日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


2010年8月の記事一覧


 34件中1~10件表示  次のページ

        -このブログ記事内容は【2010年8月31日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


『通信で通学』コースと語学学校の組合せ!

-通信で日本語教師養成講座420時間の通学コースの空席状況

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先ほどの世界どこでも日本語教師養成講座420時間に関連して、今回は、通信で通学コースに関してお知らせします。

この世界どこでも通信で日本語教師養成講座420時間は、前半部分を通学で受講することができます。

いわゆる『通信で通学』というコースとなりますが、この通信で通学コースと組み合わせて、語学学校についでに行って英語を勉強したいという方がいらっしゃいます。

通信で通学コースは2週間の受講期間ですが、

 ① 2週間だけ行くのはもったいないから4週間くらい滞在して残りの2週間語学学校に通いたい
 ② 2週間の通学期間と並行して語学学校に通学したい


ということが対応できます。

この通信で通学コースは、開校しているときは通常

 ○ 月曜日から金曜日
 ○ 毎日午後1時から午後5時半(4.5時間/日)

で受講頂きます。

つまり、上記②のパターンとしては、

 午前中に英語学校に通学 ⇒ 午後に通信で通学コース受講

というプランを組み立てることができます。

そうすると

① 午前9時: 英語学校授業開始(パートタイムの授業)
② 午後12時ころ: 英語学校授業終了
③ 通信で通学コースの学校に移動
④ 午後1時: 通信で通学コース受講開始
⑤ 午後5時半: 通信で通学コースの授業終了

というスケジュールを組むことができます。

上記の様に途中に移動もありハードですので、

 ◇ オーストラリアにきている期間が2週間しかなく、
 ◇ なおかつ英語も勉強したいと思っていらっしゃる方


以外は、大変なのでこのスケジュールにしなくてもいいと思いますが、効率よく対応されたい方にはもちろんのこと使える方法です。

このことでいくと2週間の留学の間に、日本語教師養成講座420時間の一部を通学で受講でき、なおかつ英語も勉強できます。

長いこと休みが取れない社会人の方で、せっかくならいろいろと挑戦してみたい方には、ちょっと忙しいですが、やってみてもいいプランだと思います。

尚、通信で通学コースの学校は、シドニーの中心部から電車で20分くらいのところです。

従って、シドニー中心部の語学学校や、通信で通学の学校の近くの語学学校に通学された場合は、このスケジュールも可能となります。

もしご希望であれば、どうぞこのプランもご参考にされてみてください。

ちなみに、その場合、午前中のパートタイムの英語の授業に参加することとなるので、参考として以下の様に考えることができると思います。

◎ 通信で通学コースと並行して2週間語学学校に通学

お薦め語学学校

①イチオシ語学学校 ・・・ Greenwich College
本当にお薦めなので、本来はパートタイムではもったいない語学学校です。講師の質、授業内容、生徒からのフィードバック(評判)がかなり長けていて、あまり高くないです。

パートタイム授業料 200豪ドル/週
入学金 100豪ドル(WHビザ、観光ビザの場合)

2週間の授業料 ・・・ 計500豪ドル

 > 詳しいGreenwich Collegeの様子はこちら

②カランメソッドを学びたいなら ・・・ JET English College(JEC)
カランメソッド、イギリス生まれの画期的な英語習得方法です。とにかくリピートリピートリピートで、体に英語をしみこませます。このことを専門の講師により進めるので、ネイティブのスピードでの英語でのコミュニケーション力が身につくように仕立てられています。

パートタイム授業料 320豪ドル/週(3時間)
入学金 200豪ドル

2週間の授業料 ・・・ 計840豪ドル

 > 詳しいJET English Collegeの様子はこちら

③実践英会話 ・・・ Lalingua
銀行での口座の開設の仕方、パーティーでの会話の仕方、会社での交渉の仕方など、実際の生活において必要な実践的な英会話を中心としたコースがこれ。即実践的な英語力を身につけたい場合はこちらの学校がお薦めです。

パートタイム授業料 210豪ドル/週
入学金 150豪ドル

2週間の授業料 ・・・ 計570豪ドル

 > 詳しいLa linguaの様子はこちら

④徹底した英語オンリーの語学学校 ・・・ PGIC Pacific Gateway International
この学校もBBIの中では一二を争うお薦めの語学学校です。徹底した英語オンリーにしているので、休み時間もエレベーターの中も外に出ても日本人同士でも英語を話さなければいけないことが学校のルールとして徹底されているので、恥ずかしがることなくとことん英語で行ける雰囲気があります。ずっと英語に触れていたいのならお薦めの学校です。

こちらは基本パートタイムがないので、この並行して対応するプランでは対応が難しいです。時間に余裕があり、別の日程で語学学校に通学してみたい方は、こちらは本当にお薦めなので、候補の学校として考えてみてください。

授業料(フルタイム) 350豪ドル/週
入学金 220豪ドル
※基本4週間ごとの受付です

 > 詳しいPacific Gateway Internationalの様子はこちら

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上の金額に、通信で通学コースの授業料1740豪ドルを追加すれば、全体の授業料となります。

Greenwich Collegeの例: 1740豪ドル+500豪ドル=2240豪ドル

これ以外には、現地での滞在費等が別途かかると思いますが、どうぞご参考としてお考え下さいませ。


それでは、以下に『通信で通学コースの日本語教師養成講座420時間』の2011年のスケジュールを最新の残席状況と共にお知らせします。

【通信で通学コース 日本語教師養成講座420時間スケジュール】 
(8/31現在)

≪2010年≫
 ○ 9月20日~10月1日 ・・・  残2席 (通信で通学
 ○ 11月15日~11月26日 ・・・  残6席 (通信で通学
≪2011年≫
 ○ 1月10日~1月21日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
3月14日~3月25日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
5月  9日~5月20日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
7月  4日~7月15日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
9月19日~9月30日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
11月14日~11月25日 ・・・  残6席 (通信で通学

お申し込みは便利なオンラインで

 > 通信で通学コース(世界どこでも日本語教師養成講座) 

【注意】
※通信で通学コースは、2週間で修了しますが、その後は引き続き通信講座に移行して後半部分を修了することにより420時間のコース修了となります

【通信で通学の日本語教師養成講座コースの魅力】

そもそも、通信講座なのに通学って??とちょっと変な感じがするかもしれませんが、実際に存在し開講しています。通信講座のメリットと通学コースのメリットをあわせたようなコース作りとしています。

その通信講座の通学コースの特徴は以下のとおりです。

 ◎ 通信の前半部分の基礎部分を通学で受講できる
 ◎ 通学期間は2週間の短期間(1日4.5時間の受講)で、残りの後半部分は通信にて受講する
 ◎ 講師から直接指導を受ける事ができる
 ◎ 実践部分を実践する事ができる
 ◎ 前半が通学でも費用は変わらず1740豪ドル
 ◎ 同じく日本語教師養成講座420時間の資格が取得できる
 ◎ ついでに英語ブラッシュアップのために語学学校に通学することも出来る(同日程の午前中に通学可)

そもそも紹介している『通信で日本語教師養成講座420時間』は、通学しなくても特に実践部分で通学と見劣りがないように講座仕立てをしていますが、それでもどうしても通学にて実践部分を勉強してみたい方に、この通信の通学コースは、提供するコースとなり、その方法となります。そして前述の様に、前半部分を通学で、後半部分を通信で受講する事となります。

 ○ せっかくなので学校に通学してみたい
 ○ 短期2週間なので何とか休みが取れる
 ○ 日本では味わうことのできない異文化体験をしたい
 ○ 実践経験を積みたい
 ○ 語学学校もついでに通って英語を鍛えたい


などとお考えの方にはぴったりのコースです!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

 > リニューアルされた通信で日本語教師養成講座のページ

尚、世界どこでも通信で日本語教師養成講座420時間は上記の『通信で通学コース』と、

 ① オール通信
 ② 前半通学+後半通信


の2種類の受講方法があります。いずれも420時間が取得できるコースですが、ご自身のご希望によって、もちろんオール通信でも受講することができ、ほとんどの方はこちらの受講方法を選択されています。

ただ、通信のみでは不安である、講師から直接に指導受けたい、模擬授業を講師に見てもらいたいと思っている方は、この『通信で通学コース』がお薦めです。

> どれが一番自分に合うコース?日本語教師養成講座420時間

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/08/31 17:29
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年8月31日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


円高を利用!通信で日本語教師養成講座!

-通信で日本語教師養成講座420時間の通学コースの空席状況

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、世界どこでも日本語教師養成講座420時間が今月も好調です!日本にいらっしゃる方からのお申し込みがやはり多いのですが、世界各国からのお申し込みがたくさん届いています。ロシア、フィリピン、コロンビア、サイパン、台湾、韓国、中国などなど。

本当に多くの世界にいる日本人の方々が、受講を開始されています。

ちなみに、今、日本人の方々と言いましたが、別に日本人の方のみ対象ではありません。現に外国人の方も受講可能で、実績もあります。

ただ、やはり日本語ができることは必要ですし、またこの講座は英語を使っての指導間接法も勉強しますので、併せて英語の力もある程度必要とはなります。

でも、もし外国人の方が、この講座を受講されて、日本語教師になられて、日本語を教えてくれるのならそれも本当にうれしいですもんね!

さて、この世界どこでも通信で日本語教師養成講座420時間は、
結構いまお申込み時かもしれません!

授業料の1740豪ドルに関してはもちろん変わりませんが、豪ドル建てのため日本円でお支払いの時には日本円に換算してその額をお支払い頂きます。

BBIでは東京三菱UFJ銀行の送金為替レートを適用して対応をしていますが、豪ドルと円の関係が日本円に換算したときには影響を及ぼします。

例えば、1豪ドルが90円の時には

 1740豪ドル×90円=156600円となります。

これが1豪ドルが80円の時には

 1740豪ドル×80円=139200円となります。

つまり同じ講座でも17400円の差が出ます。

ちなみに今日、2010年8月31日のレートは77.47円です。つまり、

 1740豪ドル×77.47円=134797.8円

となります。

かなり安い金額となりますね!

何度も申し上げますが、日本円換算額が異なっても講座自身は何も変更がありませんので、一番は、ご自身が始めたいタイミングでされるのがいいのですが、その近辺で、為替レートにお得感があるとよりいいですよね。

この9月からこの講座を受講してみたいと考えている方がもしいれば、いまはいい時期だと思います。もちろん最終的にご自身にて良い時を選びご対応いただければと思いますが、75~80円台であれば、これまでのオーストラリアドルの動向を見たときに悪い方ではないかなと思います。

以上どうぞご参考くださいませ。

なお、この通信で日本語教師養成講座には、前半部分を通学で受講する方法もあります。今日現在の空き状況も併せてお知らせします。

【通信で通学コース 日本語教師養成講座420時間スケジュール】 (8/31現在)

≪2010年≫
 ○ 9月20日~10月1日 ・・・  残2席 (通信で通学
 ○ 11月15日~11月26日 ・・・  残6席 (通信で通学
≪2011年≫
 ○ 1月10日~1月21日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
3月14日~3月25日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
5月  9日~5月20日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
7月  4日~7月15日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
9月19日~9月30日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
11月14日~11月25日 ・・・  残6席 (通信で通学

お申し込みは便利なオンラインで

 > 通信で通学コース(世界どこでも日本語教師養成講座) 

【注意】
※通信で通学コースは、2週間で修了しますが、その後は引き続き通信講座に移行して後半部分を修了することにより420時間のコース修了となります

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

 > リニューアルされた通信で日本語教師養成講座のページ
 > どれが一番自分に合うコース?日本語教師養成講座420時間

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/08/31 14:12
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年8月27日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


今年中にスタートできる!日本語教師養成講座!

-最新の日本語教師養成講座の残席状況+2011年の開講スケジュール!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、もう8月末になってきましたね。今年もあと4ヵ月間、3分の1を残すばかりとなりました。

この時期に新しい年のことを言うのも変ですが、新しい年にいいスタートを切れるように今年のことは今年のうちにやってしまおう!という気持ちは、基本的にとてもいいことだと思います。

あと4ヵ月間しか今年もないので、そういう意味では、何か目標を立てている方は、そろそろまいて動いていかなければいけない時期に来たのではないでしょうか。

さて、BBIがお伝えしている日本語教師養成講座420時間の通学コースにおいて、今年中にこの資格が取得できるコースはほぼ満席となってしまいました。

以前、ゴールドコーストの10月のコースの発表の時にこのことをよくブログ通じて伝えたと思います。

今回、「ほぼ・・・」と言っているのは、そのゴールドコーストの10月4日スタートコースが、たった一日で残3席のところに5人の方からのお申し込みが殺到したことにより、急に満席状態になりご迷惑をおかけしましたが、そのこともあり、学校も考慮してそのスタート日に限ってクラスを増やすことで席をさらに設けることとしました。

よって、当初予定していた定員数から増席して現在も募集をしていることから、「ほぼ・・・」という表現を使っていますが、それ以外の今年中に420時間が取得できるコースは(このゴールドコーストのコースも以前は)、満席となっています。

よって、表題で掲げた、今年のうちに仕上げてしまえ!ということはこのゴールドコーストの追加設定のコース以外ではかなえることはできませんが、今年中にスタートすることくらいはできるコースはいくつか残っています。

以下にその日程を紹介しますので、今年中に何とかスタートしたい!とお考えの方は、どうぞご参考ください。

【オーストラリアで日本語教師養成講座420時間スケジュール】 (8/27現在)

≪2010年≫
(9月)
 ○ 9月20日~10月1日 ・・・  残2席 (通信で通学
 ○ 9月27日~12月10日 ・・・  満席 シドニー)
(10月)
 ○ 10月4日~11月26日 ・・・ 残6席 (ゴールドコースト
(11月)
 ○ 11月8日~2月25日 ・・・  残9席 シドニー、年越しコース)
 ○ 11月15日~11月26日 ・・・  残6席 (通信で通学

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

9月27日スタートのシドニーのコース以外の4つのコースが、今年スタートコースとして席がいくつか残っています。そのうち10月4日スタートのゴールドコーストのコースは今年中に420時間が取得できる唯一のコースです。

従って、ゴールドコーストの講座に興味があり、今年中に取りたいと思っている方は、渡航準備もあるでしょうからなるべく早くにお申し込みください。

なお、今年中にスタートできればいいとい言う方には、他のコースが候補として挙がってくると思います。

 ① 通信で通学コースか
 ② シドニーの年越しコース


のいずれかになると思います。

①の通信で通学コースですが、上記のとおり、今年中にスタートするのは、9月20日、11月15日スタートとなります。

いずれもこの通学期間は、2週間ですので、通学期間中の講座は今年中に修了することができます。ただ、この修了を持って420時間の資格取得とは残念ながらなりませんので、注意が必要です。420時間の資格を取るためには、その後、通信課程に移行し、後半部分のマスター講座(前半の通学コースは基礎講座と呼びます)を修了しないことには、420時間がもらえません。

この後半の通信課程は、平均して半年間くらい時間を要します。早くても4~5ヶ月くらいは期間を要します。従って、いくら通信部分を急いで頑張ったからといって今年中に修了するのは上記のコーススタートでは厳しそうです。
※実際には早いペースで通信を受講されることは進めておりません。知識習得がおろそかになる傾向があるからです

②のシドニーで日本語教師養成講座に関しては、年に一回の年越しコースとなります。このコースは他のレギュラーコースとなんら講座内容は変わりませんが、通常約3ケ月間程度で終了するこの講座が、この年越しコースのみ16週間かかります。これは、講座自身が長くなるわけではなく、途中に年末年始クリスマス休暇が入るので、その分滞在をしていなければならず、修了が2010年の2月25日と合計で16週間の滞在が必要となるコースとなります。

詳しくは以下でご覧ください。

今年もやります!
シドニーで日本語教師養成講座『年越しコース』

無料で全養協日本語教師検定試験対策コース付き



いずれにしてもこちらも同様に今年中に資格が取得できるわけではありません。が、今年中にスタートできるコースとなります。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

コースによっては、残席数も少なくなってきていますので、もしご希望の方は、なるべく早くにアクションを起こしてください。

さて、来年2010年以降のBBIが紹介する日本語教師養成講座420時間の日程を紹介します。こちらの方も例年からすると、そろそろうかうかしていられない状況ですので、席があるからと安心していると、結局満席になってしまったということもあり得ますので、行くことを決めている方は、特に今円高なので、申込時かもしれませんね。

≪2011年≫
(1月)
 ○ 1月10日~1月21日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ※ 1月10日~1月14日 ・・・ 全養協日本語教師テスト対策講座
 ○ 1月17日~4月8日 ・・・  残8席 シドニー)
 ※ 1月23日(日) ・・・ 全養協日本語教師テスト試験日
 ○ 1月31日~3月25日 ・・・ 残8席 (ゴールドコースト
(3月)
 ○ 3月7日~5月20日 ・・・ 残10席 シドニー)
 ○ 3月14日~3月25日 ・・・  残6席 (通信で通学
(4月)
 ○ 4月11日~7月1日  ・・・ 残10席 シドニー)
 ○ 4月26日~6月21日 ・・・ 残8席 (ゴールドコースト
(5月)
 ○ 5月9日~5月20日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 5月30日~8月12日 ・・・ 残10席 シドニー)
(7月)
 ○ 7月4日~7月15日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 7月4日~9月23日 ・・・ 残10席 シドニー)
 ○ 7月18日~9月9日 ・・・ 残8席 (ゴールドコースト
(8月)
 ○ 8月22日~11月4日 ・・・ 残10席 シドニー)
(9月)
 ○ 9月19日~9月30日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 9月26日~12月16日 ・・・ 残10席 シドニー)
(10月)
 ○ 10月3日~11月25日 ・・・ 残8席 (ゴールドコースト
(11月)

 ○ 11月14日~11月25日 ・・・  残6席 (通信で通学

【注意】
※通信で通学コースは、2週間で修了しますが、その後は引き続き通信講座に移行して後半部分を修了することにより420時間のコース修了となります
※シドニーの講座は全11週間(間に1週間ホリデーのあるコースもあり)
※シドニーの講座で年越しコースは11週間の講座ですが途中に年末年始の休暇があるため全16週間の滞在期間となります
※ゴールドコーストの講座は全8週間
※2011年1月の全養協日本語教師検定試験対策はシドニーで行われ、通常のコースとは別の内容となります(費用:外部生300豪ドル、内部生250豪ドル。但し年越しコース参加の場合は、このコースも無料で受講可能)
※2011年1月23日の全養協日本語教師検定試験はシドニーの学校で行う


お申し込みは便利なオンラインで

 > 
シドニーで日本語教師養成講座 お申込み
 > ゴールドコーストで日本語教師養成講座 お申込み 
 > 通信で通学コース(世界どこでも日本語教師養成講座) 

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

それぞれの講座紹介のページが最近リニューアルされました、どうぞこちらもご参考下さい。

◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座

◆ 新設!シドニーの年越しコースの案内はこちらでご覧下さい

◇ シドニーとゴールドコーストの違い 自分に合った講座選びを
◇ どれが一番自分に合うコース?日本語教師養成講座420時間


■その他プログラム毎お薦めコンテンツ一覧

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/08/27 18:32
コメント()  トラックバック(0)

       -このブログ記事内容は【2010年8月26日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

全養協の日本語教師検定とは!
-世界初!全養協認定校!シドニーで日本語教師養成講座

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、BBIでは将来日本語教師を目指す方に、

 資格を取る⇒経験を積む⇒就職する

として、皆さんの今のステージに応じて目的を達成できる方法をアドバイスさせて頂いております。

その中で、日本語教師になるためには、基本的にはその資格が必要となり、そういう意味では資格を取ることが一番の「元」になります。

日本語教師になるための資格には、

 ○ 大学にての主副専攻修了
 ○ 日本語教育能力検定試験合格
 ○ 日本語教師養成講座420時間終了


と一般的には言われており、どの日本語教育機関でも上記のいずれかの資格保持を採用条件と掲げているところが多いようです。

さて、このうち、日本語教育能力検定試験に関して、重要な試験であり、合格率も高くないことから、この資格を持っているととても値打ちがあると良く言われていることを聞きます。

この資格は上記のとおり、日本語教師になるための資格の一つとして以前よりずっと言われている事ですので、その意味では、本当に値打ちのある資格であると言い切れると思います。

ただ、見方によっては、この資格は日本語教師としての知識などを問う試験なので、大学の主副専攻修了や日本語教師養成講座420時間修了よりは実践的な部分、つまり、『いかに教室で教えるか』『いかに生徒に理解をさせるか』という視点においては、どうしても劣ってしまう部分があると感じます。

列記とした資格であり、その資格の方を重宝したがる機関も多いことから、決して侮ってはいけない、できれば持っておいた方がいい資格ではありますが、実際に教えるときに、日本語教育機関の先生方が言うのは、

日本語教育能力検定試験合格だけでは、指導は難しいのでは

ということを聞きます。

これは、全ての日本語教師の先生が言っているわけではないので、あくまでも参考意見としてですが、確かにこの試験の試験問題を見たときには、教え方というよりは、日本語教師として知っておくべき知識に重きが置かれているように感じます。

もちろん、その知識は必要不可欠であろうと思いますが、その知識等も含めていかに教壇で、教室で使いこなし教えることができるかというのとは、別問題のような気がします。

その点、特に、日本語教師養成講座420時間の方は、模擬授業もあったり、より実践的なカリキュラムを組んで対応をしています。

そういう意味では、採用されて即日本語教師として活動するには、模擬授業等をやっている分、日本語教師養成講座420時間修了の方が即戦力的な意味合いが強いかもしれません。

ただ、もちろんそんな単純ではありませんね。

実際に、両方の資格保持を採用条件と掲げる教育機関も多いし、どちらが勝るとか劣るとかいうことではないですし、日本語教師になるための資格とし広く一般的に認められている資格であることは上記のとおり誰もが知っていることです。

よって、上記でお話ししたことは、『実際に教室で教える』という点から見たときのある意見としてとらえて頂ければいいかなとは感じます。

さて、日本語教育能力検定試験は、日本語教師としての知識を図る試験であることお伝えしました。

 > 平成23年度から試験内容一部改定の日本語教育能力検定試験概要

一方、上記の3つには掲げられていませんが、いかに教えることができるかというところに焦点を当てた日本語教師の検定試験が別にあるのをご存知ですか。

毎年1月に行われ、来年2010年は第6回を迎える試験で、
『全養協日本語教師検定』と呼ばれる試験があります。

まだ6回なので若い試験ではありますが、日本語教師としての実質的なところを問う試験として、日本全国の日本語教師養成講座を開講している任意の民間日本語教育機関が集まって、『全国日本語教師養成協議会』という団体を作っていますが、その団体主催の試験としてこの全養協日本語教師検定という試験が行われるようになりました。

 > 全国日本語教師養成協議会(全養協)とは
 > 全養協日本語教師検定の実施要項

上記ホームページによると、この試験の目的は

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

内外の日本語教育に携わる者やその志望者を対象として、日本語教育の現場に直接かかわる実践的知識及び能力を測ることにより、日本語教育実践者の質的向上を目指し、日本語教師としての意欲と自覚を促し、以って日本語教育全体のレベルアップに貢献することを目的とします。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

となります。実際の試験内容が、上記の日本語教育能力検定試験と異なるのですが、それが、

試験Ⅰ:
教育現場で求められる、日本語のルール、教授法、授業展開等に関する専門的な知識を中心に問う客観テスト(マークシート選択式問題)

試験Ⅱ:
初級並びに中上級レベルの教室活動をビデオで視聴し、教授活動等にかかわる問題点を記述されることにより、実践的教授技術能力を問う主観テスト(記述式問題)

と試験形式に謳われているように、たんにマークシート等のペーパーの試験のみではなく、特に試験Ⅱの方になると思いますが、『教室活動をビデオで視聴し教授活動等に係る問題点を記述する』

という、実践的な能力を図る試験形式にしています。日本語教育能力検定試験にはない特徴で、個人的には、教えることができるかどうか、教室でいかに教えることができるかを問う試験としては、とてもいいのではと感じています。

上記のとおりまだ若い試験ですので、おそらくまだまだ広く一般的に認知されていないと思いますが、この全養協に加盟している日本語教育機関には

○ アークアカデミー
○ アルファ国際学院
○ 千駄ヶ谷日本語教育研究所

など、日本語教師養成講座を受講したいと思っている方には、よく見たことのある学校がたくさん名を連ねています。

実は、こういった学校が主体となってこの全養協が作り上げられたのですが、作った目的が

『日本語教師としての実践力を養う』

であり、ここに焦点を当てて活動をつづけられています。

即、日本語教師として対応するにはどうしたらいいか、そしてそれが測れる検定試験があったほうがいいのでは、という思いから、この『全養協日本語教師検定』試験が生まれています。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

BBIとしては、日本語教師としての育成をテーマに活動を続けておりますので、この指針に関してとても共感ができ、また、実際に日本語教師として働くには、そうあるべき、つまり実践力をきちんと持っているべきと感じています。

ですので、もしよろしかったら、この試験も受けてみて、ご自身の日本語教師としての実力、特に実践力に関する評価を受けてみてください。

もちろんこちらの評価で合格すると(評価がA~Cの方は合格です)、それはもちろんのこと就職の際に大いに役立つと思いますし、名だたる日本語学校が会員としてこの全養協を盛り上げているので、まだまだ若い試験ではありますが、ご心配されることなく、取っていて無駄な試験ではありません。

さて、この全養協日本語教師検定ですが、詳しくは上記のURLで試験日程など概要を確認頂ければと思いますが、実はシドニーにおいても受講することができます。

それは、BBIが紹介しているシドニーで日本語教師養成講座を提供している学校自身が、海外初の全養協の認定校だからです。

この全養協に加盟するには、実は学校内でのカリキュラムを提出しそれが評価されないことには、加盟することができません。つまり、全養協が目指している『実践力』というところがきちんとカリキュラムに導入されていないと、また、そのカリキュラムが評価されないと加盟ができません。

シドニーの学校は、その評価を受けて加盟することができたのです。上記に挙げた様な名だたる日本語教育機関と肩を並べて、日本語教師養成講座420時間の講座を主催しているのです。

このブログを過去に読んでいらっしゃる方はお気づきの方が多いと思いますが、僕自身は、日本語教師としての実践力を身につけたいなら、

このシドニーで日本語教師養成講座420時間

がイチオシですよ!と前から伝えてきました。

この講座は本当に半端なく、それが鍛えられます。結構半べそな方も多いです。それくらいかなりハードに、いかに教えるかというところが鍛えられるカリキュラムとなっています。

よって、即戦力の日本語教師目指して、実践力を身につけたいと思っている方には、本当にお薦めのコースです!実際に卒業後に多くの方が世界各地で日本語教師としてデビューしていますもんね。

さて、このシドニーで日本語教師養成講座ですが、前述のとおり、全養協の加盟校です。全養協の日本語教師検定試験はシドニーで受けることができるとお伝えしましたが、それはこの学校が会場となって受験します。

その時期にシドニーにいる方で興味のある方はどうぞ、ご連絡ください。

なお、シドニーのこの学校では、この試験対策として、直前全養協日本語教師検定試験対策講座として講座を持っています。(内部生250豪ドル、外部生300豪ドル)

こちらもご興味ある方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

で、この全養協の日本語教師検定試験に関連して、実は、11月9日からのシドニーで日本語教師養成講座年越しコースを受講されると、この直前試験対策講座を無料で受講することもできます!

よって、

この試験もついでに受けたい!、
対策講座も受けたい!、
もちろん420時間の資格も取りた~い!

という方は、年に一度のこの年越しコースが、無料で対策講座が付いてくるのでお薦めです。詳しくはどうぞ以下をクリックしてください。

今年もやります!
シドニーで日本語教師養成講座『年越しコース』
無料で全養協日本語教師検定試験対策コース付き



さて、ここで、現時点のシドニーで日本語教師養成講座の残席状況をお知らせしますね、ご参考ください。

【シドニーで日本語教師養成講座420時間スケジュール】 (8/26現在)

≪2010年≫
 ○ 9月27日~12月10日 ・・・  満席
 ○ 11月8日~2月25日(※) ・・・ 残9席(年越しコース)
    (途中12月11日~2011年1月16日までお休み)
≪2011年≫
 ※ 1月10日~1月14日 ・・・ 全養協日本語教師テスト対策講座
 ※ 1月23日(日) ・・・ 全養協日本語教師テスト試験日
 ○ 1月17日~4月8日(※) ・・・ 残8席
 ○ 3月7日~5月20日 ・・・ 残10席
 ○ 4月11日~7月1日(※)  ・・・ 残10席

 > これ以降の2011年のシドニーで日本語教師養成講座スケジュールはこちらから

(※)印は講座途中に1週間のお休みがあります

お申込: シドニーで日本語教師養成講座 お申込み 

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ

 シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ目次

 ○ 先輩後輩の効能!シドニーで日本語教師養成講座
 ○ 講座の秘密と充実過ぎる内容!
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ 全養協(全国日本語教師養成協議会)とは
 ○ 全養協 日本語教師試験日程発表(2009年)
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/08/26 19:19
コメント()  トラックバック(0)

       -このブログ記事内容は【2010年8月24日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

1月出発最後の募集!カナダで日本語教師
-8月末日が応募締切!WHビザの場合は9月末まで!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は昨日に続いて8月末の募集締め切りのあるコースを紹介します。

今日は、2011年1月のカナダで日本語教師派遣の最終受付のお話です。

来週の今月末が、この募集の締め切りとなっていますので、ご希望の方は、必ず今月末までに派遣インタビューを受けられてください!

尚、この締切日に関連することで重要なこととしてビザのことがあります。

カナダの場合は、ご参加に当たっては、就労ビザ(ボランティア用)又はワーキングホリデービザにてご参加頂くことができます。

ワーキングホリデービザは、年齢が30歳までの方が限定ですが、この活動以外に、例えば児童英語教師の資格を取りたい、語学学校に行きたいなど、何かしたい方にはお薦めのビザですが、年齢が31歳以上の方含めて、基本的に取得条件の何もない就労ビザは参加するに当たっては、とても便利なビザです。

この就労ビザは、BBIのようにカナダの移民局(大使館)で認められているエージェント(恐らく2社か3社だと思います)では、申請が可能ですが、取得にある一定の時間が掛かるため、この8月末を応募締切りとしています。

従って、取得にあまり時間を要さないワーキングホリデービザの場合は締切は9月末で問題ないですが、就労ビザの場合はこの8月末までとなりますので、必ず今月中には派遣インタビューを受けて頂きますようにお願いします。

尚、この就労ビザでご参加される方というのは

 ○ 参加に当たってどのビザでも良い方
 ○ ご年齢が31歳以上の方
 ○ 過去にカナダのワーキングホリデービザを取得した方
 ○ カナダのワーキングホリデービザを今後に残しておきたい方


が、対象となると思います。

 > カナダ就労ビザ(ボランティア用)取得概要はこちら
 > 1月出発カナダ日本語教師派遣との組合せプラン

********************************************************************************************
☆その後のカナダで日本語教師派遣プログラム募集情報一覧

>2011年3月出発 カナダで日本語教師派遣プログラム募集概要

********************************************************************************************

以下にこの来年1月出発カナダで日本語教師派遣プログラムの募集要項に関してお知らせします。

プログラム2番人気!英語が伸びる国カナダ
*******************************************************************
■カナダ2011年1月出発概要 応募締切り8月末!
準備研修 : バンクーバー
準備研修日程: 2011年1月3日~1月7日(予定)
活動開始日 : 1月10日から
派遣先  : 全土に亘って派遣しています
募集条件 : 20歳以上、TOEIC500点以上程度(目安)
ビザ : 就労ビザ、ワーキングホリデービザ
募集締切日 : 2010年8月末日まで(WHビザで行かれる方は9月末までが締切)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ カナダで日本語教師派遣プログラム詳細
  日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************

カナダ派遣の基本情報は以下のご覧下さい。

 > カナダで日本語教師派遣プログラム概要
 > カナダワーキングホリデービザの活用方法
 > 2010年ワーキングホリデー受付開始とその概要
 > カナダの健康診断と無犯罪証明書について
 
【カナダで日本語教師、派遣校サンプルはこちら】


  英語が鍛えられる派遣校一覧
  英語が苦手でも活動できる派遣校一覧
  ネイティブ講師のいる派遣校一覧
  ネイティブ講師のいる派遣校一覧②(バンクーバー市内編)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

最後に、カナダでの活動結果として、全体的に英語力が上がると言う事がいえます。BBIでは世界各国でこの日本語教師派遣プログラムを開催していますが、カナダは英国に次いで英語力が上がる派遣国です。

これは、BBIでこのプログラムにご参加された方々の出発前と帰国後にTOEICのテストを無料で受けて頂いていますが(2学期間以上参加の場合)、その結果からの報告です。

実際の英語力とは広い意味となるので、このTOEICの点数のみではなんとも言い切れませんが、その伸び率が、他国と比べたときに第2位の位置にいます。

想像するに、カナダの日本語教育環境はまだ発展途上のため、英語を使って指導しなければならない、英語を使ってのコミュニケーション比率などが、環境の整ったオーストラリアなどと比べると高いのではないかと想像でき、その結果として英語力が高くなるのかなと感じます。

その分もちろん活動は大変なところもあり、スムーズに行かないことにも出くわす可能性も高いですが、これまでの蓄積からなるべく活動のしやすい派遣校を紹介させて頂いています。

従って、

 ◇ カナダが大好き
 ◇ 実践的な英語をばっちり鍛えたい
 ◇ 英語の環境で自分を生かして活動したい!
 ◇ カナダの日本語教育環境で活躍したい!


などと考えている方は、このプログラムはお薦めで、あとは目的によって、この活動の前後に上記の様な児童英語教師や語学学校をつけてもいいかもしれません。

せっかく留学に行くのであれば、ご自身の目的にあったプランをどうぞ考えてみてください。

なお、もし組合せをする場合、BBIの割引が受けられます。また、日本語教師派遣プログラム自身にも割引がありますので、最大で10万円オフの割引も受けることができますので、該当される方はどうぞご利用下さいませ。

 

尚、就労ビザ(ボランティア用)を取得しての組合せの場合は、活動が修了後に現地にて観光ビザに切り替えてそして例えば語学学校などに通学する等は可能ですが、活動の前に組み合わせることは基本的にできません。

従って、上記の様な組合せをお考えの場合は、WHビザでご参加されるほうがスムーズに進みます。

また、通信講座に関しては、もちろん就労ビザで参加されていても対応できます。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【カナダへ派遣の特徴】

◎ 英語が伸びる派遣国(TOEICの伸び幅が2番目 BBI調べ)
◎ 日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がまだ発展途上の派遣校もあり
◎ 従って、パイオニア精神をお持ちの方にお薦め
◎ その分、メインとして任されたり
やりがいのある環境
◎ カナダ全土に亘って派遣可能。ただし、BC州、オンタリオ州中心
◎ 派遣先は中高校(一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校)が中心。小学校の派遣もあり
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なカナディアン先生、英語が主体のカナディアン先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 一般的に、参加にはある程度の英語力が必要
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均756加ドル/月(約63000円/月)・・・毎日3食付いているのでお得!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ カナダで日本語教師海外派遣プログラム
◇ カナダの派遣校紹介
◇ カナダの派遣の特徴
◇ カナダワーキングホリデービザ(WHビザ)の活用法
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ カナダ就労ビザ(ボランティア用)申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について
◇ カナダ健康診断受診病院の詳細
◇ 2010年カナダワーキングホリデービザ概要
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/08/24 12:45
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年8月23日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


10月出発最後の募集!オーストラリアで日本語教師
-ワーキングホリデーで行くオーストラリアで日本語教師派遣プログラム!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今月もあとわずかとなりました。以前からお伝えしている通り、今月末はいろいろな日本語教師海外派遣プログラムの応募締め切りとなります。

 ◇ 10月出発オーストラリアで日本語教師派遣プログラム
 ◇ 10月出発ニュージーランドで日本語教師派遣プログラム
 ◇ 1月出発カナダで日本語教師派遣プログラム
 ◇ 1月出発アメリカで日本語教師派遣プログラム
 ◇ 2月出発ドイツで日本語教師派遣プログラム

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

今日はそのうちオーストラリア10月に関して最後の募集内容をお知らせします。

人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2010年10月出発最終募集要項 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 10月5日(火)~10月8日(金)予定
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 10月11日(月)
募集締切日 : 
2010年8月末迄(WHビザでご参加の場合)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1ヶ月間、1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2011年1月(応募締切10月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

尚、10月からの派遣の特長は

 ◎ 4学期(最終学期)からの参加
 ◎ よって卒業式などこの時期ならではの行事に一先生参加可能
 ◎ 12月中旬頃で終了し、その後長い夏休みがある
 ◎ 新学期(新年度)スタートは2011年1月末


等の特長があります。

なお、2011年はBBIの7周年となりますが、現在その7周年記念として

 > BBI7周年記念、特別価格で日本語教師!

プログラム費用:
1学期間・・・ 400000円 ⇒ 308000円
2学期間・・・ 470000円 ⇒ 338000円
3学期間・・・ 510000円 ⇒ 368000円
1学年間・・・ 550000円 ⇒ 398000円

として対応しますが、その前に活動するこの10月出発の方にも適用しようと思っています。(ほぼ近い時期なので、公平にご利用頂けるためにです)

ですので、この10月から参加したい方は上記にて対応もしていきます。

なお、10月スタートで、もしオーストラリアで日本語教師派遣プログラムにご参加の場合、特に2学期間以上のご参加の場合、この12月中旬くらいからの夏休み期間を大いに活用することができます。活用方法としては、

 ◇ 旅行する
 ◇ 語学学校に行く
 ◇ 資格取得コース等に行く
 ◇ 滞在先でのんびりとする
 ◇ アルバイトする(ピッキングなど)


等あると思います。長い方でこの日本語教師の活動に1年間参加されますが、皆さんスクールホリデー以外の活動中は基本的に学校にいらっしゃるので、実はあまり旅行等にのんびり行くチャンスもありません。

従って、この時期の活用方法として一番の人気は、やはり旅行に行かれることです。ホストファミリーと、同期と、個人でなど、それは様々ですが、長くに亘っての休みはこの時期のみですし、また、ちょうどオーストラリアらしい夏の時期なので、旅行にはもってこいの時期です(^o^)/

従って、是非、そのこともこの時期の一つの選択肢としてお考え頂きたいのですが、中には、
効率よく真面目に資格取得コースなどに行かれる方もいらっしゃいます。

特に、児童英語教師の資格を取りにシドニーまで戻ってこられる方も多いです。実はこの時期にちょうど効率よく、児童英語教師の資格取得コースがあります。

具体的には以下の日程になります。

2010年10月から2学期間 日本語教師派遣プログラム参加
途中で児童英語教師を取得する


2010年10月5日(火)~10月8日(金): シドニーオフィスで準備研修
10月11日(月)~12月10日(金): 派遣校にて活動
12月13日(月)~2011年1月28日(金): 児童英語教師受講
1月31日(月)~: 新年度の活動開始!

※10月スタートの派遣校での活動期間は学校により異なる
※仮に活動期間が翌週の12月17日(金)迄であっても1週間早くに活動を修了する事に問題ない
※12月13日スタートのコースは全7週間(途中1週間の年末年始休暇があります、コース自身は通常と変わらず6週間)

 > 10月出発オーストラリア効率的な組合せプラン

上記の様な組合せて参加することもできる時期ですので、ご自由にご自身の目的に合わせてプラン立てして見てください。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

尚、短期しか参加できない、短期で何とかこのプログラムに参加したい!という方は以下の情報をご参考下さいませ。

オーストラリア短期日本語教師体験(1週間~参加可能)

 ◎ 会社を辞めることができない
 ◎ 費用的に安く済ませたい
 ◎ それでも海外の現場で活動してみたい
 ◎ できるだけネイティブや英語と触れたい

このプログラムは上記の様な方にぴったりのプログラムです。

以上、ご都合のよろしい方をどうぞご選択下さい。いずれの場合もオーストラリアは他の派遣国と比べて、派遣校での活動内容や状況が充実していますので、一番にお薦めの派遣先となります!

【短期オーストラリアプログラム参加費用】

1週間
:158000円
2週間
:178000円
3週間:198000円
4週間:218000円

費用に含まれるもの
1
) プログラム運営費
2) 出発までのサポート
3) オリジナル教材費
4) お電話による準備研修費
5) 現地サポート費(緊急時24時間含む)
6) 事前英語無料レッスン費
7) 修了証の発行
8) 帰国後の就職サポート
9) 最寄りの空港等までのお出迎え

※その他費用としてホームステイ費用(120ドル/週~)、通勤費、お小遣いなど

現在日本の夏休み期間中限定で

> 9月までプログラム費用20%オフのBBI夏の留学

も同時受付中です!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

他のプログラムとの組合せ

単独で参加してももちろん良いですが、以下のプログラムと組合わせることも可能で、それによりいろいろな目的が達せられます。オーストラリアの場合はいろいろと考えられます。

 ◇ 日本語教師養成講座420時間
 ◇ 英語教師TESOL
 ◇ 児童英語教師TECSOL
 ◇ 語学(英語)学校通学


などが対応可能です。それぞれの組合せには、それぞれ目的も異なりますので、ご自身にあった内容のもので組合せをどうぞされてみて下さい。

なお、BBI日本語教師ネットワークでは、この組合せをすることによって組合せ割引が適用となります。


 

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約10000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/08/23 11:16
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年8月20日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


BBI7周年記念!ラッキーセブン特別価格♪で日本語教師!
-2011年のオーストラリアで日本語教師派遣プログラムに特別記念価格導入です!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

今日は8月20日大安の日です。だから何なんだ?ということにもなるのですが、良い情報を発表するときには、こういったことも気にしたりしながら日を選んだりしています^^;

実は、BBIは現在7年目に入っていて2011年の2月19日にちょうど7周年を迎えます。

まだまだ7周年の若い会社ですが、僕にとっては、立ち上げ当初のころからの苦労や環境などを思うと、よくぞ7年でここまで来たなぁと感慨深くなります。

将来へのBBIの構想の中で、いま何をしていくべきかなど、まだまだきちんと整理しきれていない、行動にうつしきれていないところがどうしてもあり、そのことで何をするにも時間がかかるこの体制は(←ホント、これは僕らしいです^^)、いけないなぁと思いつつ、まぁ何とかかんとかやってこれたことは、我ながら嬉しく思っています。

『生かせ日本人スキル!』というキャッチフレーズで、日本人そのものが持っている国際的に通用するスキルを日本含めた国際舞台で、ぜひ生かしてもらいたい、サポートしていきたいという気持ちは、今も昔も変わらず、一般的に謙虚でシャイな日本人が、国際レベルで十分に渡り合える、もっと言うと群を抜いて秀でたこの『日本人スキル』をもっともっと認識し、生かして、たくましく日本人が世界のどこででも活躍できるようになれたらなぁと言う想いから、今まで続けてきていますが、今後もますますその気持ちで行きたいと思っています!

海外で長くに暮らしていると、または海外と携わっていると、日本ってすごいな、日本人ってすごいなって感じることがたくさんあります。日本人だから感じるのかなぁと思ったこともありますが、外国人が日本に行って戻ってきたときによく聞く話として、ウェルオーガナイズされているという話があります。

日本は、日本人は、きちっとしていて礼儀正しく、優しく、どこに行ってもスマートにオーガナイズされていて、しかも空気もきれいで、たいていの方がその日本や日本人そのものが持っている雰囲気や人を思う気持ちや組織だった無駄のない動きや、きれいさなどに感動して帰ってきます。

そんなことを何度も聞いたりしているうちに、僕自身が感じていた日本人そのものの捉え方として、世界的に見て本当にできた人たちなんだなぁと確信を持つようになりました。

普通にきちんとしていて、適当じゃないですもんね、日本人って。与えられて環境で一生懸命するし、責任感もあるし、相手をおもんぱかる気持ちも普通に持ち合わせているし。

我先と順番を待つことができない、責任は持たない、常に逃げ口上、約束を破っても平気、なぁ~んてことは、世界ではよくありますし、一方で、ここぞとばかりの時は狡猾でずるく気が抜けない人たちはたくさんいます。

人が良く疑うことがあまりできない日本人は、よく騙されたり、向こうのペースで話が進んだりとしていることもよくありますもんね。乱暴な言い方ですが、日本の外交なんてちょっとその毛がある感じがしています、本当に外交下手ですもん。

でもその根幹にあるのは、相手を思う気持ちがあり、自分だけがいいというような考え方がきっと日本人にはあまりないからだとも思います。

中田ヒデにしたってニコ動のひろゆき氏たちにしたって、世界に出ると日本のすごさやありがたさがわかるってよく言っていますが、そんなことをしみじみ僕は感じていて、さらに日本人は上記にあげたような世界レベルで見てとってもいいスキルを持っているのだと思っているので、日本人をどんどん前面に出したいと思っています。

なので、BBIを通じてそんなことができたらな、サポートできたらなと動いていますが、日本語教師含めて、日本人自身が生かせる事の養成、キャリアアップ、そして就職などその方が抱いているゴールまで今後もお手伝いができればと思っています。

さて、そんな思いからのみではありませんが、来年7周年になるので、ベタで大変恐縮ですが^^、

BBI 7周年記念!ラッキーセブン特別価格♪で日本語教師!

と題して、来年2011年に向けてキャンペーンを行いたいと思っています。

BBIとしては、シグネチャーでもあるし、それこそ日本人そのものを生かして語学含めていろいろなことが吸収できる、本当にイチオシの日本語教師派遣プログラムをもっともっとご利用いただけないかと思い、そしてせっかく活動するのなら、環境が整っているオーストラリアで活動して頂くことが一番のお薦めなので、

2011年のオーストラリアで日本語教師派遣プログラム

は、これまでの感謝の気持ちも込めて特別価格を導入して対応したいと思っています。

近日中には詳細をホームページ等でも発表していきたいですが、このブログを通じて先行発表をしますね。

プログラムの内容等は一切変更なく、できるだけ多くの方に参加して頂きやすい様にプログラム費用のみ変更して対応します。もちろんBBIオリジナルの割引制度もそのまま適用しますので、最大割引が適用される方は本当にとっても魅力的な費用になるのかなと思っています。

詳細は以下の通りです。

対象: オーストラリアで日本語教師派遣プログラム(ボランティアインターンシップ)
適用時期: 2011年1、4、7、10月出発者
適用期間: 1学期間~1学年間の参加者

プログラム費用:
1学期間・・・ 400000円 ⇒ 308000円
2学期間・・・ 470000円 ⇒ 338000円
3学期間・・・ 510000円 ⇒ 368000円
1学年間・・・ 550000円 ⇒ 398000円

※学割、資格割、英語割、WH割は通常通り対応
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用
※1~4週間の短期プログラムは対象外
※1ヶ月間のプログラムは2011年は催行しません


↑詳しくはこちらをクリック

上記のとおり最大10万円オフとなりますので、1学年間参加の方でも298000円で参加できる方もいます。もちろんこちらには、これまでのプログラム内容と変わらず

1.プログラム運営費
2.出発までのサポート
3.ビザ取得費用及び代行費用
4.オリジナル教材費
5.現地準備研修費
6.現地準備研修中の滞在費
7.壮行会費
8.現地サポート費
9.TOEIC2回受験無料(2学期間以上の参加の場合)
10.事前英語無料レッスン費
11.修了証発行
12.帰国後の就職サポート

が含まれます。

この時期に発表をしたのは、すでに2011年のこのプログラムに対して、お問合わせやお申し込みがあるためです。

また、オーストラリアで日本語教師派遣プログラム(ボランティアインターンシップ)をキャンペーンの対象としたのは、上記のとおり本当に環境が整っているということもありますが、オーストラリアではまだまだ日本語が外国語として人気がありますし、生徒も学校も皆さんが来ることを本当に首を長くして待っています。ネイティブの日本人が来てくれて活動してくれることを期待し、嬉しく思っています。

そんな学校の数がほかの派遣国にはないくらいたくさんあるのです。BBIは長いことオーストラリア現地の学校とお付き合いをさせて頂いています。ですので、できるだけたくさんの日本人が来てくれるという彼らの希望を叶えてあげたい気持ちもあります。

加えてBBIは本社がシドニーにあるので、BBI全社を挙げて今回のキャンペーンを対応したいと思っています。

ですので、どうぞこの機会をお見逃しなく、ぜひぜひご利用頂ければと思っています。

なお、今月8月末は2010年10月出発に向けてワーキングホリデービザで参加される方の応募締切です。この10月から参加される方にもこのキャンペーンは適用していきますので、希望される方は速やかに派遣インタビューを受けて頂きますようにお願いします。

以上2011年のBBI7周年記念に向けて

BBI7周年記念!ラッキーセブン特別価格♪で日本語教師

に関してお知らせしました。どうぞご参考くださいませ。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約10000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2010/08/20 11:11
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年8月19日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


選べる短期1週間~、豪・NZ・タイ・台湾・蒙へ日本語教師!
-短期が提供できるのは、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、台湾、モンゴル!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先日、オーストラリアとニュージーランドで日本語教師派遣プログラムの短期1週間からの専門サイトがオープンした話をしました。

 > 4週間までの短期オーストラリアで日本語教師体験専門ページ開設

その時にもお伝えしていますが、BBIの気持ちとしては、このプログラムを利用するすべての参加目的を考えたときには、少なくとも半年間以上の長期参加を本当にお薦めしています。お金も時間もかかりますが、その分、得れるものが本当に違うからです!

ただ、残念ながら、時間的制約や費用の面、また、ちょっとだけ体験してみたいというご要望も少なくなく、よってそういったご希望にこたえるために、今回オーストラリアとニュージーランドに関して短期用の専用ページを立ち上げて、より詳しく短期ならではの内容や利用方法に関してお知らせしました。

 > 短期4週間までのオーストラリアで日本語教師体験専門ページ
 > 短期4週間までのニュージーランドで日本語教師体験専門ページ

また、他には、タイと台湾に関して短期として扱っています。また、実はモンゴルに関しても2週間の短期プログラムもあるんですよ。この9月からも1ヶ月間の参加でモンゴルに行かれる方もいらっしゃいます。

 > 短期1週間~台湾で日本語教師派遣プログラム
 > 短期2週間~タイで日本語教師派遣プログラム
 > 短期2、3週間、1ヶ月間、3ヶ月間モンゴルで日本語教師派遣プログラム 

   ↑モンゴルは有給のページですが、ページ内に短期ボランティアの詳細があります

以上のように、短期といっても実は選べる派遣国がいくつかあります。本当は細かくというと、アメリカ、ドイツ、カナダにおいても1ヶ月間という短期もあります。

ただ、今回紹介している短期というのは1週間など超短期で参加できる派遣先として以上の5つを紹介したいと思っています。


短期となりますので、どうしても日本語教師派遣プログラムというよりも、日本語教師体験という色合いが強いです。

1週間の短期の場合などなおさらで、本当にあっという間に過ぎてしまいます。

あっという間に過ぎてはしまいますが、どの派遣国でも

 ● 現地の学校で終日活動する
 ● 基本的にネイティブばかりの環境での活動
 ● 英語圏の派遣国は英語を使っての指導


など、長期プログラムと変わらない、海外の現場に日本人という武器を使って活動できる環境下になります。

ボランティア活動となりますので、お金が稼げるわけではありませんが、得れるものが本当に大きいので、

 ◇ 日本語教師に興味がある
 ◇ 海外で日本語教師の経験を積みたい
 ◇ 海外の教育現場を経験したい
 ◇ 英語など現地の言葉を使って現地にどっぷり浸って活動したい
 ◇ 留学生ではなくできるだけ多くのネイティブと触れ合いたい
 ◇ 英語や中国語など語学を磨きたい
 ◇ 本当に自分に日本語教師があっているかどうか確かめたい


などのお気持ちがある方は、どうぞこの短期のプログラムを選択してみてください。

なお、短期といっても上記のようにいくつかの派遣国があります。単純にその派遣国が好きだ!その派遣国に行きたい!という方以外は、以下の視点から派遣国選びをしてみるといいかもしれないですね。

【短期で日本語教師体験の派遣国の選び方】

◎期間で選ぶ
1週間~活動できる派遣国: オーストラリア、ニュージーランド、台湾
2週間~活動できる派遣国: タイ、モンゴル

よって、1週間しか参加できない方は、オーストラリアかニュージーランドか台湾のみとなります。

◎指導法で選ぶ
この日本語教師体験の活動時の指導方法は大きく分けて2種類あります。直接法と間接法です。

直接法は、日本語を使って日本語を指導する方法で、間接法は、英語など現地の言葉を使って日本語を指導する指導方法です。

直接法の派遣国: タイ、台湾、モンゴル
間接法の派遣国: オーストラリア、ニュージーランド

よって、英語を使って指導してみたいという方はオーストラリアとニュージーランドを選択ください。

逆に英語や外国語の苦手な方は、直接法の派遣国を選択した方が無難です。なお、台湾では、中国語を使って指導したい場合は、中国語で日本語を指導する間接法も導入することも可能です。ご希望の方はその旨予めお知らせください。

◎活動場所で選ぶ
各派遣国での活動場所は、小学校、中学校、高校、大学、企業、日本語学校となります。ただ、派遣国によって対応できる活動場所とそうでない場合があります。

小学校で活動したい: オーストラリア
中学校、高校で活動したい: オーストラリア、ニュージーランド、タイ
大学で活動したい: モンゴル

企業で活動したい: 台湾
日本語学校で活動したい: 台湾
※台湾は他に幼稚園、高校等も活動できる場合があります。

よって、大学で短期で活動したい場合は、モンゴルという選択肢になります。また、例えば、将来児童英語教師になりたいのでその経験を積むために小学校で活動したいということであれば、オーストラリアとなります。

◎日本語教師の種類で選ぶ
日本人教師: オーストラリア、ニュージーランド、台湾、モンゴル
日本語が流暢な現地日本語教師: オーストラリア、ニュージーランド、タイ

日本語が苦手な現地日本語教師: オーストラリア、ニュージーランド

現地の学校の日本語教師の日本語能力も様々です。また日本人教師のいる場合とそうでない場合もあり、現地の日本語教師には、日本語をたくさん話してくれる教師とそうでない教師もいます。

例えば、英語に自信がないので日本語で先生と会話したい、打ち合わせしたいということであれば、そういった派遣校のある学校がいいですが、確実なのはタイと台湾とモンゴルです。

反対に、できるだけ英語環境での活動をしたい、日本語をできるだけ話さずに活動したいなどの目的の方は、オーストラリアやニュージーランドに候補の学校があります。

もちろんその場合でも日本語の授業ですので、クラス内では日本語を使って頂かなければなりませんが、もし現地の日本語教師が日本語が苦手な場合、先生との打ち合わせ含めて英語でコミュニケーションをとる確率は高くなります。

最終的には皆さんのご希望をかんがみてBBIにて派遣校を決定させて頂きます。従って、100%希望がかなえられない場合もありますが、何かご希望がある場合はお気軽におっしゃってください。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上大まかですが、1週間からの短期で日本語教師体験をしたい場合、どの派遣国が、目的に沿っているか、選択する項目をまとめてみました。どうぞご参考頂き、その中でご自身に合った派遣国を選んでみてください。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【各派遣国の日本語教師派遣プログラム概要】

(有給インターンシップ)
 ◇ オーストラリアで有給インターンシップ募集要項
 ◇ タイで有給インターンシップ募集要項
 ◇ モンゴルで有給インターンシップ募集要項

(ボランティアインターンシップ)
 ◇ オーストラリアで日本語教師募集要項
 ◇ ニュージーランドで日本語教師募集要項
 ◇ カナダで日本語教師募集要項
 ◇ アメリカで日本語教師募集要項
 ◇ 
イギリスで日本語教師募集要項
 ◇ ドイツで日本語教師募集要項
  台湾で日本語教師募集要項

  タイで日本語教師募集要項

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2010/08/19 17:56
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年8月18日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


嬉しかったのはキスしてくれた事!幼稚園ボランティア体験談
-1週間~の短期で参加できる、オーストラリアで幼稚園ボランティア-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、大人気!オーストラリアで幼稚園ボランティアの体験談を紹介したいと思います。

このプログラムは、オーストラリアシドニーのローカルの幼稚園で活動頂くものですので、基本的に、先生も生徒もネイティブ、オーストラリア人の中で活動頂くものとなります。

日本人の夏休みや春休み時期にとても人気がありピークとなります。今年の夏休みも
『BBI夏の留学』プログラムの一つとして、たくさんの方にご利用頂いています。

夏休みに限らず年中無休のこの幼稚園ボランティアプログラムの募集要項からまずはお知らせしますね。

オーストラリアで幼稚園ボランティア募集要項
*******************************************************************
活動場所 : シドニー近郊のローカル幼稚園
出発日 : 各週末にシドニーに到着
オリエンテーション : 到着時の週末明けの月曜日にオフィスにて実施
活動開始 : オリエンテーション終了後、スタート
活動期間 : 1週間単位、最大12週間まで
募集締切日 : 
随時募集
(渡航予定日の1ヵ月半前程度まで
募集条件 : 18歳以上、簡単な英会話ができる方、積極的な方

 ⇒ 
オーストラリアで幼稚園ボランティアプログラム詳細
 ⇒ 幼稚園ボランティアオンライン仮お申込
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【今日のコンテンツ】
幼稚園ボランティア体験談

2010年7月4週間参加 女性Kさん

●このプログラムに参加した目的は何ですか
単純な理由ですが、オーストラリアにきてみたかった(今回が初めて)のと、子供が好きなので。ホリデー+ボランティアワークで参加したいと思いました。

●費用は全部でおおよそいくらかかりましたか?
約35万円。(滞在費+航空券)

●地域はどんなところでしたか
ビーチがすぐ近くにあって、平静な住宅街の中にある幼稚園でした。

●日本出発前にしておけばよかったことは何ですか
日本のおもちゃをもっと持ってくればよかったと思いまいた。

●この経験を今後どのように繋げていこうと思っていますか
将来、自分に子供ができたら、育児についてここでの経験を生かして育てていきたなぁと思います。こちらでは決して子供に甘くなく、悪いことはちゃんと注意して怒るということ。口でちゃんといけないと注意しています。

●出発前と現在の英語力は何が違いますか
子供たちから結構新しい単語など教わり、ボキャブラリーが増えました。

●このプログラムで感じたことを教えてください
最初の1週間は、慣れないせいか、正直言って非常に長かったです。緊張していたせいもあって溶け込むのに時間がかかると思いきや、子供たちの方から積極的に話しかけてくれたり、フレンドリーで結構すぐに馴染めました。中にはシャイな子たちもいて、お互い照れ笑いしたりというシチュエーションもありました。でも時が経つに連れ、自分も子供たちも慣れてきたのか、リラックスして触れ合えるようになってきました。嬉しかったのは、おそらく一番仲の良い女の子なのですが、彼女がキスしてくれた事です。こっちでは普通ですが、日本だと考えられないことだし、とても感動するくらい嬉しかったです。何か子供たちからの愛情をもらえた感じで、本当にこの仕事をしていて良かったと思いました。

学んだことは、子供たちには悪いことをしたら必ず注意をして何が悪いかをちゃんと説明して叱ることです。日本だと割といけないと思っても見て見ぬふりをして怒らない親御さん、大人の方々が多い気がします。

そして子供たちが泣いていたり困っていたら、やさしくなだめて愛情をたっぷりとかけてあげるということ。1日に2、3人は必ずけんかしたり、転んだり、少しケガをしたりして泣いている子供たちがいるので、先生たちはすぐに飛んできて手当をしたり、抱きしめたり、キスしたりして慰めていました。辛かったことは、ときどき子供たちが何をしてほしいか理解できなかったことや、どう教えていいのかわからなかったので、その場合は先生の一人に引き継いでもらいました。印象的な先生の教え方では、子供たちに何か指示をするとき、歌にして歌いながら、話しかけるやり方がとてもいいなぁと思いました。

●今後参加される方にアドバイスをお願いします
子供の意外性にはいつも驚かされていました。例えば大人の使う言葉(俗語とか知っている子がいます)を話す子とかいたりして、でも基本的にはそんなに難しい言葉を知っている子はいないので、逆に使わない方がいいと思います。簡単な単語で十分に会話はできると思います。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

以上最新の幼稚園ボランティアの体験談紹介でした。どうぞご参考ください。また、以下にこの幼稚園ボランティアの特徴を紹介します。


【人気のコースBest3】
No.1: 2週間ボランティア
No.2: 4週間語学学校+2週間ボランティア
No.3: 3週間日本人園長先生の幼稚園でのボランティア

【プログラムの特徴】
○1年いつでも1週間の短期間から参加可能!
○参加しやすいリーズナブルなプログラム費用!
○夏休みや春休みに大人気!プチ留学にも最適!
○お友達同士の参加もOK!
○英語の環境で生活やボランティアができる
○現地では日本人スタッフが対応するので安心、初日に同行も!
○BBIが1軒1軒幼稚園先を訪問して派遣先を選定
○語学学校や資格取得(児童英語教師など)と組合わせ可能
○英語環境のローカル幼稚園を手配
○日本人園長先生のいる幼稚園の手配も可能(教育方法のレクチャーあり)

【こんな方にお薦め】
○将来幼稚園の先生になりたい、現役の幼稚園の先生のキャリアアップとして
○海外や英語環境の幼稚園教育などを学びたい
○専門学校・大学の学生や幼稚園の先生方の研修として
○子供が大好き、子供と一緒に遊びたい
○海外や英語の環境で働いてみたい
○観光や留学とは違った海外体験をしてみたい
○親子で参加したい

> より詳しくなった幼稚園稚園ボランティアの詳細はこちら

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

《 幼稚園ボランティアプログラム費用 》
2010年4月以降のプログラム費用を以下のように変更しています!

1週間 : 107,000円 ⇒ 変わらず
2週間 : 147000円 ⇒ 137000円
3週間 : 183000円 ⇒ 
167000円
4週間 : 219000円 ⇒ 197
000円
以降追加週数毎 +36000円 ⇒ +30000円

※今回のBBI夏の留学期間中は、上記から更に
該当する早割割引を適用します

費用に含まれるもの
1) プログラム費用
2) 出発までのサポート
3) 幼稚園先手配
4) 現地サポート費(無料のインターネットなど利用できます)
5) ホームステイアレンジ及び滞在費(1週間=7泊8日、平日2食・週末3食)
6) 初日空港お出迎え費
7) 現地オリエンテーション費(生活、活動のオリエンテーション)
8) 初日幼稚園先まで日本人スタッフの同行
※滞在先を含まないプランも対応可能。費用に関してはお気軽にお問合せください
※復路の空港までの送りをご希望の方は+12000円で手配ができます。

となりますので、
滞在費も込みです。

滞在先を含まないプランも対応可能。費用に関してはお気軽にお問合せください。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 幼稚園ボランティアのご質問は ・・・ お問合せ
◇ オンラインでお申込みは ・・・ 仮お申込 

◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有)
◇ 幼稚園ボランティアとは
◇ 更に詳しい幼稚園ボランティアの情報は
◇ 関連する児童英語教師とは

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

posted by BBI at 2010/08/18 09:57
コメント()  トラックバック(0)

       -このブログ記事内容は【2010年8月17日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

シドニーで日本語教師養成講座!修了アンケート!2
-シドニーで日本語教師養成講座420時間、次回は11月8日スタートの年越し!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先ほどのブログに続いて、二つ目のシドニーで日本語教師養成講座の修了アンケートを紹介します。

 > シドニーで日本語教師養成講座5月24日スタート組修了アンケートNo.1

なお、今年も残すはあと11月8日スタートの年越しコースのみです。また、その後は来年1月17日スタートのレギュラーコースとなります。年越しコースの詳細は以下でご確認ください。

今年もやります!
シドニーで日本語教師養成講座『年越しコース』
無料で全養協日本語教師検定試験対策コース付き



:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

さて、ここで、現時点のシドニーで日本語教師養成講座の残席状況をお知らせします。

【シドニーで日本語教師養成講座420時間スケジュール】 (8/17現在)

≪2010年≫
 ○ 9月27日~12月10日 ・・・  満席
 ○ 11月8日~2月25日(※) ・・・ 残9席(年越しコース)
    (途中12月11日~2011年1月16日までお休み)
≪2011年≫
 ※ 1月10日~1月14日 ・・・ 全養協日本語教師テスト対策講座
 ※ 1月23日(日) ・・・ 全養協日本語教師テスト試験日
 ○ 1月17日~4月8日(※) ・・・ 残8席
 ○ 3月7日~5月20日 ・・・ 残10席
 ○ 4月11日~7月1日(※)  ・・・ 残10席

 > これ以降の2011年のシドニーで日本語教師養成講座スケジュールはこちらから

(※)印は講座途中に1週間のお休みがあります

お申込: シドニーで日本語教師養成講座 お申込み 


【シドニーで日本語教師養成講座 修了アンケート】

2010年5月24日スタート Kさん

○ 受講期間は 長かった 適当だった 短かった
○ 1日の授業時間は 長かった 適当だった 短かった
○ 受講費用は 高かった 相当だった 安かった

●研修が修了して将来日本語教師を目指しますか
今すぐに、日本語教師として就職を考えるつもりはありません。私にとって今回の受講は「人生を豊かにするためのサブ的要素」を得るものだったと思います。多分、今までやっていた仕事(サービス業)に戻ると思いますが、いつかチャンスがあれば外国人へ個人的に教えたいと思います。その時にこの経験が役立てばと思います。

●オーストラリアで受講したことはよかったですか
良かったです。外国の地で一緒に苦難を乗り越えた仲間ができたし、とてもいい経験になった。

●講座座内容はいかがだったですか?
良かったです。模擬授業をして、それに対するフィードバックが授業内容のほとんどを占めていた。9時から午後4時の授業時間はあまり関係ないです。前半のタームは自分のデモの日以外は少し余裕がありましたが、後半タームは常に3つくらい課題を抱えている感じでした。

費用は全部でいくらくらい掛かりましたか
航空券、保険、学費、生活費(フラットのレント、食費、交通費、その他)など約100万弱だと思います。

滞在先はどんなところでしたか
フラットシェア。Bondiエリア。日本が好きなオーストラリア人がオーナーの大きな一軒家の中の一室に住んでいました。日本人女性と1部屋をシェア。オーナーも住んでいて、ホームステイに似ているが、フラットなので干渉はしない。ちなみに住んでいたフラットメートは全員日本人。

●日本出発前にしておけばよかったことは何ですか
日本語教師という職業についての十分な下調べ。国語の復習、パソコン(特にワード、エクセル機能)を使いこなせるようになっておけばよかったです。

このプログラムの満足度を教えてください

90点/100点
寝る時間、食べる時間がない日が続いて、本当につらかったです。でも終わった今、クラスメイトや先生から受ける指摘によって、気づかされることも多く、今後の自分を作り上げる糧になると実感しました。日本語教師という仕事については何も知らないまま飛び込んだけど、中身をよく知れてよかったです。

●これから参加される方にアドバイスをお願いします
常備薬(特に風邪薬)やマスク、そして栄養ドリンクの持参をお勧めします。画用紙とマッキー黒ペン、パソコンはワードエクセルとUSBが必須です。

2010年5月24日スタート Mさん

○ 受講期間は 長かった 適当だった 短かった
○ 1日の授業時間は 長かった 適当だった 短かった
○ 受講費用は 高かった 相当だった 安かった

●研修が修了して将来日本語教師を目指しますか
はい、目指します。言語が好きなので、将来的に英語か日本語の語学を生かせる仕事をしたいため。世界中どこでもできる仕事だし、可能であれば英語圏の国かリゾート地での教育をしたい。

●オーストラリアで受講したことはよかったですか
良かったです。オーストラリアは来たことがなかったので良い経験になった。また、実際に日本語を学習している学習者と直接かかわりを持つことができ、学習者が日本語をどのように学習しているかの現場を見ることができた。同時に日本語教師の仕事の現場を見ることができ、キャリアの大体のイメージをつかむことができた。

●講座座内容はいかがだったですか?
とても良かったです。講師陣にすばらしい教育経験があり、授業がわかりやすかった。実践力重視だったため、実際に模擬授業を行うという経験をたくさんすることができた。2クラスが並行して受講したため、先輩、後輩とのかかわりを持つことができ、他の人の意見をたくさん聞くことができた。実際の学習者と毎週末接することができ、教育実習でもクラスを担当することができた。

費用は全部でいくらくらい掛かりましたか
授業料、ホームステイ手配費、ホームステイ家賃、交通費、家賃、食費、その他雑費込みで80万円くらい。

滞在先はどんなところでしたか
ホームステイでした。学校から電車で30分+徒歩30分。イギリス人系ファミリー。高校生になる娘がおり、両親とも教育熱心でしつけに厳しい。留学生も家族の一員としてみなされ、基本的に家事も手伝う。シェアハウスは、中国人とのシェアでした。学校から徒歩15分くらいでリビングオウンで生活しました。

●日本出発前にしておけばよかったことは何ですか
日本語の教科書の購入。

このプログラムの満足度を教えてください

95点/100点
学んだことは、たくさんありすぎて書ききれません。日ごろ使用している日本語のルールの分析や日本語を全く知らない人たちにどうやって教えていくかという技術から、全国各地から集まってきたクラスメイトとの絆まで、本当に多くのことを学びました。特に実際の学習者やクラスメイト、学校スタッフとの交流は大きかったと思います。様々な人たちとのコミュニケーションは一生の財産になったと思っています。

●これから参加される方にアドバイスをお願いします

体調管理をしっかりしてほしいと思います。風邪薬をはじめ、鎮痛剤、胃腸薬、目薬、その他日本から多めに薬類を持ってくることをお勧めします。特に冬(7、8月)の受講生には風邪薬、マスクは必須です。パソコンは「ワードかエクセルが使用できた方が良い」ことを事前に理解しておいた方がいいです。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、こちらもお届けします。今回は、風邪薬などを持ってくる方がいいという方が多かったですね。ちょうど5月スタートは、オーストラリアでは冬の時期になるので、日中は暖かくても朝晩は結構冷えるので、その寒暖差や忙しさで皆さん体調を崩されたのかもしれないです。こちらオーストラリアにももちろん風邪薬などは売っていますが、日本から持ってくる方が安心であれば、持ってきてください。こちらにもいい薬もあるし手軽に手に入れることもできるので、こちらにきてから必要であれば聞いてください、アドバイスもさせていただきますよ。また、シドニーには、日本語の通じるお医者さんもいるので、万が一の時も安心です。でも必ず保険には入ってきてくださいね。たいていのことは、保険でカバーされますので、費用負担なしで受診も薬代も出ます。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ

 シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ目次

 ○ 先輩後輩の効能!シドニーで日本語教師養成講座
 ○ 講座の秘密と充実過ぎる内容!
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ 全養協(全国日本語教師養成協議会)とは
 ○ 全養協 日本語教師試験日程発表(2009年)
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

■その他プログラム毎お薦めコンテンツ一覧

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

posted by BBI at 2010/08/17 22:30
コメント()  トラックバック(0)
 34件中1~10件表示  次のページ

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.