが、忙しさのあまり、少なくなることもあります。従って、途中でシェアに替える方もいらっしゃいます。

ただ、いきなりシェアを探すことは、シドニーが初めてであれば難しさがあります。

従って、BBIとしては、最初の4週間程度はホームステイで過ごし、その後その滞在環境が授業準備等を邪魔するようであれば、シェアルームにそれから移行する方法が、恐らく良いのではないかと考えます。

もちろん、ホームステイの環境がご自身にとって居心地がいいのであれば、そのまま延長することも可能です。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

BBIでは、もしシェアルームをご希望であれば、シェアルームの探し方、どの地域がいいのか、家賃の値ごろ感などをお伝えしています。また、役立つシドニーでの生活冊子もお渡ししています。

BBIには無料で使える日本語環境のパソコンがあるので、この受講生は、授業が終わると良く、インターネットをしにオフィスにきています。

そこで、シェアの探し方などをお伝えしますので(ネットで探す方法がありそれが一番です)、それを下に皆さん探されているようです。

先にお伝えした、この講座は人によっては

『マジで忙しい!講座』です。

従って、滞在先の環境

 ○ 通学時間
 ○ 自分の部屋で勉強できるかの環境


などがとても重要な要素となってきます。

しっかりと受講し、オーストラリアの生活様式も得るためにそれぞれ良い方法があると思いますので、どうぞご自身に合った方法を選択してみてください。

ただ、BBIとしては、シドニーが初めてであれば、最初はホームステイからするのが良いと思います。ただ、それは4週間程度で、その後は、延長するか、シェアルームに以降するかは、ご自身で見極めて対応されるのが良いと思います。

以上、シドニーで日本語教師養成講座を受講する際の滞在先のヒントです。

どうぞご参考下さい。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ

 シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ目次

 ○ 先輩後輩の効能!シドニーで日本語教師養成講座
 ○ 講座の秘密と充実過ぎる内容!
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ 全養協(全国日本語教師養成協議会)とは
 ○ 全養協 日本語教師試験日程発表(2009年)
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/04/26 11:15

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.