日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

世界の日本語学習者数は400万人に!ますます↑

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年調べで世界の日本語学習者数は400万人にも上る。これは調査したときから比べると30倍以上の伸び率になっています。まだまだ伸びる世界の日本語学習者数!

**************************************************************************************************
このブログは2015年12月30日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

世界の日本語学習者数は400万人に!ますます増え続ける!
-日本語を使って指導する現場を踏む!日本語教師海外派遣プログラム-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先日もお伝えしたのですが、2012年調べで、日本を除く世界で日本語を学習している人が400万人近くになるようです。これは、最新のジャパンファンデーションの報告なのですが、3年ごとに更新されるので2015年時の数字も恐らく、そのうちに発表されると思いますが、調査を開始した1979年から毎回学習者数が上がっていますので、恐らく2015年調べでは間違いなく400万人を突破するようになると思います。

その前の調べの2009年を見ると365万人くらいの日本語学習者のようでしたので、この3年間で35万人ほど伸ばしています。1979年当初は13万人弱でしたので、その頃と比べると31.3倍に世界の日本語学習者数は伸びているようです。

内訳を見てみると、以下の通りのようです。上位10カ国の学習者数です。

【世界の日本語学習者の順位(2012年調べ)】

1位: 中国 ・・・ 1,046,490
2位: インドネシア ・・・ 872,411
3位: 韓国 ・・・ 840,187
4位: オーストラリア ・・・ 296,672
5位: 台湾 ・・・ 233,417
6位: アメリカ ・・・ 155,939 
7位: タイランド ・・・ 129,616
8位: ベトナム ・・・ 46,762
9位: マレーシア ・・・ 33,077
10位: フィリピン ・・・ 32,418

となっています。上記3カ国で約7割を占めているそうですが、インドネシアはこのところ急激に日本語学習者が増えてきていますね。これは、介護や看護などの人材を日本が海外に求めており、それを受けてインドネシアの方々が、急激に日本語を学習しだした背景があります。

台湾は、小さな国(地域)であるにも拘らずこれだけの方が学習しています。本当に親日の国で、日本語学習熱も高く、多くの日本語教育機関が多い地域です。

ベトナム、フィリピン、マレーシアなどもここ最近伸びてきている国で、日本での日本語学習者(日本への留学生)は現在ベトナムからの学生が非常に増えています。また、フィリピン、マレーシアに関しては、前回の2009年調べのときから比べると約50%ほどの人数を増やしています。

 > ジャパンファンデーション2012年日本語教育機関調査

そしてこれに伴い、日本語教師数の割合が増えているのが、フィリピン、マレーシア、タイ、インドネシアです。これらは2009年時の調査と比べての伸び率を表しているので、もともと日本語教師のいる地域などはその伸び率には反映しませんが、それらの国々は、今後日本語教師の就職をしていくときに、注目をしておきたい国になると思います。

いずれにしても上記の学習者の人数からは、やはりアジアでの日本語学習者が多く、そのいずれかの国での就職を視野に入れることが現実的かもしれません。

オーストラリアやアメリカなど欧米圏の国でも日本語学習者が増えていますが、こちらでの日本語教師としての就職にはどうしても現地で働けるビザの取得も伴ってきますのでその点で難しさが伴います。

一方、アジア圏の国は、日本で4年生の大学を卒業していることが就労ビザ取得の条件になっていることが多いので、それさえクリアーしておけば、アジア圏での就労ビザを取って、日本語教師で活動をしていくことは夢ではありません。

もちろん、同時に日本語教師養成講座のような日本語教師関連の資格を持っていないと就職することはできませんが。。

ジャパンファンデーションの調べによると、教師不足は相変わらずあるようです。また、現場では、教材不足や教授法経験がどれほどあるかなども日本語教育の中で問題に上がっているようです。

逆に言うと

 ○ 4年制大学を卒業している
 ○ 日本語教師養成講座420時間など日本語教師関連の資格を持っている
 ○ 自ら教材作成などの力を持っている
 ○ 教える事にある程度の自信を持っている


等を兼ね備えていると、アジア圏が中心になると思いますが、日本語教師として海外で就職をしていくことは可能となると思います。

BBIの日本語教師養成講座は、実践重視のカリキュラムなので、何度も教える実践を行いますし、教材も自ら作っていただき、その模擬授業に備えて頂きます。従って、BBIの講座を修了すると、アジア圏等で就職ができる可能性が十分にでてくるのではないかと思っています。

これは、日本の養成講座機関は実践部分は420時間のうち40時間程度と言われていますが、そのために教える経験が不十分であったり、教材等の作成の経験も足りないところがでてくるところもあると思います。

一方、BBIは420時間のうち半分をこの実践にあてがいます。毎日のように模擬授業が行われ、そのたびに教材も作成するようになるので、自ずと現場経験を積むこととなり、実践力につながっていくのだと思います。

実際に、2015年の卒業生において、多くの就職決定の報告を受けています。割合としては3割くらいの方が、就職をしていっているのではないでしょうか。日本、アジアでの就職先がほとんどですが、まさしくBBIが期待していた通りに段々なってきているので、本当に嬉しい限りです。

BBIのシドニーで日本語教師養成講座は、実践重視です。この実践重視は、BBIの講座の特長です。本格的に日本語教師になりたいと思っている方は、これらの実績もあるのでどうぞ安心してこの講座を選択されてみてください。

もちろん、体験レッスンもできますし、日本からはスカイプ体験レッスンもできます。どうぞお気軽にご利用ください。尚、以下のリンク先では、この講座の特長が解説されていますので、こちらもご参考ください。


【シドニーで日本語教師養成講座の特長】

  緊張の中間デモ!中間地点の模擬授業の集大成!合格しないと先に進めません
  大きな違い反応!オーストラリア人日本語学習者に授業をする木曜クラス!
  11週間の魔法!11週間で受講することの意味とは?
  ディスカッションをする事の効能!
  動画を使って自分のパフォーマンスを確認する、先輩の授業を確認する!

 > 卒業生がベトナムの大学で日本語教師に!
 > 卒業生が帰国後日本で日本語教師に!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

◇ 日本からスカイプで体験レッスン可能!BBI日本語教師養成講座

それでは、この講座の最新の残席状況をお知らせします。ご興味のある方はどうぞご参考くださいませ。

【2016年 BBICシドニーで日本語教師養成講座420時間、最新残席状況】

≪2016年≫
 ○ 1月11日~4月1日(2月15日~2月19日休校) ・・・ 残4席! ←要注意
 ○ 2月22日~5月6日 ・・・ 残6席
 ○ 4月4日~6月24日(5月9日~5月13日休校) ・・・ 残6席
 ○ 5月16日~7月29日
 ○ 6月27日~9月16日(8月1日~8月5日休校)
 ○ 8月8日~10月21日
 ○ 9月19日~12月9日(10月24日~10月28日休校)
 ○ 11月1日~2017年2月10日(12月10日~2017年1月8日休校)


お申込: シドニーニーで日本語教師養成講座 お申込み 

是非、BBICのシドニーで日本語教師養成講座で日本語教師になりましょう!


【実践重視のBBIC日本語教師養成講座420時間の特長】

  ほぼ毎日行われる模擬授業
  模擬授業が多いから実践力が養われる
  模擬授業後に全員で授業に関する評価をディスカッションするのでいろいろな角度から授業を見つめる力が養える
 ● 自分が授業をしていることに対してのフィードバックが講師からきちんとある
 ● オーストラリア人日本語学習者に授業ができる講座内容
 ● 卒業後に就職先紹介サポート

 > BBIが目指す日本語教師像とは?BBI日本語教師養成講座


↑お気軽にご相談下さい(メール・お電話・ご来店から選択できます)

【シドニーで日本語教師養成講座420時間 体験談】


 > 教壇に立てるレベルに育ててくれた
 > 知らず知らずのうちに教師の振る舞いに

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ

 シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ目次

 ○ 先輩後輩の効能!シドニーで日本語教師養成講座
 ○ 講座の秘密と充実過ぎる内容!
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

posted by BBI at 2015/12/30 19:34

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.