日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

養成講座と派遣プログラムの組合せ
- いろいろ選べるプラン 参考例 -


BBI日本語教師ネットワークが提供しているプログラムは、それぞれを組み合わせて参加することもできます。

例えば、将来日本語教師になりたいので

◇ 日本語教師養成講座の資格を取得したい
◇ 同時に英語圏で日本語教師としてのキャリアを積みたい

などを一度の留学で行ってしまう組合せプランがあります。

このプランは、資格取得+実践(キャリアアップ)のプランとなりますが、将来日本語教師を目指している方にはとても良いプランだと思います。


日本語教師海外派遣プログラムに参加するに当たって、その前後に必ず養成講座に通う必要はありませんが、この資格を取ることにはとても意義深いです。それは、

 ●日本と同じ420時間を採用しているので日本や世界中どこでも認めれる資格取得である
 ●資格保持は就職に有利である
 ●オーストラリアで行うのでオーストラリア人に教えるチャンスがある
 ●オーストラリアで行うので外国語を学ぶ生徒の気持ちが理解できる
 ●実践重視の講座なので採用面接時の対策にもなる
 ●実践重視なので派遣先の学校ですぐさま活動できる(活動しやすい)

などです。

また、通常の派遣とは異なりますが、オーストラリアには民間の日本語学校での活動もあります(有給インターンシップ)。

その主な採用条件は養成講座を受講していることですが、先に、この養成講座を受講し修了していると、その後、有給インターンシッププログラムで活動をする事もできます。


以上のように、この養成講座の資格取得を海外派遣プログラムと組合わせることによって、その後の活動内容や就職活動等に影響を及ぼすことができます。


以下に、養成講座+派遣プログラムを組み合わせた場合の可能な設定を紹介します、ご参考下さい。

●海外派遣プログラムの前に養成講座を受ける場合 (2007年の例)

養成講座(2007年1月15日~3月30日)→ 2007年4月出発
養成講座(2007年4月10日~6月22日)→ 2007年7月出発
養成講座(2007年7月2日~9月14日)→ 2007年10月出発

●海外派遣プログラムを修了したのち養成講座を受ける場合 (2007年の例)

2007年1学期終了→ 養成講座(2007年4月10日~6月22日)
2007年2学期終了→ 養成講座(2007年7月2日~9月14日)
2007年3学期終了→ 養成講座(2007年9月24日~12月7日)

※上記はオーストラリアで研修をする場合の設定です。他国での派遣プログラムとの組み合わせも可能です。
※上記は効率のいい組み合わせですが、他にもご都合に合わせた組み合わせが可能です。ご相談下さい。
※このサンプルスケジュールにお申込の場合、コースが始まるまで数週間待機していただいたり、派遣校での活動を数日早めて参加いただく場合の日程もあります。
※ビザはカテゴリーを変更する場合があります。その場合、変更手続きをお手伝いさせて頂きます。ビザ変更申請費用は別途かかります

posted by BBI at 2008/08/02 11:00

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:
※管理者から承認されるまでコメントは反映されません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.