日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

円高基調↑1豪ドル85円程度が今日は79円台

このエントリーをはてなブックマークに追加

        -このブログ記事内容は【2011年3月17日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

円高基調↑1豪ドル85円程度が79円台!通信が13万円台に

-豪ドル仕立ての通信で日本語教師養成講座420時間の日本円換算額が下がっています

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  日本語教師の資格 日本語教師養成講座概要
  通信で日本語教師養成講座
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

東日本大地震の影響がまだまだ続いている中、被災地の方々やそのご家族の安全や、また原発に関わる状況や避難など、他の地域も含めて、本当に安心のできない状況が続いています。

ネット上では情報も錯綜していたり、サギまがいの事や、間違った情報の横行などもある様ですので、本当に皆さん全てにおいて注意をして対応されなければいけない状況です。

十分休息をとり十分に備えて、少しでも安心に安全にお過ごし頂ければと、ただただ願うばかりです。

こういった状況において、何をどうこのブログでお伝えすべきか、わからず明瞭な答えも出ておりませんが、BBIが提供しているもので、少しでもお役にたてる内容や情報がある場合は、その情報を有意義に感じる方もいらっしゃる可能性もあるので、お知らせをしていければと思っています。

今回のブログで、従って、お伝えするのは、円高の件です。

今日もヤフーなどのニュースにも出ておりましたが、

『円急騰、最高根を16年ぶり更新』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000043-jij-bus_all

という記事がありました。

東証も下がっている中で、なぜ円が強くなるのか、よくわからなかったのですが、日本国内の投資家が、国内での資金確保のために、海外に投資していたものを円に換える動きがこの円高に影響を及ぼしているとのことです。

BBIでは、以下の豪ドル建てのプログラムを紹介しています。

  通信で日本語教師養成講座420時間
  シドニーで日本語教師養成講座420時間
  ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間
  児童英語教師
  TESOL英語教師
  オーストラリアの語学学校各種

これらは、豪ドル建てですので、実際のお支払いの際には、豪ドルを日本円に換算してご請求する事が多く、円高基調になると、その換算額が安くなり、よって皆さんにとってお得な状況となります。

日本円換算額が減ったとしても商品(プログラム)自身はもちろん何も変わらず、そのまま受講等ができるので、そういう意味では現在は数日前、数週間前と比べるととても良い状況です。

特に、残席が十分にあるために申込みのタイミングを見ていた方や、こういった円高基調時にお申込みを考えていらっしゃる方は、良い状況かもしれません。

具体的に通信で日本語教師養成講座に関して

85円の時 ・・・ 1740豪ドル ⇒ 147900円
80円の時 ・・・ 1740豪ドル ⇒ 139200円

と今日現在のお申込みは、14万円を割る金額で、この講座を受講する事ができます。

尚、ご参考にこの通信講座は、お申し込み後すぐにスタートをしなくても問題ございません。

例えば半年後にスタートする事を検討していて、現在の円高の時に申し込み、教材を先に手にして、ご自身のタイミングのいい時に受講を開始する事もできます。

わざわざ先に申し込む必要など全くないのですが、この通信講座は

 ・前半基礎コースを1年間で
 ・後半マスターコースを2年間の

トータル3年間内に修了すればいいので、講座自身を安く購入できる時に申し込み、上記期限内に修了する様なタイミングで開始する事を計画する事ができます。

通常この講座は、1年間で修了する事ができ、早い方は半年間程度で修了する事もできるので、有効期限3年間は十分に修了できる期間です。

よって、いろいろな事を考えられたときに現時点で申し込みをされている事が良いと判断された方は、良いタイミングかもしれないと思い、今日、紹介をしています。

もちろん、これを機に今すぐスタートしたいと考えている方は、当然のごとくいいタイミングかと思います。

以上この件お知らせします。日本円にてこの講座のお申込みをお考えの方はどうぞご参考下さい。

尚、BBIではこの講座に対して

東京三菱UFJ銀行のお申込み当日のTTSレート(送金レート)をそのまま適用して、ご請求をしています。今日のTTSレートは豪ドルに対して79.75円です。

更に、一旦日本円でお預かりした受講費用は、実は、オーストラリアの学校に送金しなければいけないのですが、通常オーストラリアへの海外送金には海外送金手数料が4500円程度かかります(金融機関により金額は異なる)が、その費用は日本・オーストラリアにオフィスを構えるBBIにて負担をしていますので、その費用のご負担もありません。

よって、換算された額のみのお支払いで受講が可能となりますので、このタイミング良いと判断された方は、どうぞご利用下さいませ!

尚、上記のとおり日本円に換算した場合のケースをご紹介してきましたが、クレジット決済ができるプログラムで、そのクレジット決済額が日本の口座から引き落とされる場合もこの事が言えます。実際の換算レートは、上記の東京三菱UFJ銀行のレートとは異なり、クレジットカード会社独自のレートになると思いますので、具体的な換算額はわかりませんが、円高基調の時のクレジットカードでの買い物は、同様に同じ商品を安く買えますので、良いのではないかと思っています。従って、クレジット決済のできる以下のプログラムにおいても現在はお得かなと感じています。(※実際の換算レートやその条件等は各クレジットカード会社にお問合せ下さい)

【クレジットカード決済ができるBBIが紹介するプログラム】

  通信で日本語教師養成講座420時間
  シドニーで日本語教師養成講座420時間
  児童英語教師

 > どれが一番自分に合うコース?日本語教師養成講座420時間

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2011/03/17 11:40

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.