日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

木曜クラス!オーストラリア人日本語学習者に授業

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストラリア人日本語学習者相手の授業をします!それが、シドニーで日本語教師養成講座の木曜クラスです!!

**************************************************************************************************
このブログは2015年11月5日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

オーストラリア人日本語学習者に授業をする木曜クラス!
-即戦力を目指す、実践重視のBBIシドニーで日本語教師養成講座420時間

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  日本語教師養成講座とは!選べる3つの講座の特長
  シドニーで日本語教師養成講座420時間
  ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間
  通信で日本語教師養成講座420時間、前半2週間の通学コースもあり
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先ほど、弊社直営BBICollegeのシドニーで日本語教師養成講座の中間デモのことをお話しました。

 > 緊張の中間デモ!中間地点の模擬授業の集大成!合格しないと先に進めません

今日は、そのブログ記事の中にも出てきました、木曜クラスについてお知らせをします。

シドニーで日本語教師養成講座は、実践重視です。常に模擬授業が課され、実践力が鍛えられていきます。普段は、同期の受講生を生徒役に見立てて模擬授業を行いますが、唯一、オーストラリア人日本語学習者相手に授業できるときがあります。

それが、木曜クラスです。毎週木曜日の夕方から行っているので、そう呼ばれます。

生徒役が同期である場合とオーストラリア人日本語学習者である場合と違いはあると思いますか?これが、実はとても大きな違いがあるのです。

それは、反応です!

やはり普段の授業の同期の生徒役は、日本人なので、先生の言っていることは、分からない振りをしたりしますが、実は100%理解をしていて、それどころか、表情、トーン等から、いろいろなことを自然に理解して、生徒役をしてしまっています。

つまり、良い生徒になっている、よく理解している生徒になっている可能性もあり、基本100%理解をしているので、本当のリアクションや、何で悩んでいるかなどをつかみにくいところがあります。

それでも普段の模擬授業の多さは、しているサイドから見れば、多くの経験を積めるので、とても良いことなのですが、その通りには、本物の学習者相手に授業をしたときに、通用しない場合もありえます。

従って、そういったギャップをきちんと理解したり、もちろん実際の日本語学習者の反応を理解したり、何に悩んでいるかなどを認識することで、教案にも教材作成にも意識しながら作成していくことができるようになります。

よって、そういう意味では、普段の授業は木曜クラスに向けての予行練習を多くこなしていて、木曜クラスは実際に教えることの本番を経験する事となります。

現在では主に火曜日に木曜クラス用の授業に向けて準備をし、木曜日の木曜クラスが始まるまで、木曜クラス用の模擬授業を何度も練習します。そしてその日の木曜クラスを迎えて、オーストラリア人日本語学習者相手に授業をする本番をするのです。

もちろん、その木曜クラスの後には、ディスカッションがあり、その授業に対しての評価を同期、講師から受けます。

こんなことを毎週行っていますので、よりリアルに実際に自分が日本語教師として仕事をする際に、近い経験を積むこととなります。

従って、BBIの講座は実践重視で毎日のように模擬授業をしていますが、この木曜クラスのように本番差ながらの模擬授業もして、ホンモノの日本語学習者の反応を体感して、日々のスキル習得に励んでいます。

 > 卒業生がベトナムの大学で日本語教師に!

こういったことを毎週のように継続して行っているので、授業をする事に慣れ、また、いろいろな教える技術がだんだん身に付くようになっています。

日本語教師養成講座420時間は、いろいろな機関で開催されていますが、上記のような実践力を養いたいと思っている方は、是非お薦めな講座の一つです。どうぞご参考ください。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

◇ 日本からスカイプで体験レッスン可能!BBI日本語教師養成講座

【2016年 BBICシドニーで日本語教師養成講座420時間、最新残席状況】

≪2016年≫
 ○ 1月11日~4月1日(2月15日~2月19日休校)
 ○ 2月22日~5月6日
 ○ 4月4日~6月24日(5月9日~5月13日休校)
 ○ 5月16日~7月29日
 ○ 6月27日~9月16日(8月1日~8月5日休校)
 ○ 8月8日~10月21日
 ○ 9月19日~12月9日(10月24日~10月28日休校)
 ○ 11月1日~2017年2月10日(12月10日~2017年1月8日休校)


お申込: シドニーニーで日本語教師養成講座 お申込み 

是非、BBICのシドニーで日本語教師養成講座で日本語教師になりましょう!


【実践重視のBBIC日本語教師養成講座420時間の特長】

  ほぼ毎日行われる模擬授業
  模擬授業が多いから実践力が養われる
  模擬授業後に全員で授業に関する評価をディスカッションするのでいろいろな角度から授業を見つめる力が養える
 ● 自分が授業をしていることに対してのフィードバックが講師からきちんとある
 ● オーストラリア人日本語学習者に授業ができる講座内容
 ● 卒業後に就職先紹介サポート

 > BBIが目指す日本語教師像とは?BBI日本語教師養成講座


↑お気軽にご相談下さい(メール・お電話・ご来店から選択できます)

【シドニーで日本語教師養成講座420時間 体験談】


 > 教壇に立てるレベルに育ててくれた
 > 知らず知らずのうちに教師の振る舞いに

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ

 シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ目次

 ○ 先輩後輩の効能!シドニーで日本語教師養成講座
 ○ 講座の秘密と充実過ぎる内容!
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

posted by BBI at 2015/11/05 12:41

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.