日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

日本語教師養成講座通信Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加
養成講座 通信講座 Q&Aその2

-日本語教師養成講座420時間 通信講座のお問合せにお答えします!-



《だれでも受講できますか》

英語が少し話せる方で日本語が堪能な方であればどなたでも大丈夫です。年齢性別は関係ありません。

この講座は英語を媒介語にした間接法を採用しているため簡単な英語力が必要です。簡単な英語力とは英語にある程度馴染みがあり、英語アレルギーがない程度とお考えください。

日本語学習者用のテキスト(SPOKEN JAPANESE Ⅰ&Ⅱ)は英語とローマ字で書かれていますが、このテキストにリンクする教師指導要綱は日本語で解説し、すべて和訳を付けていますので、辞書を引く必要はありません。

一般論ですが、これから英語はますます重要になってきます。例えば日本人と中国人と韓国人が集まれば共通の言語は英語です。これを機会に日本語を教えることで英語も一緒に上達しますので、英語に自信のない方でも前向きにお考えください。

それに良い語学教師になるためには外国語の習得は欠かせません。

というのは日本語しか話せないのでは日本語を外国語として捕らえることが難しくなります。日本語教師が外国語を学習することで日本語と外国語との比較ができ、日本語を客観的に見ることができます。

また自分が生徒になることで、日本語学習者の気持ちが分かります。生徒の気持ちになって考えるといっても実際に自分がならないと分からないものです。


《どのくらいの期間で修了できますか。また有効期限はありますか》


早い方で半年、普通は1年ぐらいで修了できます。特に有効期限は設けていませんので、諸事情により学習が遅れて1年以上になっても延長料金は発生しません。

期間に関してはご心配されないで下さい。基本的にご自分のペースで学習されて結構です。20回目のワークシート提出が終わった時点で修了となります。

尚、前半の講座の10回目のワークシートを提出後に日本語教師養成一般講座の修了証が授与されます。

そして後半のマスター講座の10回目のワークシート提出後にWJLC日本語教師養成420時間総合講座のCERTIFICATE(修了認定証)が授与されます。

また前半部分の一般講座が教授法の習得になっています。教えることで初めて理解できることもたくさんありますので、この講座を受講しながらボランティアでもいいですから実際に教えてみることをお勧めします。

受講中または修了後に日本語教師海外プログラムに参加しながら、実践力を高めるという方法もあります。


《日本語教育能力検定試験対策になりますか》


はい、なります。特に後半部分のマスター講座で検定試験の準備・対策となるような問題も織り交ぜて指導して行きます。

就職に関して言えば420時間講座の修了プラス検定試験の合格は大変有利ですので、検定試験合格も視野に入れて取り組むと更に良いと思います。


参考:日本語教育能力検定試験とは


この試験は1987年から毎年1回10月に日本国内だけで行われている(財)日本国際教育支援 協会認定の試験です。毎年現役の日本語教師も含め6,7千人が受験していますが、合格率は18%前後でかなりの難関です。毎年上位から18%前後の方が合格になります。

合格率からも分かるようにそれ相応の専門知識が問われ筆記と聴解試験のみで実技試験はなく、実践力はあまり身に付きませんが、合格すれば国内及びアジアの特に漢字圏での就職には大変有利です。

現役の日本語教師も受験していることから推察されるようにこれから日本語教師を目指される方はいきなり日本語教育能力検定試験に臨むよりも、先ずはこの講座など日本語教師養成講座で日本語教授法をしっかり学習し、ボランティアや海外日本語教師アシスタントプログラム等で実践経験を積み、次のステップとしてこの検定試験に臨まれるほうが理解力も深まりより高い確率で合格できるものと思います。


《教材の発送と授業開始はいつからですか》

授業料をお支払いになった時点ですぐに教材一式を受講者の郵送宛先に発送いたします。教材を受け取りになったら、その日から学習を開始することができます。

尚、その教材発送ですが、間違いなくお届けするために、追跡調査が出来るEMSを利用して送付しています。

お申込を頂きましたら即日に、学校のあるオーストラリアより教材を発送します。その発送が完了しましたら、下記のような情報をお伝えしています(一例です)。

○○様
発送手配日: 2008年4月△日
発送手続き場所: Artarmon Post Office NSW 2064 Australia
発送方法: EMS 
番号: EQ010□△○1852AU
追跡確認: www.auspost.com.au/track

このような形で追跡調査が出来るようにしておりますので、万が一届かない場合であってもすぐに対応をすることが出来ますので、どうぞご安心下さい。

因みに郵送期間は派遣国によって異なりますが、日本の場合ですと約1週間以内にお手元に届くような形となります。(到着日レンジ:即日~2週間以内)


《課題提出はどうしたらいいのですか》

先にお伝えしたとおり、課題は合計20回の提出機会があります。この課題提出ですが、3つの方法からお選び頂きます。

①郵送 ②FAX ③E-mail添付

そのお選びいただきました方法で、その後はやり取りをさせていただきます。

尚、郵送やFAXをお選び頂いた時、学校からの課題返送に関しての費用は別途掛かることは特にありませんが、受講者の皆さんからの提出時に掛かる費用(切手代など)はご本人負担となります。

最近は、インターネットの普及のせいか、③のE-mailにての課題提出を選択去る方が多いようです。また、その場合はもちろん上記のような別途郵送費用も掛かりませんので、便利でお得です。

尚、この提出方法ですが、引越しや環境等が変わり、受講後日変更されることも可能です。その都度事前に変更されるご提出方法を詳細と併せてお知らせくださいませ。


《費用は全てでいくらですか、また分割も可能でしょうか》

通信講座の費用は前半後半のコース全部含めて1740豪ドルです。これ以上一切、別の費用は掛かりません。

この費用で文化庁のガイドラインに沿った日本語教師養成講座420時間の資格が取れます。また、終了時には420時間の修了証を発行しています。

実際のお支払い方法ですが、ご送金とクレジットカードでの支払が対応できます。

ご送金の場合は、弊社の日本の口座宛かオーストラリアの口座宛がお選び頂くことが出来ます。

日本の口座を指定された場合は、お申込時の三菱東京UFJ銀行の日豪為替レートを基に日本円に換算させて頂き、ご請求させて頂きますのでその金額にてお支払頂きます。オーストラリアへの口座を指定された場合は、そのまま豪ドル1740ドルをお支払い頂きます。

尚、ご送金の場合は、いずれの場合も一括にてのお支払となります。

また、クレジットカードでのお支払を選択された場合は、一括から最大5回までの分割でのお支払が可能です。もし5回の分割を選択された場合は、総費用が1740豪ドルですので、1回当たり348豪ドルが月々引かれる形となります。分割にされることによる手数料などは一切掛かりません。

《通信講座Q&Aその2終了》
posted by BBI at 2008/08/04 18:00

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:
※管理者から承認されるまでコメントは反映されません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.