日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

イチオシの語学学校グリニッチカレッジの体験談

このエントリーをはてなブックマークに追加

       -このブログ記事内容は【2010年4月6日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


イチオシの語学学校グリニッチカレッジから体験談
-700豪ドルオフ♪の他いろいろなキャンペーンもあるので大注目です!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先ほどお伝えした英語教師TESOLの資格に関して
グリニッチカレッジ(Greenwich College)のキャンペーン情報をお届けしましたが、この学校は、このキャンペーンのみではなく、他のキャンペーンも行っており、また質の良い学校でBBIとしてもTESOLコースも然りですが、他の一般英語、IELTSコース、RSAなどのReady for Workの資格取得コースなども大変お薦めです。

従って、今回のブログでは、このグリニッチカレッジの他のキャンペーンと体験談をお伝えしたいと思います。

シドニーにはたくさんの語学学校がありますが、この学校は、質が高く、リーズナブルで尚且つ、校長先生はじめ学校全体で英語を教えるという姿勢がとても良い学校です!

BBIとしても安心してお薦めできる学校ですので、TESOLコース以外でもぜひ利用をされてみてください。

では、まずはこのGreenwich Collegeの4月のキャンペーンからお伝えします。


【2010年4月 Greenwich Collegeのキャンペーン情報♪】

Greenwich College  -BBIイチオシの語学学校!-

<TESOLコース Certificate Ⅳ in TESOL>
授業料 3800
豪ドル/8週 ⇒ 3100豪ドル/8週
 ・・・ 8週間で700豪ドルもお得♪

※期間:8週間、25時間/週
※入学金100豪ドル(学生ビザのときは150豪ドル)
※毎週月曜日入学可能

<一般英語・IELTSコース>
授業料 320豪ドル/週 ⇒ 300豪ドル/週
 ・・・ 1~11週間お申込の方対象、例えば8週間で160豪ドルもお得♪

※期間:1~11週間 週当たり20豪ドルオフ
     12~17週間の場合 280ドル/週となり、週当たり40ドルオフ
     18~23週間の場合 270ドル/週となり、週当たり50ドルオフ
     24週以上の場合 250ドル/週となり、週当たりなんと70ドルオフ!
※期間:月曜日から金曜日 週25時間
※入学金100豪ドル(学生ビザのときは150豪ドル)
※毎週月曜日入学可能


更に16週間以上お申込みの方にもれなくReady for work プログラムがフリー(無料)となります!
Ready for workとはRSAの資格など、オーストラリアの飲食関係であるバイトをする時に必ず必要な資格でGreenwich CollegeではRSA、RCG、RFHの3種類の資格取得コースを扱っています。

ちなみにこのReady for Workコースのみを受講することも可能で、その場合は65ドル/日(RFHのみ85ドル)で受講できます。この費用はどこの語学学校よりも安くまた1日で取得できるのでとても人気のコースです!(毎週土曜日開講、10時から午後5時)

English Clubに出席することによって無料コーヒー券、最大ブルーマウンテン等のツアーが提供されます

<Cambridge FCEコース>
授業料 3200豪ドル ⇒ 2800豪ドル
 ・・・ 400豪ドルもお得♪

※期間:10週間、6月21日開講コース対象 週25時間
※入学金100豪ドル(学生ビザのときは150豪ドル)
※6月21日入学可能


キャンペーン締切: 2010年5月31日までにお申込み

Greenwich Collegeの特長
この学校はTESOLの専門学校です。従って、講師の質、カリキュラムの質などかなり整っています。この資格を取得したいならBBIイチオシの学校です!

また、英語を教えることに常に真面目に考え向き合っている学校です。教師の質を上げることに力を注ぎそれは常に学生に対して良い授業を施すことを目的に行われている特長が、この学校を本当にお薦めできる大きな点です。

【国籍比率】2010年4月時点

韓国 ・・・ 22%
ヨーロッパ ・・・ 21%
日本 ・・・ 15%
ラテンアメリカ ・・・ 14%
ブラジル ・・・ 13%
東南アジア ・・・ 11%
中国 ・・・ 3%
中東 ・・・ 1%


上記のようにとてもバランスよく国籍比率になっているのこの学校の特徴です。

 > Greenwich Collegeの学校情報はこちら

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

【体験談 ~Greenwich College 一般英語コース~】

國分 晃奈 さん 一般英語/IELTSコース

この学校で学んで良かったと本当に思います。なんといっても一番の理由は生徒へのケアが行き届いているという点です。受付にいつも座っていたMioは本当に素晴らしいレセプショニストです。学校見学をした時に彼女に案内してもらったのですが、英語が母国語の彼女は全て英語で説明をしてくれました。(日本語も分かるのでお願いすれば日本語でも対応してくれると思いますが・・・笑)

それは英語を学びに来た私にとって、考えてみればオーストラリアに来ているのだから当然なのですが、とても新鮮に感じました。いくつか学校見学をしたうち、GreenwichだけがAll Englishで対応してくれ、日本人も少なく、英語を学ぶのに最適な環境だと感じました。生まれも育ちも日本人のスタッフが学校にいるということ=それだけ日本人の人数が多いということだと思います。

実際、私がいたころは時期的なものもあるかもしれないのですが日本人は5人だけ。クラスにはもちろん日本人は私ひとりという環境でした。Greenwichは日本人の比率が低く、徹底して英語を使う環境下に自分を置きたい人にはぴったりの学校だと思います。

レセプショニストのMioはいつも笑顔で、常に生徒の様子にアンテナをはりながら迎えてくれています。そのため元気がなさそうにしているとすぐばれます・・・。生徒ひとりひとりの名前も覚えてくれています。何度わたしがMioの笑顔によって助けられたことか・・。休み時間は何かと理由をつけてMioに用もないのに話しかけていました。時には友達のように、姉のように、接してくれた彼女には本当に感謝しています。

レセプショニストだけでなく講師陣もおもしろくて分かりやすいやる気を起こさせる先生ばかりでした。なかでも印象に残っているのがJakkiRoxyです。二人のおかげでわたしの英語力は確実に伸びました。習ったことを次の日、そして忘れそうなころ絶妙なタイミングで確認するので知識が定着しやすいと感じました。授業内容が優れているのももちろんのこと、留学生活すべてにおいてポジティブな力や考え方を与えてくれたように思います。

もちろん様々な国のかけがえのない友人も得ることができました。Greenwichで過ごした日々は私の一生の宝物です。Greenwichで学ぶことができ、本当にラッキーでした!!これからこの学校で学べる生徒のみなさんはラッキーです!!!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

以上、Greenwich Collgeの4月のキャンペーン情報と体験談をお知らせしました。どうぞご参考下さい。本当に良い学校です!





∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ TESOL英語教師のご質問は ・・・ お問合せ
◇ 英語教師余生講座のお申込みは ・・・ 仮お申込 

◇ 英語教師養成講座とは
◇ TESOL英語教師とは
◇ TECSOL児童英語教師とは
◇ 児童英語教師体験談

◎英語を鍛える身に付けるプログラム


 ○ 実生活英会話
 ○ 英語教師養成講座TESOL
 ○ 児童英語教師養成講座TECSOL
 ○ お薦め語学学校一覧

更に鍛えて実践を踏むには

 ○ 日本語教師派遣プログラム(英語圏がお薦めです!)
 ※ここから各国のプログラムを見てください

 ◇ キャンペーン情報・割引情報の記事一覧
 ◇ 今月のキャンペーン・割引情報

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

posted by BBI at 2010/04/06 11:12

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.