日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

中間デモ終了!講座途中の模擬授業評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
中間デモ終了!9月21日スタート組が講座の半分まで来ました!

**************************************************************************************************
このブログは2015年11月5日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

中間デモ!講座途中の模擬授業評価、シドニーで日本語教師
-即戦力を目指す、実践重視のBBIシドニーで日本語教師養成講座420時間

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  日本語教師養成講座とは!選べる3つの講座の特長
  シドニーで日本語教師養成講座420時間
  ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間
  通信で日本語教師養成講座420時間、前半2週間の通学コースもあり
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今週、BBICollegeのシドニーで日本語教師養成講座では、9月21日スタート生の中間デモがありました。このコーススタート日の受講生は12月11日に終了しますが、まさにその中間に行われるデモです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、BBIのシドニーの講座は、実践重視なので、課される模擬授業がとても多いです。毎日のように同期の誰からが模擬授業をやっていて、一人当たり週に3回くらいする事は当たり前です。

普段は、同期を生徒に見立てて授業を行っていき、練習を重ねていきますが、毎週木曜日には、オーストラリア人日本語学習者を前に、授業を行います。

そんな感じで毎週様に受講し、そしてそれが11週間続いていくのですが、その中で大きな模擬授業が、この中間デモと卒業実習です。

中間デモはそのときまでの集大成を表現する模擬授業で、校長や各講師からしっかりとランク付けで評価をされます。

そしてそのランク付けで基準に達していないと再中間デモが課され、基準に達しないと、最終的な成績の評価に影響をします。

よって、受講瀬にとっては、毎日行っている模擬授業よりずっと緊張をするデモとなります。

BBIの講座では、中間デモの段階まで、ある一定のレベルの内容ができるように訓練されていきます。中間デモ自身の授業内容や設定は各受講生に任せていますが、その一定のレベル以上の授業でなければなりません。

まずはそういった授業の選択ができるかどうか、そしてもちろんいろいろな切り口からの評価がされます。

授業の対象者は誰であるか、この授業の目的は何であるか、と言う最初の設定がありますが、その設定に関してきちんとクリアされていたか、時間配分はどうか、板書計画は妥当であったか、生徒への目配せ、呼応、声の大きさ、質、トーンなどは適当であったか、導入、流れ、生徒の理解度の確認、練習のさせ方など、いろいろなところで評価されます。

それらの各項目を各講師が全て評価し、全体の評価を算出し、それを学校としてまとめて最終的な評価が算出されます。

その結果が一定の評価以上であると次のステップに進めていきますが、達していないと再デモとなるわけです。

結構厳しいですし、結構厳しくしています。普段どおりの実力が出れば大丈夫な部分も多いですが、冒頭にも記載したとおり、結構緊張もするので、あたまが真っ白になって全ての計画などが飛んでしまうことも多いにありえます。そうなると残念ながら良い評価も得れない可能性もあり、結構シビアです。

そういった緊張は、仕方のないことであり、実際には就職試験等での採用するための模擬授業を披露することもあれば、あたしいクラスを持つごとに、新しい単元をする毎に、教師は緊張をするものです。従って、そういった緊張の場面でもいかに良いパフォーマンスをするかは、やはり必要であり、そんなこともあり、こういった形態で中間デモを行い、評価をしています。

 > 卒業生がベトナムの大学で日本語教師に!

こういったことを毎日のように継続して行っているので、授業をする事に慣れ、また、いろいろな教える技術がだんだん身に付くようになっています。

日本語教師養成講座420時間は、いろいろな機関で開催されていますが、上記のような実践力を養いたいと思っている方は、是非お薦めな講座の一つです。どうぞご参考ください。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

◇ 日本からスカイプで体験レッスン可能!BBI日本語教師養成講座

【2016年 BBICシドニーで日本語教師養成講座420時間、最新残席状況】

≪2016年≫
 ○ 1月11日~4月1日(2月15日~2月19日休校)
 ○ 2月22日~5月6日
 ○ 4月4日~6月24日(5月9日~5月13日休校)
 ○ 5月16日~7月29日
 ○ 6月27日~9月16日(8月1日~8月5日休校)
 ○ 8月8日~10月21日
 ○ 9月19日~12月9日(10月24日~10月28日休校)
 ○ 11月1日~2017年2月10日(12月10日~2017年1月8日休校)


お申込: シドニーニーで日本語教師養成講座 お申込み 

是非、BBICのシドニーで日本語教師養成講座で日本語教師になりましょう!


【実践重視のBBIC日本語教師養成講座420時間の特長】

  ほぼ毎日行われる模擬授業
  模擬授業が多いから実践力が養われる
  模擬授業後に全員で授業に関する評価をディスカッションするのでいろいろな角度から授業を見つめる力が養える
 ● 自分が授業をしていることに対してのフィードバックが講師からきちんとある
 ● オーストラリア人日本語学習者に授業ができる講座内容
 ● 卒業後に就職先紹介サポート

 > BBIが目指す日本語教師像とは?BBI日本語教師養成講座


↑お気軽にご相談下さい(メール・お電話・ご来店から選択できます)

【シドニーで日本語教師養成講座420時間 体験談】


 > 教壇に立てるレベルに育ててくれた
 > 知らず知らずのうちに教師の振る舞いに

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ

 シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ目次

 ○ 先輩後輩の効能!シドニーで日本語教師養成講座
 ○ 講座の秘密と充実過ぎる内容!
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

posted by BBI at 2015/11/05 12:29

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.