日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

日本での就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本での就職!日本語教師

- ホップステップジャンプ どうやったら日本で日本語教師になれるか -


このコンテンツでは、日本語教師養成講座の資格取得から日本語教師への就職に関して、ひとつのプランを紹介します。


 日本での就職を目指す ホップ・ステップ・ジャンプ!


昨今、日本で日本語教師になりたい人が増えていますが、日本語教師の就職状況を少しでも知っている方は、そんなに簡単に就職できる環境ではない事、良くご存知ですよね。


通常、日本語教師として日本で就職するには、以下の条件を掲げている団体(日本語学校など)が多いです。


 ・日本語教育能力検定試験合格
 ・日本語教師養成講座420時間修了
 ・日本語教師としての経験2~3年
 ・大学を卒業していること(学部は問わないところが多い)


全てを満たす必要はありませんが、以上のような条件の少なくとも一つが必要です。

しかもその上で、採用試験には模擬レッスンを課され、それに合格しないことには採用には至りません。


そして採用に至ったとしても最初は

非常勤講師からのスタート

となることが多いです。特に、それまでの日本語教師としての経験がない場合はそのようにスタートすることが多いようです。


以上の様に、日本で日本語教師になるには、かなりハードで、しかも大変なのが現状です。


それを少しでも確率良く、しかもキャリアップが積めて、日本で日本語教師になる方法をお伝えします!


日本での就職を目指すホップ・ステップ・ジャンプ!

《ホップ!》

まずは、日本語教師養成講座420時間を修了する。将来の採用試験のためにできるだけ、実践力が鍛えられる講座を選ぶことがポイント!


《ステップ!》

実はこのまま卒業後、即、日本で日本語教師になれる人もいます。でもほとんどは上記のような条件があるので、難しいのが現実です。

そこで、一旦アジア圏で就職をすることがこのステップのポイント!

ご存知の方も多いと思いますが、アジアではたくさんの学校が、現在日本語教師を募集しています。

「日本語教師の集い」や「日本村」などのウェブサイトをご存知の方は良く知っていらっしゃると思いますが、たくさんのアジア圏の募集情報が掲載されています。

しかもアジア圏の募集は日本のように条件がきつくありません。

日本語教師養成講座420時間修了のみで採用をしてくれるところがたくさんあります。もちろん有給の採用です。


BBI日本語教師ネットワークが提供している

 シドニーで日本語教師養成講座
 ゴールドコーストで日本語教師養成講座

のコースを修了した方は、模擬授業のレッスンが多いので、そのままアジア圏で専任講師として就職をする方が多いです。

毎回の卒業のたびにその卒業生はアジア圏で就職をされている実績があります。

 アジアで経験を

これがお薦めするキャリアッププランの第2のポイントです!


《ジャンプ!》


アジアの国で数年キャリアを積んでいることがここで生かされます。いざ日本で就職へ。専任講師として指導経験が数年あるので、より就職しやすくなります。

アジアで経験することは遠回りのようですが、実は確実で、近道です。

しかもキャリアが積めて、給料ももらえる♪


将来日本語教師を日本で目指しているのなら、お薦めするキャリアッププランです!

まずは、日本語教師養成講座420時間修了からスタート。

是非、このプランをお役立て下さい!!

posted by BBI at 2008/08/02 22:00

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:
※管理者から承認されるまでコメントは反映されません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.