日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

700ドル割!TESOL英語教師に必要な資格!

このエントリーをはてなブックマークに追加

        -このブログ記事内容は【2010年3月4日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

700ドル割引!TESOLこれからの英語教師に必要な資格!

-3月のお得なキャンペーン!TESOL英語教師養成講座

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は今月のクローズアップ、トピックに関して紹介します。

既にホームページ上で紹介している今月のクローズアップですが、

 TESOLこれからの英語教師に必要な資格!

こちらのブログでもこの件紹介させていただきますね。

BBIでは、従来の『将来日本語教師になりたい』という方へのサポート以外に、今年から特に英語教師になりたい方も強くサポートするようになりました。

英語教師の資格には大きく分けて2つあります。

 ○ 児童英語教師(12歳未満の子供対象)
 ○ 英語教師TESOL(12歳以上の大人対象)


今日はこのうち、このトピックで取り上げている、TESOLの資格についてお知らせします。

日本で英語教師になるには、中学校以上では、英語の教職免許を取得することが必要で、その免許と教員採用試験に合格すれば、英語教師として晴れてデビューできます。

ところが、中学高校等での英語教育の現場では、いかにいい大学に進学してもらうかに焦点が当たった、受験英語がいまだに主流です。よって授業は、リーディングや文法事項などが多く、スピーキング、リスニングに関しては、まだまだ十分に授業が施されていないと思います。

その事が理由だけではないと思いますが、日本人はなかなか社会に出たあとに、英語を使いこなして仕事をしたり活動をしたりする人が少ないです。

そこばかりに、危機感を感じたことではないと思いますが、
文部科学省主導で、平成15年に「英語が話せる日本人計画」が発足しました。

そしてそれを受けて実際に行われる行動計画として

①英語授業の改善
目標: 「英語を使用する活動を積み重ねながらコミュニケーション能力の育成を図る」

②英語教員の指導力向上及び指導体制の充実
目標: 概ね全ての英語教員が、英語を使用する活動を積み重ねながらコミュニケーション能力の育成を図る授業を行うことのできる英語力(英検準一級、TOEFL(トーフル)550点、TOEIC(トーイック)730点程度以上)及び教授力を備える

③小学校の英会話活動の支援
目標: 総合的な学習の時間などにおいて英会話活動を行っている小学校について、その実施回数の3分の1程度は、外国人教員、英語に堪能な者又は中学校等の英語教員による指導を行う

等が掲げられています。

このうち注目すべき点が②の

英語教員の指導力向上及び指導体制の充実

で、その目標の中に

 ◇ 概ね全ての英語教員が、コミュニケーション能力の育成を図る授業を行うことのできる
 ◇ 教授力を備える


となっています。

つまり、英語を使って英語の授業ができる教授力を身につけ、
コミュニカティブに指導できる能力の育成が必要だと言っているわけです。

この英語で指導でき、コミュニカティブに指導できるスキルを身につけられるのが、ズバリ!

TESOL英語教師養成講座

なのです。

BBIではこの内容に着目し、これからの英語教師に必要な資格として、このTESOLを身につけて頂く方を支援するために、シドニーにあるTESOLを扱っている語学学校を一つ一つ見学しに行きました。

TESOLの授業も見学させていただきましたし、校長先生ともお話して、このTESOLに対する取り組みなどを確認してきました。

その中で、BBIとしてお薦めできる学校を以下のページでお伝えしています。

 > BBIがお薦めしているTESOLを扱う学校
   ○ Greenwich College
   ○ ACE/ATTC
   ○ Pacific Gateway International(PGI)
 
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

そして、そのうちの一つであるGreenwich Collegeでは、今月3月一杯にお申込を頂いた方に授業料から

700ドル(約6万円)オフをするキャンペーンを行っています!

3800ドルが3100ドルで受講できるのです。

このGreenwich Collegeは、上記のページをご覧頂くとお分かりかと思いますが、BBIとしてとてもお薦めをしている学校です。

理由はいろいろとありますが、一番は、TESOLの専門学校であることです。

加えて、校長先生の取り組み姿勢がとてもいいこと、教師の質が高いこと、学習している生徒からの評判がいいことなどが挙げられます。

参考にこの学校のみのページもあります。TESOL以外にも一般英語コースなどももちろん持っていますので、ご覧下さい。

 > Greenwich College学校情報

質が良くて、尚且つ700ドル(約6万円)の割引が受けられるので本当にお薦めです!

条件は今月3月までにお申込をいただくこと!

これからの英語教師を目指して頑張りたい方、既に英語教師だが更なるスキルを身につけたい方、たった8週間で取得できるこのTESOLに、ぜひ挑戦してみてください。

◇ 英語教師養成講座のお申込みは ・・・ 仮お申込 

そして、英語が話せるカッコいい先生に是非なって下さい!

※Greenwich CollegeのTESOLコースに入学するには、IELTS6.0ポイント以上の英語力が必要です。この資格をお持ちでない方は、学校専用の試験にパスすることで受講が可能です。

 > TESOLコース事前英語試験の受け方


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ TESOL英語教師のご質問は ・・・ お問合せ
◇ 英語教師養成講座のお申込みは ・・・ 仮お申込 

◇ 英語教師養成講座とは
◇ TESOL英語教師とは
◇ TECSOL児童英語教師とは
◇ 児童英語教師体験談

◇ TESOLを扱っているBBIお薦めの学校情報はこちら
   > Greenwich Collegeの学校情報
   > ACE/ATTCの学校情報
   > Pacific Gateway Internationalの学校情報

◎英語を鍛える身に付けるプログラム


 ○ 実生活英会話
 ○ 英語教師養成講座TESOL
 ○ 児童英語教師養成講座TECSOL
 ○ お薦め語学学校一覧

更に鍛えて実践を踏むには

 ○ 日本語教師派遣プログラム(英語圏がお薦めです!)
 ※ここから各国のプログラムを見てください

 ◇ キャンペーン情報・割引情報の記事一覧
 ◇ 今月のキャンペーン・割引情報

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/03/04 09:27

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.