厚生労働省委託のグローバル人材育成プロジェクト。インターンシップやボランティア活動を伴う語学研修される方に、キャリアコンサルタントが無料サポート!

グローバル人材育成プロジェクト

平成 25年度勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業(厚生労働省委託)

海外インターンシップやワーキングホリデー、語学研修(インターンシップやボランティア活動を伴う)等の海外経験海外体験をキャリア形成したい方を募集しています。その経験を生かした就職を実現できるよう、担当のキャリアコンサルタントが渡航前から帰国後まで、一貫したキャリア形成を無料でサポートします。

>> ご応募はこちら

>> ジャパセンへのお問合せはこちら

支援サポート

キャリアコンサルタントによるサポートは以下の通りです。

渡航前

原則的に対面でコーチングをしながら能力開発計画を作成します。渡航動機や帰国後の就業計画を踏まえて、ジョブカード(※)を活用しながら養うべき能力の整理と育成計画を立てます。

渡航中

定期的にキャリアコンサルタントがネット環境を通じて能力開発の進捗確認やアドバイスを行います。また相談や質問なども随時受け付け、渡航中の能力開発をサポートします。

渡航後

原則的に対面でコーチングをしながら海外経験を通じた能力開発の成果をジョブカードに反映します。また帰国者を対象に集団で就職研修を行います(1日程度)。

※ ジョブカード・・・経歴や就業目標等を整理するシート(厚生労働省推奨)
※ 別途費用は発生しません(帰国後の対面コーチング等にかかる交通費は自己負担となります)

渡航者のメリット

  • 渡航中に能力開発を意識することで、現地で漫然と過ごすのではなく、高い目的意識で充実した生活が送れます。
  • 渡航中に抱く就職活動への不安や疑問に経験豊富なキャリアコンサルタントがお答えするため、安心して海外生活を送ることができます。
  • 帰国後は対面コーチングを通じて、海外体験を振り返り、履歴書やシートに整理することで、就職活動で渡航の成果をしっかり企業側へアピールすることができます。

応募条件

以下の条件に基づき選考の上、先着400名を対象とします。

年齢 おおむね35歳位までの未就労者(学生は除く)
参加プログラム 海外インターンシップ、ワーキングホリデー、海外ボランティア、語学研修(何らかの就労体験やボランティア活動等を含むもの)
渡航期間 おおむね3 か月以上(支援対象期間)が望ましいが、現地で意欲的に就労する場合には2ヶ月程度でも可とする。
出発時期 2013年7月10日以降が望ましいが、既に渡航している者も可とする。
帰国時期 2013年12月末までには帰国することが望ましいが、 2014年 1月末までに帰国する者も可とする。
渡航中の環境 インターネットへアクセスできる環境(スカイプが利用できればなお可)

※別途費用は発生しません(帰国後の対面コーチング等にかかる交通費は自己負担となります)

>> ご応募はこちら

>> ジャパセンへのお問合せはこちら